FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『臨場 スペシャルブック』 (光文社文庫) [文庫] - 横山 秀夫 [本]

少し前にドラマ化もされた『臨場』は、大人気ミステリー作家横山秀夫氏の人気作にして、素晴らしい内容の作品です。横山秀夫氏といえば、映画化された『半落ち』も有名です。このときは“内容に現実に沿わないところがある”と直木賞選考委員から指摘され、それが理由で横山秀夫氏は直木賞と決別しました。

2012年に発表された『64』は、ベストセラーとなり、さらにこのミステリーがすごい!と週刊文春ミステリーベスト10で1位にも輝き、増々人気は高まっています。

『臨場』は2004年の作品で、短編を集めたものとなっていますが、検死官の倉石がとにかく読者を惹き付けてやみません。超人的な眼力、そしてぶっきらぼうでありながら内に秘めた温かさ。この本を読んだら倉石のファンになること請け合いです。

そして、一筋縄ではいかない複雑に絡み合う事件の背景。とにかく全ての作品で真実が明らかになっていくときのワクワク感を味わえましたし、それだけでは終わらない作者の温かい目線。全てのミステリー・ファンに読んでいただきたい傑作です。









いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト
[ 2013/03/14 20:00 ] 臨場 | TB(0) | CM(0)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。