FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『ランナウェイ・スレイヴ』に続いてショウ&A.G.がリリースした名盤『グッドフェラズ』

『ランナウェイ・スレイヴ』に続いてショウ&A.G.がリリースした名盤『グッドフェラズ』




92年にソウルフルなサウンドでヘッズを虜にした超名盤、『ランナウェイ・スレイヴ』でデビューしたショウビズ&A.G.がショウ&A.G.と名前を変えて95年にリリースしたのが『グッドフェラズ』です。

ロード・フィネスやDJプレミア、A.G.がプロデューサーとして参加しているもののメインはショウなのですが、前作のソウルフルな音作りと比べ圧倒的にダークなサウンドとなっています。前作があまりに素晴らしかったので、この変化は歓迎できないものなのかといえば、これがまた凄い内容のアルバムとなっているのです。

まずはイントロの『Never Less Than Ill』から圧倒的なダークさが感じられると思います。そしてそのサウンドに合わせるようにA.G.のラップもヘヴィーに変化しています。

続いての『You Know Now』。シンプルな構成でありながら音の深さが半端ない!そしてサビの求心力!

アルバム中最もダーティーな曲の一つである『Check It Out』。この空気はParty Artyの野太い声に因るところも大きいでしょう。曲の雰囲気とバッチリな組み合わせ。こん男臭いサウンドは同じくParty Artyが参加した『Got The Flava』、『Neighbahood Sickness』、『You Want It』でも聴くことができるのですが、特にメソッドマンが参加した『Got The Flava』の破壊力はとんでもないです!




中盤のLee Dorsyのサンプリングが前作の雰囲気を思い起こさせる『Add On』、ヘヴィーな空気にプレミアの音ががっちりはまった『Next Level(Nyte Time Mix)』、レッドマンの『Winicumuhround』をサンプリングしているからかG-ファン感のある『All Out』、ウェス・モンゴメリーのギターによるメロディがたまらない『Next Level』などなど聴きどころ満載です。

『ランナウェイ・スレイヴ』とは違った魅力の詰まったこちらも名盤です!アルバムは現在発売中です!








いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。