FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

スティーヴィー・ワンダーやロバート・グラスパーが賛辞を送るネオ・ソウル・バンド、ムーンチャイルドのデビュー作、『Please Rewind』がCDとなって再発!

スティーヴィー・ワンダーやロバート・グラスパーが賛辞を送るネオ・ソウル・バンド、ムーンチャイルドのデビュー作、『Please Rewind』がCDとなって再発!




ムーンチャイルドご存知ですか?私はこのニュースまで聞いたことがありませんでした。LA出身のネオ・ソウル・トリオとのことですが、ほとんど情報がないためメーカーさんからのインフォメーションをそのまま載せさせていただきます。

自主レーベルから発表してきた楽曲の数々がその卓越したクオリティでスティーヴィー・ワンダー、ロバート・グラスパー、タイラー・ザ・クリエイター、ジ ル・スコット、ジャジー・ジェフ、ジャイルス・ピーターソンと錚々たる面子の耳を虜にしてきたLAのネオ・ソウル・トリオ=ムーンチャイルド!

Bandcampにてリリースされたにも関わらず、大御所アーティストから著名ライターまで賛辞を送る本作『Please Rewind』が、その大きな反響を受けて<Tru Thoughts>より正規CD盤がリリース決定!!

ジャイルス監修の『Brownswood Bubblers 11』に収録され、いち早く話題を集めた「The Truth」(M-2)を筆頭に、ディアンジェロやエリカ・バドゥなど90sネオ・ソウルの影響を屈託のないアレンジと見事なバンド・アンサンブルで再 現。20世紀後半のコンテンポラリーなブラック・ミュージックからJTNCリスナーまで魅了する事必至の近年稀に見る良盤をお見逃しなく!!

とのことです。これ、ソウル・ミュージックが好きな方が見たら気にならない方がおかしいくらいのとんでもない内容ですよね!?スティーヴィーが、ロバート・グラスパーが賛辞を送り、ジャイルス・ピーターソンのコンピに収録され、音楽はディアンジェロヤエリカ・バドゥなどのネオ・ソウルの影響を受けている!?やばいでしょ!

現在公開されている『The Truth』を聴いてみたのですが、紹介文に偽りなしですね!オーガニックでゆったりとした芳醇なソウル・サウンドに乗って、伸びやかな女性ヴォーカルがメロディを奏でる。まさにネオ・ソウルの最良の部分を抽出したと言っても過言ではない素晴らしい曲です。途中に挿入されるトランペットも文句無し!




このクオリティを他の曲も持っているのだとしたらとんでもない作品ですね!
これはマスト!

アルバムは現在発売中です!













いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト
[ 2015/12/01 09:00 ] Moonchild | TB(0) | CM(0)

MURO(ムロ) - 『El Carnaval』

日本が世界に誇るディガー、MUROの1stソロ・アルバムに収録された名曲『El Carnaval』


MUROといえば日本のラップを発展させるために尽力してきた功労者であり、現在も一線で活躍しているアーティストです。

もともとはMicrophone Pagerでデビューし、以後はソロで次々と話題作をリリースしていきます。99年にリリースした『The Vinyl Athletes』ではあのD.I.T.C.のロード・フィネスとAGが参加した曲をリリースし、日本のヘッズの度肝を抜きました。そして00年に遂ソロとしては初のフル・アルバム『PAN RHYTHM: Flight No.11154』をリリースしました。

当時はまだMUROの凄さがいまいち分かっておらず、今回紹介させていただく『El Carnaval』を聴いたときも、“なんかへんてこなラップだな〜”と思ったりしていましたが、このかっこよさは折り紙付きです。

“キューバ 回り回って ベネズエラ ジャマイカ はまりはまって ドミニカ コロンビア ハイチ マルチニーク グアドループ トリニダード”という歌詞からスタートする通り、King of Diggin’の愛称を持つMUROらしい世界中の音楽の美味しいとこ取りなサウンド、もうこれにはぶっ飛ばされますね!MUROらしいトリッキーなライムもいいですし、中盤に炸裂するギター・ソロ切なさ!

他のヒップ・ホップ・ミュージシャンでは聴くことのできないMUROのみのオリジナルなサウンドがここにある!




この名曲を収録したMUROのアルバムがこちら!








いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2014/06/22 09:00 ] Moonchild MURO | TB(0) | CM(0)

Myron & E with The Soul Investigators - 『Broadway』 [ソウル 名盤]

メイヤー・ホーソンに続いて、ストーン・スロウから新たなヴィンテージ・ソウルが到着!




近年ヴィンテージ・ソウルの傑作が多いと感じているのは私だけでしょうか?例えばラファエル・サディークの『Stone Rollin’』、エイドリアン・ヤングがデルフォニックスをプロデュースした『エイドリアン・ヤング・プレゼンツ・ザ・デルフォニックス』、そして今回紹介させていただくMyron & Eのレーベル・メイトであるメイヤー・ホーソン。これらのヴィンテージ・ソウルがたまらなく魅力的なのは、ただ単にヴィンテージの機材を使って昔のサウンドを再現しようとしているのではなく、ヒップ・ホップというフィルターを通すことによってソウル・ミュージックに新たな魅力を与えようとしているからでしょう。そうでなければただの懐古主義でしかありません。

Myron & Eはブラッカリシャスのライヴ・ツアーで出会った二人によって結成されたユニットで、Eric CookeはツアーDJを、Myron Glasperはバックアップで歌っていたようです。私は今回初めて彼らの名前を知ったのですが、先行公開されている『If I Gave You My Love』を聴いてその格好良さにやられました。ストーン・スロウという名前がある時点である程度期待はしていたのですが、それを上回る充実振りです。Myronの甘い歌声、ざらつきがありながら温もりを感じさせるサウンド、最高です!ブラスが入ることで生まれる音の厚みもいいですし、ドラムもいい音出していますね。これなら他の曲も間違いないでしょう。前述させていただいたエイドリアン・ヤングの作品を気に入った方なら間違いなく気に入るものだと思います。

それでは解説文を。

Stones Throwからメイヤー・ホーソン,アロエ・ブラックに続くモダン・ヴィンテージ・ソウルデュオの登場!!ヒップホップのフィルターを通した最高の現在形クラシック・ソウルを聴かせてくれるMyron & E with The Soul Investigators!!

アルバムは2013/6/2リリースです。









いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



MURO(ムロ)- 『KING OF DIGGIN' "DIGGIN' SALSOUL ~BREAKS~"』 [ソウル 名盤]

サルソウルの音源をMUROがミックス!


【送料無料】 MURO ムロ / KING OF DIGGIN' 【CD】

【送料無料】 MURO ムロ / KING OF DIGGIN' 【CD】
価格:2,500円(税込、送料込)



昨年大量にそのカタログが再発されたサルソウル。74年に設立され、その名の通り“サルサ”と“ソウル”と融合したサウンドで数々のクラブ・クラシックを生み出してきました。

サルソウルは、クラブを念頭に置いて作品を作っているので、どうしてもシングル中心の音作りとなります。ですからこういったミックスCDというのはありがたいですね。レーベルの看板グループ、サルソウル・オーケストラはもちろん、サルソウルにいくつものクラシックを残しているロレッタ・ハロウェイ、そしてダブル・エクスポージャーやファースト・チョイスといったフリー・ソウルの人気アーティストまで、気になる楽曲を網羅したMUROらしい作品になっています。

盛り上がること間違いなしのCDでしょう。それでは解説文を。

MURO×SALSOUL!ありそうで実はなかった究極の邂逅が実現!待望のオフィシャルMIX CDが遂に登場!日本が世界に誇るディガーが、愛してやまないSALSOUL音源をマニアもニンマリな選曲と極上のスキルで紡ぎ生まれるグルーヴは必聴!

アルバムは現在発売中です。









いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2013/05/16 09:00 ] Moonchild MURO | TB(0) | CM(0)

MURO - STONED2 mixed by MURO [ヒップ・ホップ 名盤]

 2004年にStone Throwの音源をMUROがミックスする、というエキサイティングな作品がリリースされ、このコンビなら間違いないと確信していましたが、やはり内容はとんでもなく素晴らしく、第二弾の発売が待たれていました。そして遂にこの度そのアルバムがリリースされることとなったのです。

 Stone Throwといえば、マドリブを中心に、アンダーグランドの好盤を連発してリリースしていることで有名ですが、それ以外でもファンクやソウル、そして歴史に埋もれた名盤を多数リリースしていて、Stone Throwからリリースされる作品なら間違いないと信頼できるレーベルです。

 かたやMUROは説明不要の堀り師、『King of Diggin'』。そのとんでもない音楽の情報量とセンスで、数々の大ヒットミックスをリリースしてきたアーティストです。Stone Throwの作品をMUROがミックスすれば間違いないのは当たり前ですが、どんな意外な曲を使ってくるのか興味津々です。

 それでは解説文を。

 2004年に記録的セールスを打ちたて伝説化したミックスCD企画、Stones Throw × MURO『Stoned』の第二弾登場!ヒップホップを軸にシーンと共に変化しながら常にエキサイティングな作品を送り出してきたStones Throwの魅力をMUROのフィルターを通して最高のカタチで表現したまさにこれ以上ない好企画。ヒップホップからブレイクビーツ、ソウル、ジャズ、ブギー・ファンクまでStones Throwの幅広い魅力をMUROマジックで見事にコンパイル&ミックスした奇跡の1枚。(メーカー資料より)


発売は2011/10/19日です。









いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2011/09/27 09:00 ] Moonchild MURO | TB(0) | CM(0)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。