FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

フローレンス・アンド・ザ・マシーンの新作『How Big, How Blue, How Beautiful』はどうだったのか?

フローレンス・アンド・ザ・マシーンの新作『How Big, How Blue, How Beautiful』はどうだったのか?




今年最も注目された作品の一つとなるであろう、フローレンス・アンド・ザ・マシーンの『How Big, How Blue, How Beautiful』。アルバムリリース前に公開された『How Big, How Blue, How Beautiful』、『St Jude』、『Ship to Wreck』、そして『Delilah』がこれまでの彼女たちの音楽をさらいスケールアップさせたものだったので、新作が非常に楽しみでした。実際にアルバムを聴くことができたので感想を書かせていただきます。

まずはアップテンポな『Ship to Wreck』で幕を上げます。ノリもよく、キャッチーなメロディもあり、オープニングにはぴったりのナンバーです。

そして次の『What Kind of Man』でいきなりハイライトを迎えます。出だしこそフローレンスらしい幻想的なアカペラのしっとりした雰囲気ですが、ここにギターとドラム、そして仰々しいコーラスが入るとヴォーカルも一転、エモーションを撒き散らしながらの歌唱となり、さらにホーンが入りエネルギーが爆発します。これは凄い!そこから『How Big, How Blue, How Beautiful』に繋がる流れも素晴らしい!




続いては『Queen of Peace』。しっとりとしたメロディを持ちながら、この曲も大きなうねりがあり決して素通りできるようなものではありません。

Various Storms & Saints』で一度スピードを緩めてから『Delilah』で爆発的に加速し、再び神秘的な『Long & Lost』で熱を冷まします。個人的にはこういったデッド・カン・ダンスやコクトー・ツインズのような4ADアーティストのような音は大好きなのですが。

さらに『Caught』は曲の出だしのメロディを聴いた途端になせか涙が溢れそうになりました。それまでの曲のメロディも心に染みるものだったのですが、この曲の寂寥感はその比ではありません。もの哀しくも優しい珠玉のメロディ。

と思うと『Third Eye』は80年代を彷彿とさせるようなキラキラしたサウンドです。メロディもそうですし、大げさなコーラス、バタバタしたドラム、う〜ん、これはこれで好きです。

『St Jude』を挟んで、このアルバムで多くみられるヴォーカルをメインとした静かなサウンドでスタートし、中盤からギターとドラムで一気に熱を増す展開の『Mother』、中国的なメロディがほっこりさせる『Hiding』とアルバムは進み、フローレンス・アンド・ザ・マシーンには珍しく呪術的な空気のほとんどないライトなメロディを持つ『Make Up Your Mind』が登場します。全体的にすっきりとしているのですが、サビはシング・アロングしたくなるくらいのキャッチーさです。

そしてボーナス・トラックとして収録された『Which Witch (Demo)』が素晴らしすぎる!トライバルなドラムとコーラスと共にグイグイ昇っていくようなフローレンスのヴォーカルがかっこよすぎ!さらに中盤に現れる早口のバック・ヴォーカルもめちゃくちゃかっこいいし、ホーンのメロディもゾクゾクさせられるし、もう曲全体に渡って聴き逃せない魅力満載の名曲!

期待が尋常ではなく高かった本作ですが、それを完全に上回る名作となりました。全体的にドラムとギターを中心としたダイナミックなサウンドを持つ曲が多く、フローレンスのヴォーカルもそれに呼応してエネルギッシュになるケースが多かったのですが、そのレベルがとんでもなく高くただただ圧倒されながら曲に飲み込まれてしまいました。これは後々にも語られるべき名盤です!












いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。