FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Lady(レディ)- 『Lady(レディ)』 [ソウル 名盤]

21世紀のスウィート・レディ・ソウル!





これは楽しみな作品がリリースされます。あのアロー・ブラックの『Good Things』をトータル・プロデュースしたジェフ・シルヴァーマンとリオン・エル・ミシェルズの二人が送り出すとなれば、期待も高まるってもんです。

アロー・ブラックといえば、ヒップ・ホップ・ユニット、エマノンの一人としてシーンに登場してから、次第に作品の枠を広げていき、最早ヒップ・ホップという枠には収まらないアーティストになっています。『Good Things』はそんなアロー・ブラックの才能を存分に発揮した素晴らしい作品でした。

その『Good Things』をプロデュースした二人が、今度は女性二人組をサポートするとなると、これはまた相当洗練されていると同時に、革新的な音が聴けるのではと期待してしまいます。

しかも、その二人が単なる新人アーティストではないのです。R&Bシーンで既にそれなりの知名度を獲得しているテリー・ウォーカーと、98年にミッシー・エリオットのバックアップを受けデビューし、なかなかの作品を残したニコールというR&Bファンには馴染みのある二人なのです。

実力は既に実証済み。ジェフ・シルヴァーマンとリオン・エル・ミシェルズと組み合わさることで、どんなマジックを起こしてくれるのでしょうか。現在先行公開されている『Money』は、オールド・スクールなソウルの香りを持った明るいナンバーで、ピアノと二人のヴォーカルが元気を与えてくれます。

それでは解説文を。

アロー・ブラックのアルバム『Good Things』のトータルプロデュースを担ったジェフ・シルヴァーマンとリオン・エル・ミシェルズのゴールデンコンビが新たに送り出すフィメール・シンガー・デュオ、Lady(レディ)!

メンバーは、Def Jam UKからデビューし、最近はデイモン・ダッシュのレーベルで活躍していたテリー・ウォーカーと、ミッシー・エリオットのバックアップで98年にニコール名義でデビューし、その後なかなか新作を出せずに不遇の時期が続いたニコール・レイという各々ソロで活躍していたアーティスト同士という R&Bフリークにはたまらない組み合わせ!

所謂、メインストリームのR&Bシーンを歩んできた二人が、このLadyでは60年代ソウルのメロウネスやポップス、さらにヒップホップや R&Bのリズムをブレンドさせたジェフとリオンの作り出すオーセンティックでありながらも新しさも感じさせる世界に、見事ヴォーカルで答えていま す。

またインフォメーションによると、彼女達の母親と精一杯生きる全ての女性に捧げた「Sweet Lady」という曲は彼女たち、「Lady」の全てが集約されている感動的な楽曲だそう。 最近好調な名門Truth & Soulからのリリースということもあり、傑作の予感!期待です!

発売は2013/3/20です。






こちらがアロー・ブラックの名盤『Good Things』です。








いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト
[ 2013/02/23 09:00 ] Jamie Woon Lady | TB(0) | CM(0)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。