FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

音楽界激震!!!!突如ディアンジェロの新作『ブラック・メサイア』がリリース!!!!

音楽界激震!!!!突如ディアンジェロの新作『ブラック・メサイア』がリリース!!!!




マジか!?きましたよ、ディアンジェロのニュー・アルバム。95年に傑作『ブラウン・シュガー』でデビューし、00年にはその後のソウル・ミュージックの新たな方向性を示したと言っても過言ではない名盤『VooDoo』をリリースしながら、何度かの新作のニュースは入るものの実際にはリリースされずファンをやきもきどころか生殺しにしていたディアンジェロ。

しかし、遂に!遂に!このときが来ました!約15年振りとなるニュー・アルバム『ブラック・メサイア』がリリースされます!それにしても唐突ですね。先月12日にリリースが発表され、15日からダウンロードが開始されています。輸入盤は2014/12/23から日本盤は来年春頃とのことです。

それでは待ちきれない内容を!

まずはアルバムのオープニングを飾る『Ain’t That Easy』。いかにもディアンジェロらしい濃厚なソウル/ファンクが匂い立つスロー・ナンバー。録音からミックスまでの工程ではヴィンテージ機材が用いられているとのことですが、この温かみのあるサウンドはまさにヴィンテージによるものでしょう。

サンプリングされた演説のような声を中心に展開する『1000 Deaths』に続いて、『The Charade』。この曲も過去2作に通じる深いソウルを感じられる曲で、太く甘いベースと、キレのあるドラムが印象に残ります。

そしてアルバムに先駆けて公開されていた『Sugah Daddy』。音は完全に2ndですね。少しプリンスの影も感じられ、ファンならば絶対に気にいるであろう名曲です。

そして!なタイトルの『Really Love』。ストリングスに導かれての導入、スパニッシュチックなサウンドがこれまでのディアンジェロの曲には異質の印象を与えます。しかし、リズムが刻まれ、爪弾かれるギターが始まると、間違いなくディアンジェロのサウンドですね。切ないタイトルそのままにメロディアスで心に染みる名曲に仕上がっています。個人的にはアルバムの中でも上位に入るお気に入りの曲です。

タイトルから嫌でもあの名画を連想せざるをえない『Back to the Future (Part 1)』。『Really Love』から引き続いて繊細なギター・サウンドが肝となっています。ただ、繊細なギターを生かしながら、同時に信じられないくらいソウルフルでファンキーな匂いも感じられ、それがディアンジェロというミュージシャンが持つマジックなのでしょう。

ソウル、ヒップ・ホップ、ジャズ、R&Bといった音楽を全く薄めることなくミックスして曲という形にしてしまう、文章にすると普通のことのように感じますが、これは奇跡としかいいようのないことで、ディアンジェロのようにこういったことができるミュージシャンは他に存在しません。だからこそ彼が不在の間もディアンジェロの新作を渇望する声があれほど強かったのでしょう。そしてそのマジックは間違いなくこの作品でも起こっています!

続く『Prayer』は黒さがぐっと増した重いソウル・ミュージックで、『The Door』も近いサウンドですね。タイトルが切ない『Betray My Heart』は似た雰囲気を持つタイトルの『Really Love』を彷彿とさせるセンシティブな音が印象的ですが、こちらのほうがよりメロディアスでジャジーな仕上がりになっています。

Back to the Future (Part 2)』では、ゆったりとしたサウンドから後半グググっと上がっていったPart 1のサウンドを引き継ぐように、出だしからテンション高めの音になっています。

そしてラストを締める『Another Life』。もう出だしから超ドラマティックなサウンド!珍しくピアノが使われており、反則といってもよい気持ち良さ。確実にスウィート・ソウルの要素は溶け込んでいながら、同時に現代でなくては生まれないサウンドになっており、さらにディアンジェロでなければ作ることのできない曲に昇華されている、間違いない大名曲。この曲を聴きながら夢の世界へ旅立てます!




突如発表されたこの新作。これを聴いて分かったことは、やはりディアンジェロというアーティストは奇跡の才能を持つアーティストであり、その才能は全く衰えていないどころかさらなる輝きを増しているということでした。

ディアンジェロのファンだった方にも、ディアンジェロというアーティストを伝説のミュージックとしか知らない方にも自信を持ってお薦めできる絶対の名盤!












いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。