FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ベスト・コーストの新作『California Nights』はどうだったのか?

ベスト・コーストの新作『California Nights』はどうだったのか?

Best Coast / California Nights (輸入盤CD)【I2015/5/…

Best Coast / California Nights (輸入盤CD)【I2015/5/…
価格:1,590円(税込、送料別)



『ジ・オンリー・プレイス』以来3年振りとなったベスト・コーストの『California Nights』。アルバムに先駆けて公開されていた『Heaven Sent』と『Feeling OK』のどちらも、ヘヴィーなギターとポップなメロディという即効性の高いサウンドでアルバムへの期待が高まっていましたが。

オープニングの『Feeling OK』に続いての『Fine Without You』。この曲も『Heaven Sent』同様、ディストーションのかかったギターとバシバシ鳴らされるドラムによるハードな演奏と、ベサニーのカラフルな歌声によるポップなメロディのバランスが絶妙です。サビでのブレイクがめちゃくちゃ気持ちいいですね。

『Heaven Sent』を挟んで『In My Eyes』です。それまでのコードで刻むギターとは違いこの曲ではブルーノのギターがドライヴしており、それが曲にうねりを作っています。それに合わせるようにベサニーのヴォーカルもゆったりとしたものになっています。

それ以外の曲でも『So Unaware』や『When Will I Come』などといった曲に見られるように、基本的な構成は厚みのあるギター・サウンドとキラキラしたメロディの組み合わせなのですが、ベサニーの華のあるヴォーカルとブルーノの気持ちよくディストーションのかかったギターでそれをやられるとめちゃくちゃ気持ちいい、ベスト・コーストにしか出せない音楽になります。

Jealousy』は他の曲と比べると少し音のベールが薄くなっており、ベスト・コーストの持つメロディ・センスが分かりやすく感じていただける曲ではないでしょうか?また、『Fading Fast』は珍しくベースの目立った曲で、ギターはリズム的な役割を果たしています。

また、『Sleep Won’t Ever Come』は美しいメロディを持った曲で、ストレートなサウンドとともに大好きなナンバーです。




アルバムを通して聴くと多少曲のバリエーションが少ない気はしますが、逆に言えばこの形がベスト・コーストの最良の構成であるとも言えるわけで。ただ、自作ではさらなる高みを目指して欲しいですね。

幅広いリスナーの方に楽しんでいただける良作だと思います。












いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト
[ 2016/01/17 09:00 ] Animal Collective Best Coast | TB(0) | CM(0)

ベスト・コースト、5月にリリース予定の『California Nights』から『Feeling OK』を公開!

ベスト・コースト、5月にリリース予定の『California Nights』から『Feeling OK』を公開!




『ジ・オンリー・プレイス』以来3年振りとなるアルバムをリリースするベスト・コースト。先日公開された『Heaven Sent』はバンドの顔であるベサニーが前面に出た華やかなポップ・ナンバーでした。

ベスト・コーストの音楽は“ガレージ”や“Lo-Fi”といったキーワードで語られる事が多いので、かなりささくれ立った音を思い浮かべる方も多いと思いますが、実際にはかなり華やかなテイストを持ったポップ/ロック・ナンバーが多く、今回公開された『Feeling OK』もそのラインにあると言えるでしょう。




ヘヴィーなギターとポップなギターが絶妙の絡みをみせているところにベサニーのヴォーカルが入ると一気に景色が開けたような感覚を受けます。この人のヴォーカルには特別な力がありますね。

メロディも美しく、演奏もタイトでガレージ感もあり、もうこれがベスト・コースト・サウンド!と断言して良い内容になっています。アルバムもかなり充実していそうですね!

アルバムのリリースは2015/5/4です!






いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2015/04/30 09:00 ] Animal Collective Best Coast | TB(0) | CM(0)

ベスト・コースト、5月リリースの新作『California Nights』より『Heaven Sent』を公開!

ベスト・コースト、5月リリースの新作『California Nights』より『Heaven Sent』を公開!




ベサニー・コセンティーノとボブ・ブルーノの男女二人によるロック・デュオ、ベスト・コースト。西海岸の別名でもある“ベスト・コースト”をバンド名にしているように、米カリフォルニアのグループです。

バンドのイメージはフロントマンでソングライターでもあるベサニーが担っており、サウンドはローファイやインディ・ロックと表現されることが多く、ロック的な粗さがありながら、ポップな肌触りを失わない絶妙なバランスが特長です。

今回リリースされる『California Nights』は12年の『The Only Place』以来3年振りとなる作品で、バンドの3rdアルバムとなります。今回アルバムから公開された『Heaven Sent』のPVを見ると、ベサニーが過去に子役をやっていたという経歴も関係しているのか、バンドのイメージをしっかりと作り上げているのが伝わってきます。




サウンドの方はベスト・コーストの良い部分が前面に出た、カラフルで華やかなポップ・ソングで、その中に適度にロック的な要素も盛り込まれており、これは人気が出ると思います。また、ベサニーの華やかなイメージと、それ以外の、特にギターのボブ・ブルーノの垢抜けないオッサンなルックスの対比が笑いを誘います。そこも計算尽くなのでしょう。

次にアルバムから公開される曲が楽しみになる、良質のポップ・ソングです。アルバムのリリースは2015/5/4です!








いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2015/04/24 09:00 ] Animal Collective Best Coast | TB(0) | CM(0)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。