FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ザ・ダークネスの『Last of Our Kind』はどうだったのか?

ザ・ダークネスの『Last of Our Kind』はどうだったのか?


【送料無料】 Darkness / Last Of Our Kind 【CD】

【送料無料】 Darkness / Last Of Our Kind 【CD】
価格:2,561円(税込、送料込)



現代のハード・ロックの良心、ザ・ダークネス。私は今回レビューを書かせていただく4thアルバム、『Last of Our Kind』まで彼らの音楽は未聴だったのですが、先行公開された『Open Fire』を聴いて一発でファンになりました。

ハード・ロックというと70年代のものなら好きなアーティストは結構いるのですが、現代のものとなると古臭くてダサいようなイメージがあり聴く前から敬遠していました。ザ・ダークネスが”AC/DCやクイーン、エアロスミス、レッド・ツェッペリン風の音楽“をしているという情報を聞いても、ふ〜んという程度だったのですが、音を聴いてみてビックリ!めちゃくちゃかっこいいと思ったのです。

そこからは先行公開曲が楽しみで仕方なくなり、アルバムを出た直後に購入しました。そして、そのアルバムは私の期待を裏切ることなくヘヴィー・ローテーションとなりました。

とにかく演奏、ヴォーカルともに非常に質が高く安心して聴いていることができます。また、ハードなサウンドではあるものの、メロディはキャッチーでリスナーをグイグイ惹き付ける魅力があります。

オープニング・ナンバーである『Barbarian』のハードでエッジの立ったギター、ハード・ロック・ファンにはたまらないギター・ソロから始まる『Open Fire』、これぞハード・ロック・バンドのバラード!というべきドラマティックでメロディアスな『Last of Our Kind』、RUN-DMCとエアロスミスの『Walk This Way』を彷彿とさせるギター・リフが印象的な『Roaring Water』、ジャスティンのフィルセット・ヴォイスが美しい『Wheels of the Machine』、超ヘヴィーなギター・リフとサビでのどこまで飛んでいくの!?と度肝を抜かれるヴォーカルが最高な『Mighty Wings』、キラッキラのギターと爽やかなメロディが爽快な『Sarah O Sarah』、サビのメロディがもろに70年代のハード・ロックでたまらない『Hammer & Tongs』と、気になる曲を挙げたらキリがなく、それこそ全曲シングル・カットできそうなほどです。




本当にこの作品は音楽への愛に満ちており、ハード・ロックが好き、嫌いに関わらず全てのリスナーに薦めたい素晴らしい作品です!












いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト
[ 2015/10/18 09:00 ] DMA’S The Darkness | TB(0) | CM(0)

ザ・ダークネスが今月リリース予定の新作『ラスト・オブ・アワ・カインド』より『Open Fire』を公開!

ザ・ダークネスが今月リリース予定の新作『ラスト・オブ・アワ・カインド』より『Open Fire』を公開!




00年に結成され、03年に『パーミッション・トゥ・ランド』でデビューしたイギリスのロック・バンド、ザ・ダークネス。AC/DCやエアロスミスなど70年代のハード・ロック・バンドを彷彿とさせる音楽性で高い人気を博しており、デビュー作は130万枚以上を売り上げるヒットを記録、翌04年にはブリット・アワードで3部門を受賞、そしてこれまでにそれ以外にも様々な賞を受賞しています。

そんなザ・ダークネスですが06年にバンドの中心人物ジャスティン・ホーキンスが薬物問題でバンドを抜け、さらには08年にはジャスティンが自身の新バンドホット・レッグを結成し事実上の解散となりました。

しかし11年、公式にザ・ダークネスの再結成が発表され、翌12年には3rdアルバム『Hot Cakes』をリリースし、バンドが現在もハード・ロック・ファンを虜にする魅力を持っていることを証明してくれました。

その3rdアルバムより3年、ザ・ダークネスが帰ってきます!新作のタイトルは『Last of Our Kind』、そしてそのアルバムから『Open Fire』が公開されました。




この曲が素晴らしい!もう出だしのギターから鳥肌もんです!ギターはドライヴしまくってるし、ヴォーカルはこれぞあの頃のハード・ロック!という声だし、サビのメロディは超ポップに盛り上がれるし、もう言うことなし。ハード・ロックという言葉を聴くと敬遠しがちなリスナーの方も多いと思いますが、これは本当にいいですよ。

演奏技術や構成など非常にレベルが高いのですが、そういったことを抜きにして単純に盛り上がれますね!本当にこれはいい!絶対お薦め!

アルバムは2015/5/27リリースです!









いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2015/05/16 09:00 ] DMA’S The Darkness | TB(0) | CM(0)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。