FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ヴィンテージ・トラブル、ブルー・ノート移籍第一弾アルバム『1 Hopeful Rd.: 華麗なるトラブル』はどうだったのか?

ヴィンテージ・トラブル、ブルー・ノート移籍第一弾アルバム『1 Hopeful Rd.: 華麗なるトラブル』はどうだったのか?


Vintage Trouble / 1 Hopeful Rd. 輸入盤 【CD】

Vintage Trouble / 1 Hopeful Rd. 輸入盤 【CD】
価格:1,726円(税込、送料別)



リリース前にこのブログで紹介させていただいたヴィンテージ・トラブルの2ndアルバムにしてブルー・ノート移籍第一弾となる『1 Hopeful Rd.: 華麗なるトラブル』ですが、前評判通りの素晴らしい作品でした!

アルバムを通じてブルージーなグルーヴが渦巻いており、聴いていてワクワクさせられます。個人的なファイヴァリットはスライド・ギターのイントロが激シブでノックアウトされ、そこから重い四つ打ちのリズムで引っ張りオープニング・ナンバー『Run Like The River』、ブラシの軽快なリズムとカントリー調のおおらかなメロディにヴォーカルが溶け込んでいく『Doin’ What You Were Doin’』、タイトルのカリフォルニアのイメージ通り青空に伸びていくようなロック・ナンバー『Angel City, California』、ヴォーカルのタイ・テイラーのブルージーな熱唱に心揺さぶられる『Shows What You Know』、小気味良く挟まれるギターのカッティングが印象的な転がるようなポップ・ナンバー『My Heart Won’t Fall Again』、ドライヴするギターが最高なロックの王道を突っ走るハード・ロック・ナンバー『Strike Your Light』などなど、アルバムの収録曲ほとんどになってしまうくらい質の高いナンバーが並んでいます。




プリンスやブライアン・メイが絶賛していましたが、それもさもありなんと思わされる名盤です!












いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト
[ 2016/01/21 09:00 ] ロック U~Z Vintage Trouble | TB(0) | CM(0)

USインディーを代表するブルース・ロック・バンド、ヴィンテージ・トラブルがブルーノートへ移籍し新作『I Hopeful Rd』をリリース!

USインディーを代表するブルース・ロック・バンド、ヴィンテージ・トラブルがブルーノートへ移籍し新作『I Hopeful Rd』をリリース!




10年に米カリフォルニア州ハリウッドで結成されたヴィンテージ・トラブル。黒人ソウル・シンガーであるTy Taylorのソウルフルは歌声と、“レトロ”と称されるローリング・ストーンズやアニマルズ、チャック・ベリーを彷彿とさせるブルージーでロックンロールなサウンドがイギリスで火がつき、その後瞬く間にアメリカ、日本でも話題となりました。

その後現在ブルーノートで社長を務めるドン・ウォズがヴィンテージ・トラブルのステージを観てその才能に惚れ込み、その場で契約したという逸話をもって今回あのブルーノートよりアルバムをリリースします。

先日アルバムから公開されたのは『Doin’ What You Were Doin’』です。もう素晴らしいクオリティで、この曲を聴いていただければなぜヴィンテージ・トラブルがここまで騒がれているのかが納得していただけると思います。




温かみがありながら、同時にキレのあるサウンド。特にベースとドラムの音色がとんでもなくいいですね。そしてTy Taylorのヴォーカル。優しく胸にしみながら包み込んでくれるこの歌声。ギターもブルージーに鳴いてくれますし。

もう本当に完璧!ずっとずっと聴いていたいと思わせてくれる名曲です!プリンスやブライアン・メイも絶賛するこの才能は絶対に聴いた方がいい!

アルバムは2015/8/12リリースです!









いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2015/06/26 09:00 ] ロック U~Z Vintage Trouble | TB(0) | CM(0)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。