FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

美しいメロディでシーンを席巻しているフォーク・ロック・デュオ、シーフレットがついにデビュー作『Tell Me It’s Real』をリリース!そこから『Wildfire』を公開!

美しいメロディでシーンを席巻しているフォーク・ロック・デュオ、シーフレットがついにデビュー作『Tell Me It’s Real』をリリース!そこから『Wildfire』を公開!



イングランド地方の海辺の街ブリドリン出身のハリー・ドレイパー(g)とジャック・セドマン(vo)によるフォーク・ロック・デュオ、シーフレット。もともとは彼らの故郷をイメージする”海”と、ギターの”フレット”をかけた造語だったのですが、のちに”北海に立ちこめる霧“を指すことを知ったとの事です。

現在はロンドンに拠点を移して活動しているとのことですが、とにかくメロディがいい!現在公開されている『Wildfire』を聴いてみるとその素晴らしさがよくわかります。




基本はアコースティックギターとヴォーカルという非常にシンプルなもので、リズムも落ち着いたものなのですが、何かぐっとくるものがあります。単なるアコースティックなサウンドとは違い、ロック的なダイナミズムをどこかに感じるのです。これがシーフレットを特別な存在にしている大きな要因だと思われます。

そして何より声ですよね!この声質は反則!これはたまらん。グッドメロディにこの声が乗っかったらそれはいいに決まっているでしょう!

”フォーク・ロック”というだけあって単なるフォーク・サウンドでは終わっていないですね。

本当に新作が待ち遠しい!アルバムのリリースは2016/1/29です!








いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト
[ 2016/01/12 09:00 ] Seafret | TB(0) | CM(0)

シェパード3兄弟率いるオーストラリアで爆発的な支持を得ているシェパード!

シェパード3兄弟率いるオーストラリアで爆発的な支持を得ているシェパード!


Sheppard / Bombs Away 輸入盤 【CD】

Sheppard / Bombs Away 輸入盤 【CD】
価格:1,710円(税込、送料別)



シェパードというグループをご存知ですか?私はある記事で目にするまで全く知らなかったのですが、パプアニューギニアで育ち、若い頃にオーストラリアへ移住したシェパード3兄弟が中心となって結成されたグループで、昨年7月に『Bombs Away』でオーストラリア・デビューしたのですが、そのアルバムに収録されていた『Geronimo』という曲がARIAシングル・チャートで3週連続1位を獲得し、約2ヶ月で4xプラチナを打ち上げる大ヒットとなりました。

結果シェパードはARIAミュージック・アワードの“Album of the Year”、“Best Group”、“Best Independent Release”、“Best Pop Release”、“Song of the Year”、“Producer of the Year”、“Best Video”の7部門にノミネートされました。こういった大成功も『Geronimo』があってのことなのだと思えるくらいこの曲の過熱ぶりは凄まじいものがあります。

じゃあ実際のクオリティはどうなの?と聴いてみたら…確かにこれは売れますね。出だしの軽快なギターのリズムと清涼感MAXなヴォーカルの気持ち良さ!サビではさらにアタック感が加わり盛り上がり間違いなしですね。ただ、正直そこまでいいか!?という思いがあったのも事実です。確かに聴いていて気持ちの良い曲なのですが、超名曲!という感じではないですね。











いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2015/04/09 09:00 ] Seafret Sheppard | TB(0) | CM(0)

シミアン・モバイル・ディスコが8月にリリース予定の新作『ウァール』より『Tangents』を公開!

シミアン・モバイル・ディスコが8月にリリース予定の新作『ウァール』より『Tangents』を公開!




05年に英ロンドンでジェイムス・フォードとジェイムス・ショーによって結成されたエレクトリック・デュオ、シミアン・モバイル・ディスコ。ミューズやクラクソンズなどのリミックスで知名度を上げ、07年にデビュー作『Attack Decay Sustain Release』をリリース、その後も09年の『Temporary Pleaseure』、12年の『Unpatterns』とコンスタントに作品をリリースし着実にファンを増やしています。

シミアン・モバイル・ディスコのサウンドは、レイヴやテクノなどのジャンルを飲み込んだエレクトリック・サウンドが中心ですが、ジェイムス・フォードがロック・バンド出身ということもあり、ロックを中心に聴いているリスナーへの垣根がないのが特徴とも言えます。

今回公開されたのは今年8月にリリースが予定されているニュー・アルバム『ウァール』からのナンバー『Tangents』で、これは素晴らしい!音はエレクトリック主体なのですが、決して退屈だったり難解だったりということはなく、音の変化を素直に楽しめる作りになっています。




こういった音楽であれば普段エレクトリックものを聴かないリスナーの方にもお薦めですね!ニュー・アルバムの発売は2014/8/27です!













いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2014/08/12 09:00 ] Seafret Simian Mobile Disco | TB(0) | CM(0)

Sebadoh(セバドー)- 『Defend Yourself(ディフェンド・ユアセルフ)』 [ロック 名盤]

アメリカ・インディー・シーンのパイオニア、セバドーがまさかの新作!




ダイナソーJr.のベーシストとして紹介されることの多いルー・バーロウ。確かに知名度からいえば仕方ないことなのかもしれませんが、アメリカ・インディー・シーンを代表するバンド、セバドー、そしてフォーク・インプロージョンの中心的な存在としての評価が低すぎるとも感じます。

99年の『The Sebadoh』以来実に14年振りの新作となる『Defend Yourself』は実に嬉しいサプライズです。90年代前半にはガイディッド・バイ・ヴォイシズやペイヴメントとともに、“ローファイ”というジャンルで活躍していたセバドー。個人的には91年の『Sebadoh Ⅲ』を本当によく聴きました。粒子の荒い音質とぶっきらぼうな演奏、その奥に垣間見える甘いメロディ。そんなサウンドが気持ち良くて繰り返し、繰り返し聴きました。

最近ダイナソーJr.の活動も活発ですし、ルー・バーロウの調子も良さそうです。久し振りにあのサウンドに出会えるのかな。

アルバムは現在発売中です。












いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2013/10/15 09:00 ] Seafret Sebadoh | TB(0) | CM(0)

Sex Pistols(セックス・ピストルズ)- Never Mind the Bollocks Heres the Sex Pistols (勝手にしやがれ!)35周年記念盤 [ロック 名盤]

ロンドン・パンクの原点、セックス・ピストルズの『Never Mind The Bollocks, Here's The Sex Pistols』の35周年記念盤が、3CD+DVDボックスと2CDでリリース!




これはとんでもないお宝の登場です!パンクの歴史の中で最も重要であり、最も大きな影響を与えた世紀の名盤、セックス・ピストルズの『勝手にしやがれ!』が3CD+1DVDというボリュームで登場です。

気になる内容ですが、まずファンにとって衝撃となるであろうニュースが1977年のオリジナル・マスターテープが見つかったということです。それに2012年の最新のリマスターを施した音になっているとのことで、これまでに聴いたことのないサウンドであの名盤を聴くことが出来ます!

さらに超レアな『Belsen Was A Gas』が収録されたり、様々なアウトテイクやデモ、ライブ音源などが収録されとにかく興奮が止まらない内容です。後進のバンドに与えた影響の大きさからは信じられないくらいの短い活動期間であったセックス・ピストルズ。その短い期間の中で彼らが残したものを味わい尽くすことのできるこれ以上ないくらいのお宝でしょう。

それでは解説文を。

Velvet Underground『Velvet Underground & Nico』、Nirvana『Nevermind』等と並んで、ロック史において最も影響を与えたアルバムの一つ、『Never Mind The Bollocks, Here’s The Sex Pistols』の35周年記念3CD+DVDボックスと2CDデラックス・エディション。

長らく紛失されたと考えられていた1977年のオリジナル・マスター・テープが遂に発見され、数多くの幻の音源がオリジナル・プロデューサーChris Thomasの監修による2012年リマスターを施され、本作に収録されることになった。中でも、世界中の超コアなファンでさえ聴いたことがなかった 「Belsen Was A Gas」の1977年9月19日レコーディング・ヴァージョンが遂に初お目見え。さらに、悪名高いブートレッグ『Spunk』で存在が明らかになった6曲 のデモ音源が初めてオリジナル・マスター・テープからのリマスターで復刻。他にも未発表だったChris Thomas秘蔵のデモ音源、1977年レコーディングのアウトテイク、シド・ヴィシャス(b)が参加したデモ音源、3CD+DVDボックスには、さらに ライヴ音源、秘蔵映像など、まさにファン垂涎のお宝音源が盛り沢山!

[3CD+DVDボックス収録予定アイテム] ※2CD盤には下記CD1とCD2を収録
●CD1:オリジナル収録12曲の2012年リマスター音源 / Chris Thomas監修
●CD2:1977年レコーディング時のレア音源+シングルB面曲 / 伝説の未発表音源「Belsen Was A Gas」1977年9月19日録音ヴァージョンが遂に初音源化
●CD3:1977年ライヴ / ほとんどが未発表の1977年ライヴ音源
●DVD:1977年ライヴ / ジュリアン・テンプル監督が制作。数々の未発表ライヴ・パフォーマンス、プロモ・ビデオ、インタヴュー・シーンを収録
●1977年ダイアリー:1977年のSex Pistolsダイアリー。ハード・カヴァー100ページ。レアな写真やメモなどを掲載。
●レプリカ・7インチ・シングル:A&Mからリリースされた「God Save The Queen」シングルのレプリカ
●レプリカ・ポスター:プロモーション用ポスターのレプリカ
●ステッカー:オリジナルのアルバム・プロモ・ステッカーを復刻
●歌詞:オリジナル歌詞を掲載。「God Save The Queen」の手書きオリジナル歌詞のコピーも。

(メーカーインフォメーションより)

『Never Mind The Bollocks, Here's The Sex Pistols』(3CD+DVD)トラックリスト
※ 2CD盤には下記CD1とCD2のみ収録  ※ 3CD+DVDは限定生産商品

[ CD1 : Never Mind The Bollocks Here's The Sex Pistols ]
(オリジナル・マスター・テープからの2012年リマスター ※オリジナル・プロデューサーChris Thomas監修)
01. Holidays In The Sun
02. Bodies
03. No Feelings
04. Liar
05. God Save The Queen
06. Problems
07. Seventeen
08. Anarchy In The UK
09. Submission
10. Pretty Vacant
11. New York
12. EMI

[ CD2 : 1977 Studio Rarities & B-Sides ]
- The single b-sides remastered -
01. No Feeling
02. Did You No Wrong
03. No Fun
04. Satellite

- Dave Goodman Jan 1977 demos recorded at Gooseberry Studios -
(ブートレッグ『Spunk』で世に出た6曲をオリジナル・マスター・テープからの2012年リマスターで完全復刻)
05. New York (Demo Version)
06. Unlimited Edition (Demo Version of 'EMI')
07. Liar (Demo Version)
08. Pretty Vacant (Demo Version)
09. Problems (Demo Version)
10. No Future (Demo Version of 'God Save The Queen')

- Chris Thomas Demo's & Outtakes -
(未発表音源(「Submission」を除く) ※オリジナル・マスター・テープからの2012年リマスター)
11. Did You Know Wrong (Alternative Vocal - March 3rd 1977)
12. 17 (Alternative Vocal - April 21st 1977)
13. Satellite (Rough Mix - April 22nd 1977)
14. Submission (Rough Mix - April 22nd 1977)
15. Holidays In The Sun (Rough Mix - April 22nd 1977)
16. EMI (Rough Mix - April 22nd 1977)
17. 17 (Rough Mix - May 16th 1977)
18. Holidays In The Sun (Alternative Mix - June 11th 1977)
19. Bodies (Demo Version of 'Bodies'- June 11th 1977)
20. Submission (Alternate Mix - August 12th 1977)
21. Belsen Was A Gas (original demo) (19 September 1977)
※21.はジョン・ライドンのヴォーカルによる伝説のオリジナル・デモの、オリジナル・マスター・テープからの2012年リマスター

[ CD3: 1977 Live ]
- Ssamfundet Club, Trondheim, Norway - 21st July -
01. Anarchy In The U.K.
02. I Wanna Be Me
03. 17
04. New York
05. EMI
06. No Fun
07. No Feelings
08. Problems
09. God Save The Queen

Happy House, Stockholm, Sweden - 28th July - (未発表音源)
10. Anarchy In The UK
11. I Wanna Be Me
12. 17
13. New York
14. EMI
15. No Fun
16. No Feelings
17. Problems
18. God Save The Queen
19. Pretty Vacant
20. No Fun

[ DVD: 1977 ]
- Riverboat Party, The River Thames, London - 7th July -
01. Pretty Vacant
02. Anarchy In The UK
03. Problems

Happy House, Stockholm, Sweden - 28th July - (未発表音源)
04. Anarchy In The UK
05. I Wanna Be Me
06. Seventeen
07. New York
08. Problems
09. No Fun

- S.P.O.T.S. Tour - Winter Gardens, Penzance, Cornwall – 1st September - (未発表音源)
10. Problems
11. No Fun
12. Anarchy In The UK

- DVD EXTRA'S -
God Save The Queen (video)
Pretty Vacant (video)
Holidays In The Sun (video)
The HeyDay Interviews.

Interviews by Judy and Fred Vermorel recorded in August 1977
with: a. Steve Jones b. Paul Cook c. John Lydon d. Sid Vicious e. Glen Matlock
05. BBC, Radio 1, Rock On, December 12th 1977

– John Tobler interview with John and Sid (previously unheard full uncensored version)


発売は2012/10/31です。






こちらは2枚組バージョンです。










いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2012/09/04 09:00 ] Seafret Sex Pistols | TB(0) | CM(0)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。