FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

シーンに衝撃を与えた名作、00年にリリースされたタヒチ80のデビュー作『パズル』がスペシャル・エディションで再発!

シーンに衝撃を与えた名作、00年にリリースされたタヒチ80のデビュー作『パズル』がスペシャル・エディションで再発!



93年にバンドを結成したフランスのポップ・グループ、タヒチ80。そのデビュー作『パズル』がリリースされたのは00年でした。

当時その透き通るようなポップ・サウンドは日本でも大きな話題となったことをよく覚えています。また、アルバムに参加したメンバーも豪華で、プロデューサーにIVYのアンディ・チェイス、ファウンテンズ・オブ・ウェインのアダム・シュレシンガー、カーディナルのエリック・マシューズがゲスト参加という、ポップ・マニアにはたまらない人選です。

さらに、アルバムのミックスはスウェーデンでトーレ・ヨハンセンの手によって行われたというこれまたたまらないエピソード!

アルバムを代表するナンバーといえば後に小山田圭吾によってリミックスもされる『Heartbeat』でしょう。

しかし、私が当時最も好きだったナンバーが、このアルバムのオープニング・ナンバーである『Yellow Butterfly』です。もうこの曲を聴いた瞬間、これがフランスか!と衝撃を受けました。とんでもなくメロディアスで清々しさに溢れたこのナンバー!もう名曲中の名曲です。




それ以外にもアルバム・ジャケットのような透き通ったポップ・ナンバーが目白押しで、キュートなメロディと弾むようなリズムがワクワクさせてくれる『Made First Never Forget』、ストリングスがはまり過ぎな『Swimming Suit』、サビのメロディが不思議と頭に残るアルバム・タイトル曲『Puzzle』、ストリングスだけでなくホーンとの相性の良さを見せてくれる『Things Are Made to Last Forever』などポップ・ファンにはたまらないでしょう。

一時期と比べると少し勢いを失っている感のあるタヒチ80ですが、この作品は多くの方に聴いていただくべきものだと思います。この機会にぜひ!

アルバムのリリースは2015/12/2です!












いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト
[ 2016/01/24 09:00 ] The Skids Tahiti80 | TB(0) | CM(0)

スウェード、来年リリース予定の新作『Night Thoughts / 夜の瞑想』より『Like Kids』を公開!

スウェード、来年リリース予定の新作『Night Thoughts / 夜の瞑想』より『Like Kids』を公開!

Suede スウェード / Night Thoughts 輸入盤 【CD】

Suede スウェード / Night Thoughts 輸入盤 【CD】
価格:1,847円(税込、送料別)



10年に再結成を果たし、その後コンスタントに作品をリリースしているスウェード。今回リリースされる『Night Thoughts / 夜の瞑想』は13年の『ブラッドスポーツ』に続く7作目のオリジナル・アルバムとなります。

全盛期までとはいかないものの、最近のスウェードには勢いを感じており、先日アルバムから第一弾の先行公開となった『Outsiders』は、実にスウェードらしいデカダンな雰囲気に彩られた素晴らしいナンバーでした。

そして今回公開された『Like Kids』もまた彼らの好調ぶりがうかがえる曲になっています。曲はかなりポップなのですが、どこか妖しい色気を感じるのはブレットのヴォーカルのせいでしょう。やはりこの魅力には抗しがたいものがあります。




これまでに公開された2曲を聴いてアルバムへの期待がものすごく高まります!これはかなりのものになるのでは?

アルバムのリリースは2016/1/29です!








いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2015/12/28 09:00 ] The Skids Suede | TB(0) | CM(0)

スコットランド出身のパワー・ポップ・バンド、スキッズのボックス・セット『The Virgin Years』が登場!

スコットランド出身のパワー・ポップ・バンド、スキッズのボックス・セットが登場!


【送料無料】 Skids / Virgin Years 輸入盤 【CD】

【送料無料】 Skids / Virgin Years 輸入盤 【CD】
価格:5,647円(税込、送料込)



77年に結成されたスキッズは日本での知名度は絶望的に低いですが、活動時はイギリスで高い人気を誇っていました。バンドは81年に4thアルバム『Joy』を残して解散してしまいましたが、06年には、U2とグリーン・デイが彼らのヒット曲『Saints Are Coming』をカバーし、全英チャート2位まで上がりました。

私がこのバンドを知ったのは布袋寅泰さんを通じてです。布袋さんがお気に入りの作品を紹介した書籍の中で取り上げられており、説明文には80年にリリースされたスキッズの3rdアルバム、『アブソルート・ゲーム』に対して、「これはカッコいいよね!ポップだし。特にスチュワート・アダムソンのギター・プレーには影響されたなあ」とあり、これだけ絶賛されるならとすぐに買いに行ったとことを覚えています。そして実際に音を聴いてみて、確かにポップさとドライブするギター、そして突っ走るリズムがたまらなく気持ちよかったです。

そんなスキッズのボックス・セットですが、なんと6枚組のヴォリュームになるようです!そしてこれまで日本未発売だった彼らのラスト・アルバム『Joy』も収録されています!

メーカーさんからの説明文を載せさせていただきます。

DISC1は19位(以下UKチャートでのランク)にランクされたデビューアルバム『Sacred To Dance』にボーナストラック8曲追加収録。ヒットシングル「Sweet Suburbia」(70位)「The Saints Are Coming」(48位)「Into The Valley」(10位)収録。




DISC2は32位にランクされたセカンドアルバム『Days In Europe』。「Working For The Yankee Dollar」(20位)「Charade」(31位)収録。ボーナストラックとしてモットザフープルの「All The Young Dudes」のカバーなどを収録。

DISC3は、9位にランクのアルバム『The Absolute Game』に『Strength Through Joy』を追加したもので「Circle Games」(32位)「Goodbye Civilian」(52位)「Woman In Winter」(49位)が収録されている。

DISC4は初CD化となる4Thアルバムの『Joy』に6曲のボーナストラックを追加収録してもの。

DISC5も初CD化となる『Days In Europe』のリミックスヴァージョン。「Masquerade」(14位)収録。1979年のBBCでのコンサートも収録。

DISC6は彼らの出演したジョンピールセッション全5回の音源を収録。こちらも初CD化。

40ページのブックレット付。
【収録曲】
Disc: 1
1. Into The Valley
2. Scared To Dance
3. Of One Skin
4. Dossier (Of Fallibility)
5. Melancholy Soldiers
6. Hope And Glory
7. The Saints Are Coming
8. Six Times
9. Calling The Tune
10. Integral Plot
11. Charles
12. Scale
13. Sweet Suburbia (Bonus Track)
14. Open Sound (Bonus Track)
15. Night And Day (Bonus Track)
16. Contusion (Bonus Track)
17. T.V. Stars (Live At The Marquee) (Bonus Track)
18. Charles (Bonus Track)
19. Reasons (Bonus Track)
20. Test Tube Babies (Bonus Track)

Disc: 2
1. Animation
2. Charade
3. Dulce Et Decorum Est (Pro Patria Mori)
4. Pros And Cons
5. Home Of The Saved
6. Working For The Yankee Dollar
7. The Olympian
8. Thanatos
9. A Day In Europa
10. Peaceful Times
11. Out Of Town (Bonus Track)
12. Another Emotion (Bonus Track)
13. Aftermath Dub (Bonus Track)
14. Grey Parade (Bonus Track)
15. Vanguard's Crusade (Bonus Track)
16. All The Young Dudes (Kid Jensen Session)

Disc: 3
1. Circus Games
2. Out Of Town
3. Goodbye Civilian
4. The Children Saw The Shame
5. A Woman In Winter
6. Hurry On Boys
7. Happy To Be With You
8. The Devils Decade
9. One Decree
10. Arena
11. Circus Games (7" Version) (Bonus Track)
12. Goodbye Civilian (7" Version) (Bonus Track)
13. Monkey Mcguire Meets Specky Potter Behind Lochore Institute (Bonus Track)
14. An Incident In Algiers
15. Grievance
16. Strength Thru Joy
17. Filming Africa
18. A Man For All Seasons
19. Snakes And Ladders
20. Surgical Triumph
21. The Bell Jar

Disc: 4
1. Blood And Soil
2. A Challenge (The Wanderer)
3. Men Of Mercy
4. A Memory
5. Iona
6. In Fear Of Fire
7. Brothers
8. And The Band Played Waltzing Matilda
9. The Men Of The Fall
10. The Sound Of Retreat
11. Fields
12. Iona (7" Version 1) (Bonus Track)
13. Blood And Soil (7" Version) (Bonus Track)
14. Iona (7" Version 2) (Bonus Track)
15. Fields (7" Version) (Bonus Track)
16. Brave Man (7" Version) (Bonus Track)
17. Brave Man (12" Version) (Bonus Track)

Disc: 5
1. Animation
2. Charade
3. Dulce Decorum Est (Pro Patria Mori)
4. The Olympian
5. Home Of The Saved
6. Working For The Yankee Dollar
7. Thanatos
8. Masquerade
9. A Day In Europa
10. Peaceful Times
11. Of One Skin (BBC In Concert March 1979)
12. Melancholy Soldiers (BBC In Concert March 1979)
13. Scared To Dance (BBC In Concert March 1979)
14. Integral Plot (BBC In Concert March 1979)
15. Scale (BBC In Concert March 1979)
16. Into The Valley (BBC In Concert March 1979)
17. The Saints Are Coming (BBC In Concert March 1979)
18. Night And Day (BBC In Concert March 1979)
19. Walk On The Wild Side (BBC In Concert March 1979)

Disc: 6
1. Of One Skin (John Peel Session May 1978)
2. Open Sound (John Peel Session May 1978
3. Contusion (John Peel Session May 1978
4. Night And Day (John Peel Session May 1978
5. T.V. Stars (John Peel Session May 1978
6. Dossier Of Fallibility (John Peel Session September 1978)
7. Hope And Glory (John Peel Session September 1978)
8. Six Times (John Peel Session September 1978)
9. The Saints Are Coming (John Peel Session September 1978)
10. Summer (John Peel Session February 1979)
11. Hang On To The Shadows (John Peel Session February 1979)
12. Zit (John Peel Session February 1979)
13. Walk On The Wild Side (John Peel Session February 1979)
14. War Poets (John Peel Session May 1979)
15. Withdrawal Symptoms (John Peel Session May 1979
16. Hymns From A Haunted Ballroom (John Peel Session May 1979
17. Masquerade (John Peel Session May 1979
18. Filming Africa (John Peel Session September 1980)
19. An Incident In Algiers (John Peel Session September 1980)
20. Circus Games (John Peel Session September 1980)
21. Snakes And Ladders (Instrumental) (John Peel Session September 1980)

とのことです。私はめちゃくちゃ楽しみです!アルバムは現在発売中です!








いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2015/12/08 09:00 ] The Skids | TB(0) | CM(0)

スクイーズが5年ぶりとなる新作『Cradle To The Grave』をリリース!

スクイーズが5年ぶりとなる新作『Cradle To The Grave』をリリース!




スクイーズの新作ですよ!と言ってもどれだけの方が反応してくださるのか分かりませんが、このブログで多分一番記事が多いのはスクイーズかクラウデッド・ハウスではないでしょうか。それくらいこのグループの音楽が好きなのです。

今回リリースされたのはバンドの14作目となるアルバムで、ポール・マッカートニー、フローレンス&ザ・マシーン、スティービー・ワンダー他多数のミュージシャンとセッションを行ってきた、女性ベーシスト、ルーシー・ショウが参加していることが大きな話題となっています。

しかし、アルバムを聴いてみるともう徹頭徹尾スクイーズなんですよ。たまらん!どの曲にもスクイーズらしい、正統派英国ポップの伝統が息づいています。

その中でも個人的に好きな曲は、非常にスクイーズらしいメロディを持つオープニング・ナンバーにしてアルバムのタイトル曲『Cradle to the Grave』、まるでブームタウン・ラッツの名曲『I Don’t Like Monday』のようなピアノからスタートする『Nirvana』、美しいメロディとサビでのハモりが素晴らしい『Beautiful Game』、これまたスクイーズらしい『Happy Days』、イントロのメロディで完全にハートを鷲掴みされる『Open』、明るいポップ・ソングでありながら同時に職人の技を感じる『Only 15』など、とにかくスクイーズの素晴らしさを堪能できる名曲がぎゅっと詰まっています。




レノン&マッカートニーとも比較されるティルフォード&ティルブリックですが、新作でもその才能が存分に発揮されています。キャリアの長いベテランにありがちな、なかなかの良作といったものではなく、シンプルに素晴らしい作品だと思います!












いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2015/11/02 09:00 ] The Skids Squeeze | TB(0) | CM(0)

スウェードが来年1月にニュー・アルバム『Night Thoughts』をリリース!そこから『Outsiders』を公開!

スウェードが来年1月にニュー・アルバム『Night Thoughts』をリリース!そこから『Outsiders』を公開!



ブリット・ポップ前夜の89年に結成され、イギリスの音楽シーンを引っ張ってきた存在だったスウェード。03年に一度解散したものの10年に再結成を果し、13年には02年以来のアルバムとなる『Bloodsports』をリリースしました。

それから3年、来年ついにニュー・アルバム『Night Thoughts』がリリースされます!現在公開されているのは『Outsiders』という、タイトルからしてまさにスウェードな曲なのですが、曲も背徳感溢れるサウンドとデカダンスな魅力が詰まったファンなら大満足できるものになっています。ブレッドの声を聴いた瞬間に完全にスウェードの音楽という感じなのですが。




サビでの切なさと隣り合わせのゴージャスな美しさはやはりブレットのナルシシズムあってこそでしょう。素晴らしい!

この曲からはスウェードの全盛期に近い勢いを感じました。アルバムに期待大です!アルバムのリリースは2016/1/29です!








いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2015/10/29 09:00 ] The Skids Suede | TB(0) | CM(0)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。