FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ザ・クリブスの新作『For All My Sisters』はどうだったのか?

ザ・クリブスの新作『For All My Sisters』はどうだったのか?




ウィーザーが昨年リリースした『エヴリシング・ウィル・ビー・オールライト・イン・ジ・エンド』を手がけたコンビ、リック・オケイセックとサム・ベルによるプロデュースということで大きな期待を持って紹介させていただいたクリブスの新作『For All My Sisters』を聴くことができたので早速内容について書かせていただきます。

アルバムはクリブスらしい表情豊かなギターが印象的な『Finally Free』で幕を開けます。ドラム、ベースもタイトですね。

続く『Different Angle』も繊細なギターが美しい!勢いのあるサウンドとポップなメロディも素晴らしいですね。以前に紹介させていただいた『An Ivory Hand』と『Burning for No One』もそうでしたが、今作はいつもにも増してメロディがポップになっており曲の力が増しています。それに加えギターが前面に出てきているのもウィーザーの『エヴリシング・ウィル・ビー・オールライト・イン・ジ・エンド』と同じ傾向ですね。

エッジの効いたポップ・ナンバー『Mr. Wrong』、アルバムから先行公開されていた『An Ivory Hand』に続いて登場するのが『Simple Story』です。もうオープニングのギターとヴォーカルを聴いた瞬間に、“この曲好きだな”と思いましたが、ラフなスケッチのまま披露したようなこのプロデュース、ロックンロールのセクシーさを感じて私は大好きです。

それまでの曲と比べるとゆったりとしたペースの『Pacific Times』はゆったりとしたグルーヴが気持ち良いナンバーですが、この曲のギターもなかなか印象的ですね。

続く『Summer of Chances』はサビの青臭さがたまらない!この泣きのメロディは青春時代の甘酸っぱさを思い出せて、もうこの手の曲には一発でノックアウトされてしまいます。アルバム全体の流れとは少し違っていますが、個人的には最も好きなナンバーです!




続く『Diamond Girl』も似たようなテイストを持つメロディがあり、これまた好きな曲ですね。

そしてアルバムはエモーショナルなロック・ナンバー『Pink Snow』で幕を閉じます。とにかく粒揃いの楽曲の揃った、非常にエンターテインメント性の高い作品で、リリース前の期待に応える素晴らしい作品です。これは今年のトップ10に入る作品ではないでしょうか!?

アルバムは現在発売中です!








いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト
[ 2015/05/12 09:00 ] Cage The Elephant The Cribs | TB(0) | CM(0)

ザ・クリブスの3年振り、6枚目のアルバム『For All My Sisters』はなんとリック・オケイセックとサム・ベルによるプロデュース!

ザ・クリブスの3年振り、6枚目のアルバム『For All My Sisters』はなんとリック・オケイセックとサム・ベルによるプロデュース!




英ウェスト・ヨークシャー州出身のジャーマン3兄弟によって01年に結成されたバンド、ザ・クリブス。08年から11年には元スミスのジョニー・マーが加入していたことでも知られています。

12年にはNMEアワードやQアワードをなどの音楽賞を受賞しますます知名度が高まっているクリブスですが、メジャーに色目を使うことなく自分たちのやりたい音楽を追求し続ける姿には強い共感を覚えます。

そんな状況のなかリリースされるニュー・アルバム『For All My Sisters』はクリブスの名をさらに広めることになりそうです!

まず驚かされたのが、リック・オケイセックとサム・ベルによるプロデュース(サム・ベルは共同プロデューサー&エンジニア)というニュース。このコンビといえば昨年リリースされたウィーザーの名盤『エヴリシング・ウィル・ビー・オールライト・イン・ジ・エンド』を手がけたコンビではないですか!

そしてアルバムから第一弾の先行公開となった『An Ivory Hand』を聴いてみると、ウィーザーやん!エネルギッシュでありながらユーモアを感じさせるサウンド、心に染みるポップなメロディ。これが『エヴリシング・ウィル・ビー・オールライト・イン・ジ・エンド』のアウトテイクと言われても信じてしまうと思います。クリプスは良いメロディを書くバンドでしたがこれにはびっくりしました。




そして続いて公開された『Burning for No One』。こちらの方がこれまでのクリブスの流れにあるサウンドですね。ギターが中心となったポップな曲でこちらも好感が持てます。

これらの2曲を聴いて俄然期待が高まりました!新作が再び大きな話題となるのは間違いないでしょう。アルバムの発売は2015/3/25です!









いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2015/03/04 09:00 ] Cage The Elephant The Cribs | TB(0) | CM(0)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。