FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

なんとベイビーフェイスが10年ぶりとなるスタジオ・アルバム、『Return Of The Tender Lover』をリリース!そこから『We’ve Got Love』を公開!

なんとベイビーフェイスが10年ぶりとなるスタジオ・アルバム、『Return Of The Tender Lover』をリリース!そこから『We’ve Got Love』を公開!



ベイビーフェイスの新作ですよ!累計11度のグラミー賞を獲得しており、全米トップ10に入った楽曲はなんと100曲以上!という稀代のプロデューサー、ベイビーフェイス。近年もアリアナ・グランデの『Baby I』やビヨンセの『Best Thing I Never Had』 といったヒットを手がけ、アレサ・フランクリンら大御所のプロデュースなども手掛けており、また昨年にはトニ・ブラクストンとのデュエット・アルバム『Love, Marriage & Divorce』で歌手としても久々に復活しました。

しかし、オリジナル・アルバムとなると、07年のカバー集『Playlist』以来8年ぶり、オリジナル・スタジオ・アルバムとしては05年の『Grown & Sexy』以来実に10年以上ぶりとなります。その待望の新作のタイトルが『Return Of The Tender Lover』。甘いバラードが得意なベイビーフェイスにはぴったりのタイトルですよね!

現在先行公開されているのが『We’ve Got Love』というナンバーです。




これがいい!初期のベイビーフェイスっぽいメロウでありながら弾むリズムが心地良い素晴らしいナンバーです。演奏も隙がなく、もちろんベイビーフェイスのヴォーカルも文句のつけようがありません。

若い世代のリスナーの方にはあまりベイビーフェイスというアーティストに馴染みのない方もおられるかもしれませんが、まずはこの曲を聴いていただければ興味が湧くのではないでしょうか?

アルバムめちゃくちゃ楽しみですね!アルバムは2015/12/4発売です!












いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト
[ 2015/12/04 09:00 ] Babyface | TB(0) | CM(0)

注目の新人、チャーリー・プースが遂にデビュー・アルバム『Nine Track Mind』をリリース!

注目の新人、チャーリー・プースが遂にデビュー・アルバム『Nine Track Mind』をリリース!




名門バークリー音楽院で作曲やプロデュースを学び、その後ピットブルやジェイソン・デルーロ、トレイ・ソングスの作品にソングライターやプロデューサーとして参加、さらに映画『ワイルド・スピード SKY MISSION』のエンディング・ナンバーであるウィズ・カリファ『See You Again(feat. チャーリー・プース)』にヴォーカリストとし客演し、その『See You Again(feat. チャーリー・プース)』が全米シングル・チャート12週1位というメガヒットを記録して一躍時の人となったチャーリー・プース。

そして今年4月に、遂にチャーリー・プース自身の名義によるメジャー1stシングル「マーヴィン・ゲイ(feat. メーガン・トレイナ―)」を発表します。このナンバーがまた素晴らしい!




まず、なによりもチャーリー・プースの歌声!この甘いヴォイスはたまらない、この声でこのスウィートなメロディを歌われたら!

さらにサウンドもレトロ・ソウルといった甘いもので、こちらも最高!曲中にいくつものマーヴィン・ゲイの曲名が登場する遊び心もにやりとさせられます。

弱冠23歳のチャーリー・プース、これは目が離せない存在です!アルバムのリリースは2015/11/6です!












いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2015/10/05 09:00 ] Babyface Charlie Puth | TB(0) | CM(0)

ドレイク、ティンバランドといった超大物が絶賛のニュー・カマー、ブライソン・ティラーがデビュー・アルバム『TRAPSOUL』をリリース!

ドレイク、ティンバランドといった超大物が絶賛のニュー・カマー、ブライソン・ティラーがデビュー・アルバム『TRAPSOUL』をリリース!




ドレイクやティンバランドがSNSやメディアで紹介したことで大きな注目を集めている若手R&Bシンガー/ラッパー/ソングライター、ペン・グリフィンことブライソン・ティラー。

昨年ネット上にシングル『Don’t』を公開し、その甘いメロディとヴォーカルで注目を集めました。そして。続いてリリースした『Sorry Not Sorry』、『Been That Way』で大きな話題となり、いよいよ今年デビュー作『TRAPSOUL』をリリースします。

今流行りのR&Bといえば、ハールジーのような徹底的にソフィスティケイトされたベースとドラムによる高性能サウンドなのですが、ティラーの曲は『Sorry Not Sorry』と『Been That Way』のどちらでもチープな打ち込みのリズムで、これが大きな特徴と言えるでしょう。ただ、それを工夫で乗り越えているのがティラーの凄いところで、どちらの曲もリズム・パターンを聴いているだけで楽しめます。




さらに『Been The Way』はティラーのスウィートな声質とメロウなメロディが合わさってメロウ・ソウル好きにはたまらない仕上がりとなっています。

アルバムめっちゃ期待しています!アルバムのリリースは2015/10/2です!












いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2015/09/30 09:00 ] Babyface Bryson Tiller | TB(0) | CM(0)

注目の新人、ドーニクが8月にデビュー作『ドーニク』をリリース!アルバムより『Drive』を先行公開!

注目の新人、ドーニクが8月にデビュー作『ドーニク』をリリース!アルバムより『Drive』を先行公開!


【輸入盤】DORNIK ドーニク/DORNIK(CD)

【輸入盤】DORNIK ドーニク/DORNIK(CD)
価格:1,997円(税込、送料別)



先日このブログで紹介させていただいたディスクロージャーが所属するPMRレーベルと契約を果たし、いよいよデビュー・アルバムをリリースするシンガー/プロデューサー、ドーニク。

詳しい経歴などは不明ですが、現在公開されている『Drive』を聴くとかなり興味が湧いてきます。エレクトリックでゆったりとしたビートに柔らかく絡むギターのカッティングとフェンダーローズ。このメロウで温かみのあるソウル・サウンドに触れたら素通りはできないでしょう。ところどころファンクの要素も垣間見え、黒人音楽への強い愛情を感じます。




まだ一曲しか聴いていませんが、かなり期待できる才能だと思います。アルバムが楽しみ!アルバムのリリースは2015/8/21です!













いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2015/08/03 09:00 ] Babyface Dornik | TB(0) | CM(0)

参加しているメンツがとにかく凄い!デイム・ファンクの6年振りの新作『Invite The Light』を9月にリリース!そこから『We Continue』を公開!

参加しているメンツがとにかく凄い!デイム・ファンクの6年振りの新作『Invite The Light』を9月にリリース!そこから『We Continue』を公開!


Dam-funk / Invite The Light 輸入盤 【CD】

Dam-funk / Invite The Light 輸入盤 【CD】
価格:2,484円(税込、送料別)



13年にスヌープ・ドックと『7 Days of Funk』をリリースし大きな注目を集めたデイム・ファンク。最近では自身が大ファンであったというスレイヴのスティーヴ・アーリントンとコラボ『Higher』をリリースしています。

デイム・ファンクの音楽の特徴といえばねっとりとしたエレクトリック・ファンクで、その濃密なサウンドはかなり中毒性が高いです。

そしてデイム・ファンク名義では実に6年振りとなる『Invite The Light』が9月に登場とのニュースが入ってきました。そして、そのメンツが凄い!スヌープに関しては大きな驚きはありませんが、びっくりしたのがQ-ティップ!ア・トライブ・コールド・クエストではファンクといった要素はほとんど感じなかったのでこの組み合わせは意外でした。

オハイオ・プレイヤーズ(Ohio Players)の初期メンバーで、Pファンク(P-Funk)での活動で知られるジュニー・モリソン(Walter “Junie” Morrison)や、シャラマー(Shalamar)のメンバーだったことで知られるジョディ・ワトリー(Jody Watley)、さらには、70年代にシルヴァース(The Sylvers)として活躍し、シャラマーなど数々のアーティストをプロデュースした大御所リオン・シルヴァース三世(Leon Sylvers III)、その息子リオン・シルヴァース(Leon Sylvers IV)も参加。特にリオン・シルヴァース三世は、キャリア初期にデイム・ファンクを導いた師匠格でもあり、満を持しての師弟コラボとなりそうだ。
それ以外でも、スライ・ストーンの娘であるノヴィーナ・カーメル、デイム・ファンクとナイト・ファンクというユニットでも活動する女性シンガーのナイト・ジュエル、昨年8月に発表した無料EP『DUSK2DAWN』収録の“Higher”でもデイム・ファンクと共演したジェーン・ジュピターことキッド・シスターなどなど多彩なゲストが参加しており、非常に力の入った作品となりそうです。

そして今回公開されたのが『We Continue』という曲です。




曲の出だしから濃密なエレクトリック・ファンクが展開され、まさにデイム・ファンク・ワールド!テンポはスローでキーボードと相まって非常にセクシーな印象です。歌い上げるヴォーカルもグッときますし、これはいい!

『We Continue』を聴いただけでかなり力が入っている事が分かります。アルバムは見逃せないものになりそうですね!

アルバムは2015/9/20です!
















いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2015/07/14 09:00 ] Babyface DAM-FUNK | TB(0) | CM(0)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。