FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

参加しているメンツがとにかく凄い!デイム・ファンクの6年振りの新作『Invite The Light』を9月にリリース!そこから『We Continue』を公開!

参加しているメンツがとにかく凄い!デイム・ファンクの6年振りの新作『Invite The Light』を9月にリリース!そこから『We Continue』を公開!


Dam-funk / Invite The Light 輸入盤 【CD】

Dam-funk / Invite The Light 輸入盤 【CD】
価格:2,484円(税込、送料別)



13年にスヌープ・ドックと『7 Days of Funk』をリリースし大きな注目を集めたデイム・ファンク。最近では自身が大ファンであったというスレイヴのスティーヴ・アーリントンとコラボ『Higher』をリリースしています。

デイム・ファンクの音楽の特徴といえばねっとりとしたエレクトリック・ファンクで、その濃密なサウンドはかなり中毒性が高いです。

そしてデイム・ファンク名義では実に6年振りとなる『Invite The Light』が9月に登場とのニュースが入ってきました。そして、そのメンツが凄い!スヌープに関しては大きな驚きはありませんが、びっくりしたのがQ-ティップ!ア・トライブ・コールド・クエストではファンクといった要素はほとんど感じなかったのでこの組み合わせは意外でした。

オハイオ・プレイヤーズ(Ohio Players)の初期メンバーで、Pファンク(P-Funk)での活動で知られるジュニー・モリソン(Walter “Junie” Morrison)や、シャラマー(Shalamar)のメンバーだったことで知られるジョディ・ワトリー(Jody Watley)、さらには、70年代にシルヴァース(The Sylvers)として活躍し、シャラマーなど数々のアーティストをプロデュースした大御所リオン・シルヴァース三世(Leon Sylvers III)、その息子リオン・シルヴァース(Leon Sylvers IV)も参加。特にリオン・シルヴァース三世は、キャリア初期にデイム・ファンクを導いた師匠格でもあり、満を持しての師弟コラボとなりそうだ。
それ以外でも、スライ・ストーンの娘であるノヴィーナ・カーメル、デイム・ファンクとナイト・ファンクというユニットでも活動する女性シンガーのナイト・ジュエル、昨年8月に発表した無料EP『DUSK2DAWN』収録の“Higher”でもデイム・ファンクと共演したジェーン・ジュピターことキッド・シスターなどなど多彩なゲストが参加しており、非常に力の入った作品となりそうです。

そして今回公開されたのが『We Continue』という曲です。




曲の出だしから濃密なエレクトリック・ファンクが展開され、まさにデイム・ファンク・ワールド!テンポはスローでキーボードと相まって非常にセクシーな印象です。歌い上げるヴォーカルもグッときますし、これはいい!

『We Continue』を聴いただけでかなり力が入っている事が分かります。アルバムは見逃せないものになりそうですね!

アルバムは2015/9/20です!
















いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト
[ 2015/07/14 09:00 ] Babyface DAM-FUNK | TB(0) | CM(0)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。