FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Eric Crapton(エリック・クラプトン)- 『Old Sock(オールド・ソック』 [ロック 名盤]

クラプトンの新作は、オリジナル新曲2曲を含むカヴァー・アルバム!




いよいよクラプトンの3年振りの新作がリリースされます。前作の『クラプトン』はジャズのカヴァー・アルバムでしたが、今回はこれまでの人生でクラプトンが親しんできた名曲群のカヴァーとなりました。

正直オリジナル曲が中心のアルバムで、これからクラプトンがどういった方向に進んでいくのかというものを知りたいのですが、今は少し腰を落ち着けてもう一度自分を足下から見つめ直したいということなのでしょうか。

しかし、カヴァー・アルバムといってもクラプトンのことですから、演奏のクオリティは間違いないはずですし、参加しているミュージシャンも凄腕揃いです。オールド・ファンには特に満足の出来る作品なのではないでしょうか。

それでは解説文を。

ソロ・デビュー40周年作品となった『クラプトン』(2010年)から約3年ぶりの新作!クラプトン自身のレーベル"Bushbranch"からのリリースで、北米地域以外はPolydorを通じてのリリース。
J.J.ケイルとのコラボ作『The Road to Escondido』(2006年)、ジャズ・カヴァー・アルバム『クラプトン』(2010年)を経た本作で取り組んだのは、彼が個人的に愛してやまない 珠玉中の珠玉の名曲を少年時代まで遡ってセレクトした"Clapton's Greatest Songs"!

J.J.ケイル、ゲイリー・ムーア、 レッドベリー、ピーター・トッシュ、ジョージ・ガーシュウィン、ハンク・ス
ノウ、タジ・マハールなどなど、1930年代のミュージカル・ナンバーやブルース/カントリーの名曲からソウル、レゲエ、ロックまで、様々なジャンルのアーティストの楽曲を、クラプトン・フィーリングでカヴァー!
過去にもボブ・マーリー「アイ・ショット・ザ・シェリフ」や数々のブルース・ナンバーのカヴァーで見事なセンスを見せつけたクラプトンだけに、いやが上にも期待は高まる。
自らのルーツに立ち返り、心機一転挑んだ待望の新作に、世界中のファンが早くも騒然!

■プロデュースはエリック・クラプトンに加え、前作『Clapton』(2010年)に続いての参加となるジャスティン・スタンレー(Justin Stanley)、『Back Home』(2005年)以来となるサイモン・クライミー(Simon Climie)の3人による共同プロデュース。
■サイド・ミュージシャン陣は、スティーヴ・ガッド(Steve Gadd)(drums)、ウィリー・ウィークス(Willie Weeks)(bass)、クリス・ステイトン(Chris Stainton)(keyboards)という、クラプトンのアルバムではおなじみの剛腕3人。
■注目のゲスト・ミュージシャンにも、自身の2012年アルバム『キス・オン・ザ・ボトム』でクラプトンと共演したポール・マッカートニー(ベース& ヴォーカル:#6)を筆頭に、80'sディスコ・クイーン=チャカ・カーン(バック・ヴォーカル:#4)、そして前作『クラプトン』(2010年)に続く 参加となる3人=JJ・ケール(バック・ヴォーカル&ギター:#2)、スティーヴ・ウィンウッド(ハモンドB3オルガン:#8)、ジム・ケルトナー(ドラ ム:#12)と、錚々たる顔ぶれが並ぶ。
■オリジナルの新曲として「ゴッタ・ゲット・オーヴァー / Gotta Get Over」(#4)、「エヴリ・リトル・シング / Every Little Thing」(#11)を収録!
【収録予定曲・概要】
01. 遠い道のり / Further On Down The Road
ライ・クーダーやジェシ・エド・デイヴィスとのグループ、ライジング・サンズでの活動でも知られるブルース・ミュージ シャン、タジ・マハール(Taj Mahal)のカヴァー。マハールの1969年アルバム『Giant Step/De Ole Folks at Home』がオリジナル。タジ・マハール、ジェシ・エド・デイヴィス他の作曲。

02. エンジェル / Angel
JJ・ケイルがバック・ヴォーカル&ギターでゲスト参加。

03. 丘に住む人 / The Folks Who Live On The Hill
ジェローム・カーン(Jerome Kern)作曲、オスカー・ハマースタイン2世(Oscar Hammerstein II)作詞で1937年に発表されたミュージカル曲のカヴァー。ビング・クロスビー(1937)、ペギー・リー(1957)、ダイアナ・クラール (1995)のカヴァー・ヴァージョンもリヴァイヴァル・ヒットした。

04. ゴッタ・ゲット・オーヴァー / Gotta Get Over [新曲]

05. 井戸が枯れるまで / Till Your Well Runs Dry
ボブ・マーリーのバンド、ザ・ウェイラーズで活躍後、ソロでもブレイクしたジャマイカ出身のシンガー、ピーター・トッシュ(Peter Tosh)のカヴァー。トッシュの1976年アルバム『LEGALISE IT』がオリジナル。

06. オール・オブ・ミー / All Of Me
1931年に誕生したGerald Marks / Seymour Simons作によるジャズ・スタンダード・ナンバーのカヴァー。ビング・クロスビー、ビリー・ホリデイ、フランク・シナトラ、ディーン・マーティン、エ ラ・フィッツジェラルドといった錚々たるレジェンドがこぞってカヴァーした超スタンダード。

07. 空しき人生 / Born To Lose
ハンク・ウィリアムス、ハンク・トンプソンとともに"スリー・ハンクス"と呼ばれた人気カントリー・シンガー、ハンク・スノウ(Hank Snow)の1957年ヒット・シングルのカヴァー。

08. スティル・ゴット・ザ・ブルース / Still Got The Blues
シン・リジィ、ソロとしての活躍で人気を集め、2011年に急逝したブルース・ギタリスト、ゲイリー・ムーアに捧げたカヴァー。ムーアの1990年アルバム『Still Got The Blues』がオリジナル。

09. グッドナイト・アイリーン / Goodnight Irene
ニルヴァーナのカート・コバーンがアコースティック・ライヴ・アルバム『アンプラグド』で鬼気迫る熱唱を披露し世界に 衝撃を与えた「Where Did You Sleep Last Night」のオリジナル作者・演奏者であるレッドベリー(Ledbelly)が1933年に生み出したブルース曲のカヴァー。ジョニー・キャッシュ、レ オン・ラッセル、ライ・クーダー等もカヴァー。

10. ユア・ワン・アンド・オンリー・マン / Your One and Only Man
「ドック・オブ・ザ・ベイ」でおなじみのアトランティック・ソウルの雄、オーティス・レディングの1965年曲のカヴァー。

11. エヴリ・リトル・シング / Every Little Thing [新曲]

12. わが恋はここに / Our Love Is Here To Stay
"20世紀アメリカ最大・最高の作曲家"と称えられるジョージ・ガーシュウィン(George Gershwin)作曲、アイラ・ガーシュウィン(Ira Gershwin)作曲の1951年映画主題歌のカヴァー。ジーン・ケリー(1951)、フランク・シナトラ(1956)、エラ・フィッツジェラルド (1957)、ハリー・コニック・ジュニア(1989)、リサ・スタンスフィールド(1959)、ブラクィアン・ウィルソン(2010)もカヴァーで取り 上げた名曲中の名曲。

発売は2013/3/20です。









いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト
[ 2013/03/18 09:00 ] Enric Verdaguer Eric Crapton | TB(0) | CM(0)

Eric Crapton(エリック・クラプトン)- 『Slow Hand(スロー・ハンド)デラックス・エディション』 [ロック 名盤]

エリック・クラプトン、1977年の傑作『スローハンド』の35周年記念リリース





この再発は嬉しい!個人的にはクラプトンの数ある作品の中でも最も好きなアルバムの一つ、1977年にリリースされた『スロウハンド』。ジャケットも超渋いし、あまりに正確な指さばきからまるでゆっくり弾いているように見えることからついたニックネーム“スロウハンド”がそのままタイトルに使われているのも素晴らしいですよね。

クラプトンのキャリアを代表するバラード、『Wonderful Tonight』。このバラードを聴くと温かい空気に包まれます。それ以外にも佳曲がずらりと並んでいます。クラプトンのキャリアの中で、最高傑作に挙げられることは少ない作品ですが、アルバムとしてみたときに完成度は相当に高いですし、リラックスした魅力のある作品なので、繰り返し聴くことが出来る名作です。

今回はオリジナルのアナログ音源からリマスターが施されているようですので、音質にも注目ですね。さらに驚きなのはスーパー・デラックス・エディションです!ハイレゾ音源を収録したDVDオーディオから未発表ライヴ音源、さらにはLPともう至れり尽くせり!それだけの内容に値するだけの名盤です。それでは解説文を。

ローリング・ストーンズやザ・フーを手掛けたグリン・ジョンズのプロデュースのもと、1977年にロンドンのオリンピック・スタジオでレコーディングが行 われ1977年11月にリリースされた、エリック・クラプトン屈指の名作。世界のロック・ファンから熱狂的に迎えられ、全米2位アルバムとなった。

今回の35周年記念リリースではオリンピック・スタジオのオリジナル・アナログ・マスター・テープからの最新リマスタリングが施され、しかも新規ミックス による未発表音源もふんだんに収録。また本作のレコーディングの1週間前にロンドンのハマースミス・オデオンで行った貴重なライヴ音源も遂にお披露目とな る。こちらももちろんオリジナル・アナログ・マスター・テープからの最新ミックスが施されたもの。「Tell The Truth」、「Knocking On Heaven’s Door」、「Can’t Find My Way Home」、「Stormy Monday」、「Badge」、「I Shot The Sheriff」、そして「Layla」という、人気曲が惜しげもなく収録された。

初回限定の豪華ボックスには高音質オーディオを収録したDVDディスク(映像はなし)や重量盤LPも追加収録され、長年のファンにとっては涙ものの内容が実現した。

Super Deluxe Edition 収録内容
[ Disc 1 : SLOWHAND REMASTERED AND EXPANDED ]
オリジナル収録曲9曲+アウトテイク4曲収録。オリンピック・スタジオのオリジナル1/4インチ・アナログ・マスター・テープからのリマスター。アウトテ イクの3曲は未発表音源で、2012年にスターリング・サウンド・スタジオのケヴィン・リーヴスの手によって、オリンピック・スタジオのオリジナル・2イ ンチ・アナログ・マスター・テープからの新規ミックスが施された。
01. Cocaine
02. Wonderful Tonight
03. Lay Down Sally
04. Next Time You See Her
05. We’Re All The Way
06. The Core
07. May You Never
08. Mean Old Frisco
09. Peaches And Diesel
[Bonus Tracks]
10. Looking At The Rain *
11. Alberta
12. Greyhound Bus *
13. Stars, Strays And Ashtrays *
(*=未発表音源)

[ Disc 2 : SLOWHAND: HI-RES STEREO and 5.1 SURROUND SOUND DVD (audio only) ]
DISC 1の音源(オリジナル・アルバム収録の9曲)を24/96 Hi-Resolution Stereo(24bit/96kHzハイ・レゾリューション・ステレオ)と、5.1 Surround Sound(5.1チャンネル・サラウンド・サウンド)で収録したDVD(オーディオのみ/映像なし)

[ Disc 3 : LIVE AT HAMMERSMITH ODEON, April 27, 1977 ]
1977年4月27日に録音されたハマースミス・オデオン・コンサートのライヴ音源。Disc 4とあわせ、10曲の未発表音源を含む14曲収録。2012年にスターリング・サウンド・スタジオのケヴィン・リーヴスの手によってオリジナル2インチ・ アナログ・マスターからの新規ミックスが施された。
01. Hello Old Friend *
02. Sign Language *
03. Alberta *
04. Tell The Truth
05. Knocking On Heaven's Door
06. Steady Rolling Man *
07. Can't Find My Way Home *
08. Further On Up The Road
09. Stormy Monday
(*=未発表音源)

[ Disc 4 : LIVE AT HAMMERSMITH ODEON, April 27, 1977 continued ]
01. Badge *
02. Nobody Knows You When You”Re Down And Out *
03. I Shot The Sheriff *
04. Layla *
05. Key To The Highway *
(*=未発表音源)

[ Disc 5 : SLOWHAND VINYL LP ]
DISC ONEからのオリジナル収録曲9曲によるLP。180gへヴィ・ヴァイナル。

[Side 1]
01. Cocaine
02. Wonderful Tonight
03. Lay Down Sally
04. Next Time You See Her
05. We’Re All The Way

[Side 2]
06. The Core
07. May You Never
08. Mean Old Frisco
09. Peaches And Diesel

発売は2012/12/19です。







2CD Deluxe Edition 収録曲
[ Disc 1 : SLOWHAND REMASTERED AND EXPANDED ]
Super Deluxe Edition の Disc 1 と同内容

[ Disc 2 : LIVE AT HAMMERSMITH ODEON, April 27, 1977 ]
1977年4月27日に録音されたハマースミス・オデオン・コンサートのライヴ音源。5曲の未発表音源を含む9曲収録(Super Deluxe Edition の Disc 3 と Disc 4 収録曲からのセレクト)。2012年にスターリング・サウンド・スタジオのケヴィン・リーヴスの手によってオリジナル2インチ・アナログ・マスターからの 新規ミックスが施された。

01. Tell The Truth
02. Knocking On Heaven's Door
03. Steady Rolling Man *
04. Can't Find My Way Home *
05. Further On Up The Road
06. Stormy Monday
07. Badge *
08. I Shot The Sheriff *
09. Layla *
(*=未発表音源)

こちらも2012/12/19発売です。










いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2012/12/16 09:00 ] Enric Verdaguer Eric Crapton | TB(0) | CM(0)

Eric Clapton(エリック・クラプトン)- Wonderful Tonight(ワンダフル・トゥナイト) [Youtube]

 1977年発表の『スロウ・ハンド』に収録されている楽曲です。このアルバムは
全編を通して素晴らしい曲が並んでおり、クラプトンの作品のなかでも傑作に
数えられるアルバムです。そのなかでもこの『Wonderful Tonight』は最高の
出来になっています。

 スロウなテンポで、ゆっくりと彼女への愛を語るクラプトン。彼女とパーティーへ行き、
最後は酔っぱらって帰宅する、そしてベットに横たわりながら、今夜は素晴らしかった
と幸せを噛み締める、そんな主人公の心情にぴったりと合った、温かく優しい音に
なっています。

 聴けば聴くほど心に染みわたる曲で、ハード・スケジュールでボロボロになった
ときに、この曲を聴いて癒されるということが何度もありました。本当に温かい
曲です。

 またテンポが非常にゆっくりで、それほど難しい英語も使われていないので、カラオケ
で英語の歌を歌いたいという人には、入門編としていいと思います。私は定番で、
かなりの頻度でこの曲を歌ってしまいます。





いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2011/10/05 09:00 ] Enric Verdaguer Eric Crapton | TB(0) | CM(0)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。