FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ア・トライブ・コールド・クエストの名盤『ピープルズ・インスティンクティヴ・トラヴェルズ・アンド・ザ・パスズ・オブ・リズム』が25周年記念盤で再発!リミックス・バージョンはどうだったのか?

ア・トライブ・コールド・クエストの名盤『ピープルズ・インスティンクティヴ・トラヴェルズ・アンド・ザ・パスズ・オブ・リズム』が25周年記念盤で再発!リミックス・バージョンはどうだったのか?



自由なサンプリング、ユーモアと知性に溢れたリリックで90年代のヒップホップ・シーンをリードした存在ア・トライブ・コールド・クエスト。そんな彼らを代表する作品といえば90年にリリースされたデビュー作である『ピープルズ・インスティンクティヴ・トラヴェルズ・アンド・ザ・パスズ・オブ・リズム』でしょう。

聴いていてこれほどワクワクさせられる作品は後にも先にもこのアルバムしかありません。このブログでも紹介させていただいた『Bonita Applebum』はもちろん、『Push It Along』や『I Left Mt Wallet In El Segundo』、『Can I Kick It?』などなど名曲がずらり。

今回の音源は、オリジナル・マスターテープからボブ・パワー(エンジニア)の手でリマスタリングが施され、生まれ変わっているということで音質も注目なのですが、デビュー25周年を祝い、彼らから大きな影響を受けた現代のアーティストたちが参加しており、新たによみがえったリミックス・バージョンも収録されています。

ファレル・ウィリアムスのヴァージョンは先日紹介させていただきましたが、今回はシーロー・グリーンによる『Footprints』のリミックスと、J.コールによる『Can I Kick It?』のリミックスを紹介したいと思います。

『Footprints』の方はかなり原曲に忠実なサウンドとなっていますが、ドラムのボトムは少し軽くなり、その代わり浮遊感を漂わせる音とソウルフルな女性ヴォーカルがプラスされています。個人的にはオリジナルの方が好きですが、これはこれでいいですね。

そして、J.コールによる『Can I Kick It?』。遊び心に溢れたオリジナルと比べ、かなりアダルトな雰囲気の仕上がりとなっています。これはこれで個人的には好きです。




計3曲のリミックスが収録されていますが、クオリティはそれなりなので、それを目当てにこの記念盤を買う必要はないと思います。ただ、まだ『ピープルズ・インスティンクティヴ・トラヴェルズ・アンド・ザ・パスズ・オブ・リズム』を聴いたことがなければマストです!

アルバムは現在発売中です!












いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト

ア・トライブ・コールド・クエストの名盤『ピープルズ・インスティンクティヴ・トラヴェルズ・アンド・ザ・パスズ・オブ・リズム』の25周年記念盤から、ファレル・ウィリアムスによる『Bonita Applebum』のリミックスが公開!

ア・トライブ・コールド・クエストの名盤『ピープルズ・インスティンクティヴ・トラヴェルズ・アンド・ザ・パスズ・オブ・リズム』の25周年記念盤から、ファレル・ウィリアムスによる『Bonita Applebum』のリミックスが公開!




先日このブログでも紹介させていただいた、ア・トライブ・コールド・クエストのデビュー作にした、ヒップホップ史に残る名盤『ピープルズ・インスティンクティヴ・トラヴェルズ・アンド・ザ・パスズ・オブ・リズム』の25周年記念盤ですが、ここにきてついにアルバム収録曲が公開されました。

それがなんとファレル・ウィリアムスによる『Bonita Applebum』のリミックスときたもんだ!この組み合わせはたまらなく興味をそそられるのですが、実際どうなのでしょう?




オリジナルの緩い感じは残しながらもスペーシーな音が新鮮です。オリジナルとは全く違った雰囲気で、『Bonita Applebum』に新たな命が吹き込まれたと言っても良いと思います。ただ、これがオリジナルを超えているかと言われれば、私はオリジナルの魅力には到底かなわないと思います。

The Dave Pike Setの『Mather』、RAMPの『Daylight』、Rotary Connectionの『Memory Band』、そしてリトル・フィートの『Fool yourself』といったサンプリングが縦横無尽に飛び出してきたあの感覚はやはり特別です。

ただ、25周年記念盤は楽しみですね!アルバムのリリースは2015/11/6です!












いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



A Tribe Called Quest(ア・トライブ・コールド・クエスト) - 『Tribe Vibes』

これ最高でしょ!ア・トライブ・コールド・クエストの初期2作のサンプリング・ソースを集めたYoutube動画


デ・ラ・ソウルやジャングル・ブラザーズと並んでネイティヴ・タンの中心的な存在だったア・トライブ・コールド・クエスト。ジャズを中心にソウルやロックからサンプリングされた音楽は遊び心に溢れていて、特に初期3作は本当に好きでした。次第に洗練されていき、完成度が高まるにつれて楽しさという部分は減っていってしまい個人的には少し距離を置いてしまいましたが、それでも本当に素晴らしいグループだと思います。

今回紹介させていただくのは、ア・トライブ・コールド・クエストが最も自由奔放にサンプリングをしていた初期2作のサンプリング・ソースを集めた動画で、これを聴くとア・トライブの曲が頭に浮かんできてニンマリしてしまうと同時に、本当にセンスがいいな〜と感心してしまいます。

2時間以上もあり、単純に流しっぱなしにしていてもとても気持ちの良い素晴らしいトラック・リストです!

1. Gene McDaniels - Jagger the Dagger (Push It Along)
2. Grover Washington, Jr. - Loran's Dance (Push It Along)
3. Jimmy Smith - I'm Gonna Love You (Push It Along)
4. Billy Brooks - 40 Days (Luck of Lucien)
5. Donald Byrd - Think Twice (Footprints)
6. The Chambers Brothers - Funky (I Left My Wallet In El Segundo)
7. Rotary Connection - Memory (Bonita Applebaum)
8. RAMP - Daylight (Bonita Applebaum)
9. Little Feat - Fool Yourself (Bonita Applebaum)
10. Lou Reed - Walk on the Wild Side (Can I Kick It)
11. Lonnie Smith - Spinning Wheel (Can I Kick It)
12. Reuben Wilson - Inner City Blues (Youthful Expressions)
13. Kool & The Gang - Electric Frog (Mr. Muhammad)
14. Art Blakey - A Chant For Bu (Excursions)
15. Unknown Artist - S.O.B. Drums (Excursions)
16. Weather Report - Young & Fine (Butter)
17. Gary Bartz - Gentle Smiles (Butter)
18. Chuck Jackson - I Like Everything About You (Butter)
19. Grant Green - Down Here on the Ground (Vibes and Stuff)
20. Jackie Jackson - Is It Him or Me? (The Infamous Date Rape)
21. Minnie Riperton - Baby This Love That I Have (Check The Rhyme)
22. Willis Jackson - Ain't No Sunshine (Everything Is Fair)
23. Sonny Lester - On Green Dolphin Street (We Got The Jazz)
24. Paul Humphries - Uncle Willy's Dream (What)
25. Jack McDuff - Oblighetto (Scenario)
26. Jimi Hendrix - Little Miss Lover (Scenario)
27. Ronnie Foster - Mystic Brew (Electric Relaxation)
28. Brethren - Inside Love (Electric Relaxation)
29. Lee Morgan - Absolution (Oh My God)
30. The Whatnauts - Why Can't People Be Colors Too? (Oh My God)
31. Bill Cosby - Martin's Funeral (We Can Get Down)
32. Brethren - Inside Love (Electric Relaxation)
33. Michl Urbraniak Group - Ekim (Steve Biko)
34. Howard Roberts Quintet - Dirty Old Bossa Nova (Jam)







いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



A Tribe Called Quest(ア・トライブ・コールド・クエスト)- 『Bonita Applebum』

ア・トライブ・コールド・クエストのデビュー作に収録されていたセンス溢れる名曲『Bonita Applebum』


90年代に一大勢力となったネイティヴ・タン一派。その中でも中心的な存在だったア・トライブ・コールド・クエスト。彼らはそれまでマッチョイズムやギャングスタ・メンタリティが主流だったラップ・シーンに、ジャズやロックまでをもカヴァーした幅広いサンプリング・ソースとコンシャスなラップで知性とセンスとユーモア持ち込みました。その最良の部分が表現されているのがア・トライブ・コールド・クエストのデビュー作『People's Instinctive Travels and the Paths of Rhythm』であり、その作品に収録されていた『Bonita Applebum』もア・トライブ・コールド・クエストらしい遊び心に満ちた曲です。

力の抜けたQ-Tipのラップと気持ちよく響くドラム、そして爪弾かれるギターによるメロディにセンスが光るナンバーで、サンプリングはThe Dave Pike Setの『Mather』、RAMPの『Daylight』、Rotary Connectionの『Memory Band』、そしてリトル・フィートの『Fool yourself』と多岐にわたっています。現在のヒップ・ホップ・シーンでは聴くことの出来ないタイプの音楽ですが、単なる感傷を抜きにしても素晴らしいクオリティの作品だと思います。一時は再結成の噂もありましたがなかなか難しいみたいですね。若いリスナーの方にぜひ聴いていただきたいグループです。




その名曲が収録されたア・トライブ・コールド・クエストのデビュー作にして大名盤がこちら!












いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



A Tribe Called Quest(ア・トライブ・コールド・クエスト)- 『ビーツ、ライムズ・アンド・ライフ ~ア・トライブ・コールド・クエストの旅』 [ヒップ・ホップ 名盤]

ア・トライブ・コールド・クエストの傑作ドキュメンタリーがDVD化





これはとても興味のある作品です。前回紹介させていただいたときは詳細が明らかになっていなかったのですが、今回内容を見てみるととにかく見たくして仕方ありません。

まず、注目すべきは2006年の再結成ライヴ以後、メンバーに密着して制作したということです。普段見ることのできないオフ・ショットはもちろん、Q-Tipとファイフの確執まで収められているようです。

素晴らしいクオリティの作品をリリースしながら、突如98年に解散してしまったア・トライブ・コールド・クエスト。そこにはメンバーしか知り得ない事情があったのでしょうが、そういったものを知りたいというのもファン心理で、下世話だと思いますが、やはり興味があります。

それ以外にも、もちろんライヴの模様も収録されており、ア・トライブ・コールド・クエストの魅力をしっかりと味わえるものになっていそうです。

それでは解説文を。

ヒップホップ史上最も革新的なアーティストの一組、ア・トライブ・コールド・クエスト(ATCQ)を追った、大ヒット・ドキュメンタリー「ビーツ、ライムズ・アンド・ライフ ア・トライブ・コールド・クエストの旅」が待望のDVD化!

「プリズン・ブレイク」で国土安全保障省のドナルドを演じた俳優、マイケル・ラパポートが初めて監督を努め、2006年の復活ライヴ以降、長期にわたりメンバーに密着。結成間もない頃の秘蔵フッテージからライヴ・パフォーマンス、日本ツアーでのオフショットといった貴重映像に交え、Qティップとファイフの確執や解散の真実に至るまで、知られざるATCQの核心に迫る!また、彼らから影響を受けたアーティストも本作をサポート。2012年に他界したビースティ・ボーイズのMCA、ザ・ルーツ、バスタ・ライムス、デ・ラ・ソウルといった面々による証言も見逃せない。

【あらすじ】
名声、プライド、確執、憎しみ。それでも変わらない、20年間の想い。1988年、ニューヨークで生まれた4人組グループ、ア・トライブ・コールド・クエスト。ヒップホップにジャズ要素を取り入れた革新的なスタイルで音楽界 に旋風を巻き起こした彼らは、5枚目のアルバムをリリースした98年に突然の解散。メンバーたちはそれぞれの人生を辿り始めていた。そして長い沈黙を経た 2006年、彼らはまたも突然に再結成を発表。しかし、感動の再結成を追うべく密着したカメラが捉えたのは、メンバー間の確執と、誰も知らなかった真実の ATCQの姿だった…。

***特典映像***
●メイキング ~マイケル・ラパポートの旅~
●アニメーション製作の舞台裏
●エクストラシーン集
ATCQ新譜の可能性/ビースティ・ボーイズが語るネイティブ・タン/リュダクリスが語るATCQ/ファレルが語るATCQ/デ・ラ・ソウルについて/ファイフとジャロビの出会い/ジャングル・ブラザーズ/DJレッド・アラート/解散について)
●レッドカーペット(ロサンゼルス映画祭プレミア)
***封入特典***
●特製グッズ応募ハガキ (予定)

発売は2013/4/5です。









いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。