FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

UK新世代エレクトリック・ソウルの代表格、ジェイミー・ウーンが4年ぶりとなる2ndアルバム『メイキング・タイム』をリリース!そこから『Sharpness』を公開!

UK新世代エレクトリック・ソウルの代表格、ジェイミー・ウーンが4年ぶりとなる2ndアルバム『メイキング・タイム』をリリース!そこから『Sharpness』を公開!



英ロンドンを拠点に活動するシンガーソングライター/プロデューサーであるジェイミー・ウーン。ディスクロージャーなどが在籍するレーベル、PMRと契約し11年にデビュー作『ミラー・ライティング』をリリース。その作品で、ジェイムス・ブレイクやチェット・フェィカー、<4AD>のソン等によるエレクトロニック・ソウルのパイオニアという評価を確立しました。

そして4年ぶりとなる新作『メイキング・タイム』がいよいよ登場します。エレクトリックなテイストの強かった前作と比べ、ディアンジェロなどのアーティスからインスパイアされ、よりバンド・サウンドへと接近したという今作は、1stシングル『Sharpness』がファレル・ウィリアムスに紹介され大きな話題となり、2ndシングル『Thunder』はジャイルス・ピーターソンにラジオで取り上げられ、これまた話題沸騰中とのことです。

『Sharpness』を聴いてみた感想ですが、これはいい!抑制が効いていながら温かみのあるソウル・サウンドで、聴いた瞬間に”気持ちいい!”と感じます。何よりもベースと音がいいですね!やはり良いソウル・ミュージックは必ず素晴らしいベースがあるのですが、この柔らかくしなやかなベースはまさにそれです。




そして、ベースとともにリズムの要となるドラムも、派手ではありませんが抜けの良いサウンドで、曲をしっかりと引き締めています。

ヴォーカルも素晴らしく、これは何度も聴きたくなる曲ですね!この流れでアルバムが制作されているならソウル・ファンは絶対に購入すべき作品です!

アルバムは現在発売中です!












いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト
[ 2015/11/28 09:00 ] Jamie Woon | TB(0) | CM(0)

ジャネット・ジャクソンの7年ぶりのニュー・アルバム、『アンブレイカブル』はジャム&ルイスがプロデュース!

ジャネット・ジャクソンの7年ぶりのニュー・アルバム、『アンブレイカブル』はジャム&ルイスがプロデュース!




突如という感じで発表されたジャネット・ジャクソン7年ぶりとなる11枚目のアルバム、『アンブレイカブル』。これだけの大物が7年間新作をリリースしなかったということで、アルバムに集まる注目、期待は計り知れないものになると思いますが、なんと新作はあのジャム&ルイスがプロデューサーを務めるとのことです!

ジャム&ルイスといえば86年の名盤『コントロール』のプロデュースをはじめ、ジャネットの数々のヒット曲を世に送り出したことで知られるプロデューサー/ソングライター・チームで、ジャネットとジャ ム&ルイスのコラボレーションは、2006年作『20 Y.O.』以来となり、このタッグ復活に私はかなりテンションが上がっています。

そんな中アルバムから先行公開されたタイトル曲『Unbreakable』ですが、ジャム&ルイスらしいスウィングするリズムと、明るく伸びていくメロディが素晴らしいナンバーで、ファンがこの組み合わせに求めているものを100%満たすものとなっています。




さらにもう一曲、ミッシー・エリオットをフューチャーした『BURNITUP!』ですが、こちらはインロトから完全にミッシー印!しかし、そのままフリーキーな感じでいくのかと思わせると、一転、リズムはかなりソリッドなものではありますが、ヴォーカルは完全にジャネット流R&Bです。後半のミッシーのパートはミッシーの力の入りようが伝わって来る熱いもので、これもいいです!

どちらの曲もジャネットらしさが感じられ、しかしそれぞれ違った魅力を出すことに成功しており、さらにどちらも幅広い層にアピールできる普遍的な魅力も備えており、さすがの一言です。アルバムがめちゃくちゃ楽しみですね!

アルバムのリリースは2015/10/3です!












いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2015/10/01 09:00 ] Jamie Woon Janet Jackson | TB(0) | CM(0)

ジル・スコット、4年振りの新作『ウーマン』を7月にリリース!そこから『You Don’t Know』と『Fool’s Gold』を公開!

ジル・スコット、4年振りの新作『ウーマン』を7月にリリース!そこから『You Don’t Know』と『Fool’s Gold』を公開!


 年のデビュー時には日本でも大きな話題となったジル・スコット。フィラデルフィア・ソウルをベースに持ちながらストーリーテリングからの影響も受けている独特のセンスが印象的で、これまでに3度のグラミー賞を獲得し、前作『The Light of The Sun』は彼女自身初めてとなる全米チャートの1位を獲得した作品となりました。

そんないまや押しも押されもせぬソウル・クイーンとなったジル・スコットの新作『ウーマン』が7月にリリースされます!現在『You Don’t Know』と『Fools Gold』が公開されており、さっそく聴いてみました。

ジル・スコットによれば新作は「往年のフィリー・ソウルと、人の心を掴むストーリーテリングを生む カントリーのリズムが出会った」ような作品になっているとのことですが、ブルージーなブラスをバックにジル・スコットが熱く、ソウルフルに歌い上げる『You Don’t Know』はまさにフィラデルフィア・ソウル全盛の空気が満ち満ちた曲になっています。聴いていると、“この作品は一体いつのものだ?”と混乱してしまうほどです。それはこの曲がソウル・ミュージックの普遍的な魅力を体現しているからでしょう。




さらにシングル・カットされた『Fools Gold』は、艶かしいベースとドラムが印象的なナンバーで、ジル・スコットのソウルフルな歌声と相まって実に魅力的な曲になっています。この曲も普遍的なサウンドを持っているのですが、同時にアップ・トゥ・デイトな部分もあり、単なる懐古主義では終わっていません。

先行公開された2曲を聴いて、前述のジル・スコットの発言が非常に腑に落ちました。これはまた素晴らしい作品が届きそうです。




いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2015/07/06 09:00 ] Jamie Woon Jill Scott | TB(0) | CM(0)

現代を代表するソウル・ディーヴァ、ジョス・ストーンのニュー・アルバム『Water For Your Soul』が登場!

現代を代表するソウル・ディーヴァ、ジョス・ストーンのニュー・アルバム『Water For Your Soul』が登場!




ジョス・ストーン、3年振りの新作『Water For Your Soul』のニュースが入ってきました。ジョス・ストーンといえば17歳でデビュー作『ソウル・セッション』をリリースし大きな話題となったアーティストです。その時のことは私も鮮明に覚えていて、それなりにソウル/R&Bといった音楽を聴いてきたという自負があったので、“どうせ話題作りで実際はそれほどでもないんでしょ”と高を括っていたのですが、実際に声を聴いてびっくり。もう生まれながらにしてソウルというものが体に宿っているとしか思えないソウルフルなヴォーカルで、一瞬で虜になりました。

その後もジョス・ストーンの作品は出るたびにチェックするというくらい気になって仕方のないミュージシャンなのですが、セールスの方も凄まじく、これまでにリリースしたアルバムの売上の合計はすでに数千万枚に到達しているとのことです。

でも、そういった情報を聴いても、“これだけ才能があるアーティストが評価されて良かった”という嬉しい気持ちしか湧いてこない、それくらいジョス・ストーンというミュージシャンは才能に溢れているのです。

そんな彼女が3年振りにリリースする新作『Water For Your Soul』からの先行公開、『Stuck on You』を聴きました。今作に関して“これまでとは違うの。レゲエ、ヒップホップ、R&Bといったいろんな要素をミックスさせたものになる。インド音楽や、もしかしたらアイリッシュ音楽の影響も混じるかも。すごく奇妙で、でもとてもクールなアルバムなの”と本人が語っていたそうですが、曲を聴いてみると確かに無国籍な空気を感じます。特にギターからはアラビアチックな匂いがし、ジョス・ストーンが新たな方向へ向かっていることが伝わってきます。




また、ヴォーカルもこれまでの“ソウル”という一言で片付けられるものではなく、様々な要素、表情の混じり合ったものになっており、ジョスの意欲を感じます。

正直、この音源がライヴであることと、一曲ではなんとも言えないということでアルバムに関してははっきりしないのですが、とりあえずはジョスの意気込みに期待してみたいと思います。ソウルを失うことになってしまうのか、新たなる飛躍となるのか、ちょっと怖い気がします。

アルバムのリリースは2015/7/22です!









いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2015/06/04 09:00 ] Jamie Woon Joss Stone | TB(0) | CM(0)

ジョデシィの新作『The Past, the Present, the Future』はどうだったのか?

ジョデシィの新作『The Past, the Present, the Future』はどうだったのか?




これは夢ではない!あのジョデシィが帰ってきてくれた!

さあ、どんな内容なの⁉︎と期待と不安がいっぱいのリスナーを迎え撃つのがオープニング・ナンバーである『Too Hot』。熱の入ったヴォーカルとセクシーなビート、そしてAVのラップと非の打ち所がなく、これがジョデシィだとの挨拶にはピッタリでしょう。

スロウなビートとコーラスの艶かしさ、ヴォーカルの色気が堪らない『Checkin For You』、実験的なビートを違和感なく乗りこなしながら、これまでにない魅力を感じさせてくれる『Those Things』、もう間違いない王道のバラード『Every Moment』、小気味好いビートとラップのように歌うヴォーカルが気持ちいい『Body など聴きごたえのあるナンバーが並んでいますが、個人的なベスト・トラックはカラフルなバックを排しピアノのみの伴奏に乗せて歌う『Jennifer』ですね。サウンドが少なくなることでヴォーカルの美しさや力強さが際立ち、圧倒的な歌世界を作り上げています。普遍的な魅力に溢れた名曲!ハモりも美し過ぎる!




B.o.Bを迎えた『Nobody Wins』は個人的にはちょっと期待外れの内容でした。

歳を重ねたせいか全体的に少しメロウな方向にサウンドがシフトしており、過去の作品を愛聴していた身としてはやはり昔のサウンドをという思いがありますが、それでも期待を裏切らない、ジョデシィの現在形を提示してくれた作品だと思います。ゆっくり時間をかけて現在のジョデシィに浸りたいと思います。








いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2015/05/09 09:00 ] Jamie Woon Jodeci | TB(0) | CM(0)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。