FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ヴァイオレント・ファムズが15年振りの新曲『Love Love Love Love Love』を公開!

ヴァイオレント・ファムズが15年振りの新曲『Love Love Love Love Love』を公開!


ヴァイオレント・ファムズですか!なんだか懐かしい気がする名前ですね。80年にヴォーカル/ギター/ソングライターのGordon Gano、ベーシストのBrian Ritchie、そしてドラマーのVictor DeLorenzoによって結成された米ウィスコンシン州ミルウォーキーの3ピース・バンドで(現在のドラマーはBrian Viglione)、83年にリリースされたセルフタイトルのデビュー作は『Blister in the Sun』や『Add It Up』、『Gone Daddy Gone』といったヒット曲を収録し、プラチナ・アルバムを獲得しました。

これまでに8枚のスタジオ・アルバムをリリースし、05年までに900万枚以上のセールスを記録しています。ただし、ヴァイオレント・ファムズの全盛期といえばやはり80年代で、それには二度の活動休止も関係しているのでしょう。

二回目の活動休止は09年で、その後13年に活動を再開し現在に至っています。というわけで15年振りとなってしまった新曲『Love Love Love Love Love』ですが、かっこいいです!オルタナにカテゴライズされることの多いヴァイオレント・ファムズですが、3ピースであるが故の音の隙間とガレージっぽい粒子の荒いサウンドが、フォーキーなメロディと相まって心の底にダイレクトに響く楽曲となっています。




ジャック・ホワイトの音楽が好きな人にはアピールする曲ではないでしょうか?またこの曲はヴァイオレント・ファムズが現在でも十分にシーンに切り込んでいくことができることを証明する曲だと思います。

『Love Love Love Love Love』は最新EP『A Happy New Year』に収録されるとのことです。






いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト
[ 2015/03/30 09:00 ] ロック U~Z Violent Femmes | TB(0) | CM(0)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。