FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

これは楽しみ!スペインのマドリッドを拠点に活動するガールズ・バンド、ハインズがデビュー・アルバム『Leave Me Alone』をリリース!そこから『Chili Town』を公開!

これは楽しみ!スペインのマドリッドを拠点に活動するガールズ・バンド、ハインズがデビュー・アルバム『Leave Me Alone』をリリース!そこから『Chili Town』を公開!




なんかまたハイプが聞こえてきましたよ!メディアの記事によると” NME、ピッチフォーク、The Guardianなどなど、各メディア騒然。今、世界で一番勢いのあるガールズ・バンド、ハインズがデビュー”だそうです。

これまでにもこういったことは腐るほど見てきたので、いつも警戒してしまうのですが、今回アルバムに先駆けて公開された『Chili Town』を聴いて確信しました、これは本物!




もともとギターとヴォーカルをそれぞれ担当するアナとカルロッタが組んでいおり、2曲入りのデモを発表したところNMEやガーディアンで注目を集め、そこに親しい友人であるベースのアデとドラムのアンバーが加入して現在のラインナップになったとのことです。

ザ・リバティーンズ、ザ・ヴァクシーンズ、ブラック・リップス等のサポート・アクトのサポート・アクトを務めたという経歴から分かるように、ローファイなガレージ・サウンドで、これがかっこいい!

現在アルバムから公開されている『Chili Town』でのぶっきらぼうなヴォーカル、スカスカな音、くしゃっと響くドラム、全てが投げやりなようでありながら何故かロックの本質を感じます。

また、すでにシングル・カットされている『Garden』、これがめちゃくちゃかっこいい!この刻むギターが完全にリバティーンズ!このざらついたサウンドが血をたぎらせます!サビ前からチキチキ刻んでくるドラムもたまりません。サビは超キャッチーだし、これはみなさん好きなのでは?

私はこの2曲を聴いて俄然興味が湧いてきました。要注目です!












いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト
[ 2015/12/20 09:00 ] Hinds | TB(0) | CM(0)

ホット・チップがブルース・スプリングスティーンの名曲『Dancing in the Dark』をカヴァー!

ホット・チップがブルース・スプリングスティーンの名曲『Dancing in the Dark』をカヴァー!



英ロンドンで00年に結成されたエレクトロ・ポップ・バンド、ホット・チップ。アンダーグランド色の強い独自の音楽性はこれまでにも大きな注目を集めており、今年5月にリリースされたアルバム『ホワイ・メイク・センス?』は私も愛聴した作品です。

そんな彼らが今月23日に『Dancing In The Dark』というEPを発売したのですが、このタイトルを見た瞬間に”もしかして!?”と思ったあなたは大正解です!そう、ブルース・スプリングスティーンが84年にリリースし、彼を世界的なスターへと押し上げた名盤『ボーン・イン・ザ・USA』に収録されていた名曲です。




私はこの曲が大好きで本当に何度も聴いてきたので、どのように料理されているのか非常に興味があったのですが、聴いてみた率直な感想は、まあまあです。

ホット・チップらしくアンビエントなエレクトロ・ポップに仕上げており、切り口としては面白いと思いますが、やはりタイトルにあるように、暗闇で踊るような躍動感がたまらない曲であり、そこに最も魅力を感じていたのでその点ではがっかりとさせられました。

オリジナルのメロディーは忠実に再現されていますし、ホット・チップの良さも感じられますので、こういったサウンドが好きな方にはいいですね。








いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2015/11/13 09:00 ] Hinds Hot Chip | TB(0) | CM(0)

フージアーズが1年半振りとなるニュー・アルバム『The Secret Service』をリリース!そこから『The Wheel Fell Off』を公開!

フージアーズが1年半振りとなるニュー・アルバム『The Secret Service』をリリース!そこから『The Wheel Fell Off』を公開!




03年に結成されたイギリスのポップ・ロック・バンド、フージアーズ。デビュー・アルバム『The Trick to Life』がいきなりUKチャート1位を獲得し、その後リリースされた3枚のスタジオ・アルバムもコンスタントなセールスを記録しています。

そんなフージアーズの1年半振りとなる新作『The Secret Service』から『The Wheel Fell Off』が公開されました。




私はこのバンドは初めて聴いたのですが、正直この曲からはあまり魅力を感じませんでした。メーカー資料には” シンガロング必至、ライブアンセムとなること間違いなしで、ポップでコミカルなフージアーズ健在!”とあったのですが、メロディ、演奏ともに凡庸という印象であまりピンときませんでした。

次の公開曲を楽しみにしたいと思います。アルバムのリリースは2015/10/9です!









いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2015/09/22 09:00 ] Hinds The Hoosiers | TB(0) | CM(0)

これは聴いて欲しいグループ、ホット・チップのニュー・アルバム『Why Make Sense』5月にリリース予定!『Huarache Lights』を公開!

これは聴いて欲しいグループ、ホット・チップのニュー・アルバム『Why Make Sense』5月にリリース予定!『Huarache Lights』を公開!




ホット・チップというグループをご存知でしょうか?2000年に英ロンドンで結成されたエレクトロニック・バンドですが、これまでに5枚のスタジオ・アルバムをリリースしており、グラミー賞やマーキュリー・プライズにもノミネートされたことがあり、その大きな要因となったのが彼らの代表曲ともいえる『Over and Over』でしょう。06年にリリースされた2ndアルバム『The Warning』に収録されたこの曲は、その年のNMEのベスト・シングルに選出されました。

そして、いよいよ今年の5月にリリースされる新作『ホワイ・メイク・センス?』から『Huarache Lights』が公開されました。ホット・チップの特徴であるストレンジでユニークなエレクトロニック・サウンドが存分に発揮されていながら、同時にとんでもなくポップなメロディを持っており、彼らが新たなステージに進んでいることを実感させられます。また、後半に現れる曲調は、彼らが影響を受けたというクラフトワークのようでこれもグッドです。




ホット・チップのサウンドは彼らにしか出すことのできないオリジナリティーに溢れたもので、これをぜひ多くの方に聴いていただきたいと思います。





いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2015/02/28 09:00 ] Hinds Hot Chip | TB(0) | CM(0)

Humble Pie(ハンブル・パイ)- 『パフォーマンス~ロッキン・ザ・フィルモア/コンプリート・レコーディングス』

ハンブル・パイの絶頂期のパフォーマンスを収めたライヴ・アルバム、『パフォーマンス~ロッキ ン・ザ・フィルモア』が4枚組で再発!




ハンブル・パイと聞いてまず思い浮かぶのが、スティーヴ・マリオットとピーター・フランプトンの二人の名前だと思います。スティーヴ・マリオットは元スモール・フェイセス、ピーター・フランプトンは元ザ・ハードというどちらも成功したグループの中心人物ということで、ハンブル・パイはスーパー・グループとしてもてはやされました。

69年にデビューした彼らの商業的に最も成功を収めたのが71年にリリースされた『ロック・オン』です。そして今回豪華仕様で再発されるのが同年にリリースされた、当時のライヴを収めた作品『パフォーマンス~ロッキン・ザ・フィルモア』です。このアルバムはライヴ盤としては異例のヒットとなり、全米チャートの21位までのぼり、ゴールド・ディスクを獲得しました。

しかし、この作品がリリースされる頃にはピーター・フランプトンはバンドを去っており、バンドはスティーヴ・マリオットの志向するブルージーなサウンドへと突き進んでいきます。個人的にはフランプトン脱退後のよりソウルフルになったマリオットのヴォーカルが前面に出てきたサウンドの方が好きなのですが、一般的には『ロック・オン』と『パフォーマンス~ロッキン・ザ・フィルモア』の2作がハンブル・パイを代表する作品ということになっています。

確かにセールス面で大きな成功を収めただけに、マリオットのソウルフルなヴォーカルと、フランプトンの華やかなギターが織りなすサウンドは聴いていて楽しいものですし、クオリティも高いものになっていると思います。今回の再発で1971年の傑作ライヴ・アルバム『パフォーマンス~ロッキン・ザ・フ ィルモア』に収録された音源以外は、すべて未発表音源ということで、以前の作品を持っている方も気になる作品ですね。

発売は2013/11/27です。









いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2013/11/08 09:00 ] Hinds Humble Pie | TB(0) | CM(0)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。