FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Joao Gilberto(ジョアン・ジルベルト)- Warm World of [ワールド 名盤]

ジョアン・ジルベルトの最初期のコンプリート音源が登場!




 『ボサノヴァの神様』などと呼ばれるジョアン・ジルベルトですの、最初期の音源が登場です。1958年というと、アントニオ・カルロス・ジョビンと出会ったあと、エリゼッチ・カルドーゾのアルバムに参加していた時期で、翌年1959年にはアントニオ・カルロス・ジョビン、ヴィニシウス・ヂ・モライらと『想いあふれて』を録音し、これが最初のボサノヴァ・ソングと言われることとなります。

 そんな時期のコンプリート音源ですので、一気にジョアン・ジルベルトの音楽が聴けるのも嬉しいですし、ボサノヴァという音楽を発明することで自信を得た彼が、次々と名作を生み出していく過程をなぞることができるのも楽しいですね。

 そして目玉は、24ビット・デジタル・リマスターということですね。繊細なタッチが命のボサノヴァのギター、そして優しい歌声。このリマスターによってどのように表情を変えるのでしょうか。

 それでは解説文を。


ボサ・ノヴァの神様ジョアン・ジルベルトの最初期1958-1961年に録音されたコンプリートな録音全39曲を24ビット・デジタル・リマスターで蘇らせた新編集盤の登場です。

"Chega de Saudade(1959)"、"Joao Gilberto(1959年の33回転シングル)"、"O amor, o sorriso e a flor(1960)"、 "Joao Gilberto(1961)"の4枚のアナログから全曲に、オリジナル・アルバム未収録の1曲をプラスしています。録音データ、全歌詞なども完備した 20ページのブックレット付き。美麗デジパック装。 (メーカー資料より)

●Tracks #1-12 from "Chega de Saudade"
Music arranged and conducted by A.C. Jobim.
João Gilberto (guitar, vocals). Musicians featured in these sides: Nicolino Cópia “Copinha” & Jorge
Ferreira da Silva "Jorginho" flute; Edmundo Maciel, trombone, Milton Banana (Antonio de Souza),
drums; Guarany, percussion; Juquinha, triangle, Rubens Bassini, bongo; Milton, Acyr e Edgardo,
choir.

●Tracks #13-14 from "João Gilberto"
João Gilberto (guitar, vocals) with Orchestra.

●Tracks #15-26 from "O amor, o sorriso e a flor"
João Gilberto (guitar, vocals) with orchestra arranged and conducted by Antonio Carlos Jobim
Track #21: Guitar solo, arranged by João Gilberto

●Tracks #27-38 from "João Gilberto"
Tracks #27-31: João Gilberto (guitar, vocals) with Walter Wanderley Group
Tracks #32-35: with orchestra arranged by Jobim
Tracks #36 & 37: with Jobim (piano) and rhythm
Track #38: Gilberto accompanies himself on guitar

●Track #39 Not issued in the original album
Track #39: Gilberto with Jobim (piano) and rhythm

内容詳細
(以下レーベルサイトより)

曲目リスト
1 Chega De Saudade
2 Bim Bom
3 Ho Ba La La La
4 Desafinado
5 Brigas, Nunca Mais
6 Morena Boca De Ouro
7 Maria Ninguem
8 Lobo Bobo
9 Aos Pes Da Cruz
10 E Luxo So
11 Saudade Fez Um Samba
12 Rosa Morena
13 Manha De Carnaval
14 O Nosso Amor / A Felicidade
15 So Em Teus Bracos
16 Se E Tarde Me Perdoa
17 Meditacao
18 Corcovado
19 Discussao
20 Amor Certinho
21 Um Abraco No Bonfa
22 Doralice
23 Samba De Uma Nota So
24 O Pato
25 Outra Vez
26 Trevo De 4 Folhas (I'm Looking Over A Four Leaf Clover)
27 Bolinha De Papel
28 Samba Da Minha Terra
29 Saudade Da Bahia
30 Trenzinho (Trem De Ferro)
31 Presente De Natal
32 O Barquinho
33 Insensatez
34 O Amor Em Paz
35 Coisa Mais Linda
36 Voce E Eu
37 A Primeira Vez
38 Este Seu Olhar
39 Este Seu Olhar(Bonus Track)

アルバムは現在発売中です。









いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト
[ 2012/05/29 09:52 ] 速報 | TB(1) | CM(0)

Monochrome Set(モノクローム・セット)- Strange Boutique(ストレンジ・ブティック)、Love Zombies(ラヴ・ゾンビーズ) [ロック 名盤]

まじっすか!?モノクローム・セットのオリジナル・アルバム2枚が奇跡の再発!




 これは嬉しい!あのモノクローム・セットですよ!!79年にバンドを結成したモノクローム・セット。その“白黒テレビ”という名前そのままの、抑揚の少ないメロディと、一つのギター・コードの循環で一曲押し切る作風が印象的なバンドでした。パンクからニュー・ウェーヴへと移行する時期に、まさにその橋渡しとでも言うべき音楽をやっていた彼らですが、知名度では同時期に活動していた多くのバンドにかなり劣ってしまっていることも事実だと思います。

 そんなモノクローム・セットの作品が再発されるのは本当に嬉しいですね!今回は初めて2枚のアルバムが単体としてリリースされるそうですが、確かに私が所有しているのも2in1です。“ベンチャーズ meets ヴェルヴェット・アンダーグランド”なんて言われ方もしますが、その形容詞もあながち外れていない実にユニークな音楽なのです。こんなバンド他にない!この機会に聴いていただければ、きっと新たな音楽との出会いを体験できると思います。

 それでは解説文を。

モノクローム・セットというと“ギター・ポップ”“ネオアコ”をイメージされる方も少なくないと思いますが、彼らの最高傑作は、アート集団然として一筋縄ではいかないポスト・ロック・サウンドを鳴らしていた頃の1stと2ndアルバムです。そして、このたび、この2枚が初の単体CD化されました。国内盤は、輸入盤に帯と日本語対訳をつけた“輸入盤(国内盤仕様)”です。
さらに、1995年のアルバム『Trinity Road』以来、実に17年振り、スタジオアルバムでは10枚目となるニューアルバムもリリース!

発売は2012/6/6です。














いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2012/05/28 09:00 ] 速報 | TB(1) | CM(0)

Smashing Pumpkins(スマッシング・パンプキンズ)- Oceania(オセニア) [ロック 名盤]

スマパン完全復活!!カリスマ・ヴォーカリスト、ビリー・コーガンが率いるモンスター・オルタナ・バンド、Smashing Pumpkins待望のニュー・アルバム登場。





 いよいよスマッシング・パンプキンズの復活です!と声高らかに言ってみたものの、オリジナル・メンバーはビリー・コーガンのみということで、“これはビリーのソロとどう違うのだろう”と思ってしまうのが正直なところです。せめてドラムのジミー・チェンバレンがいてくれればという思いもあります。

 しかし、やはり“スマッシング・パンプキンズ”という名前を使うことが鍵なのでしょう。ビリーが主導でアルバムを制作しているのは間違いないでしょうが(もしかしたらビリーのアイデアだけで)、そこにスマッシング・パンプキンズという名前がつくと、やはり自ずとエネルギーも変わってくるのではないでしょうか。ビリーは「『Mellon Collie And The Infinitesadness~メロンコリーそして終わりのない悲しみ』以来の傑作と言っているようで、よっぽど自信があるのでしょう。

 今回アルバムとしてリリースされるのは、2009年からウェブ配信されていた『Teargarden by Kaleidyscope』の中から選ばれた13曲ということで、それだけ絞っているのでクオリティは相当高いのではないでしょうか。残念ながら私は未聴なので音に関しては何ともいえないのですが、期待できるのではというのが今の気持ちです。

 それでは解説文を。

昨年、バンド初期の名作2タイトル『Gish』と『Siamese Dream』のデラックス再発盤をリリースし、好評を得たSmashing Pumpkins 。
スタジオ・アルバムとしては2007年の『Zeitgeist』以来、また、2009年からスタートしたフリー・ダウンロード・アルバムのプロジェクト『Teargarden by Kaleidyscope』に続く、約5年ぶりのオリジナル・アルバムがリリース決定!

気になる内容は、その2009年よりウェブで配信をスタートさせていた壮大なコンセプト・アルバム『Teargarden by Kaleidyscope』(全44曲になる予定)からの主要13曲をまとめたもので、60分強収録のアルバム・タイトルは『Oceania』になる予定。

アルバム制作と並行して、新たなメンバーを迎えたバンドは現在ワールド・ツアーを行っており、そのメンバーは、2007年から参加しているギターのジェフ・シュローダー、ツアー・サポートから2010年に正式メンバーとなったベースのニコール・フィオレンティーノ、さらにオーディションで選ばれたドラム のマイク・バーンという編成になっているようです。

ビリー・コーガン曰く
「今度のアルバムは『Mellon Collie And The Infinitesadness~メロンコリーそして終わりのない悲しみ』以来15年ぶりの傑作になる!」 と言い放っているようなので(本当か?)、当時のあの衝撃を再び起こすことは出来るのか?


トラックリスト(予定)
1. Quasar/Stella Polaris and the People Mover
2. Panopticon
3. The Celestials
4. Violet Rays
5. My Love Is Winter
6. One Diamond, One Heart
7. Pinwheels
8. Oceania
9. Pale Horse
10. The Chimera
11. Glissandra
12. Inkless
13. Wildflower

発売は2012/6/20です。









いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2012/05/27 09:00 ] 速報 | TB(1) | CM(0)

Marcus D(マーカス D)- Melancholy Hopeful [ヒップ・ホップ 名盤]

メロディアス・ヒップ・ホップ好きにはたまらないマーカス Dの新作登場!





 2010年に、メロウ・ヒップ・ホップの名レーベル、GOONTRAXから『リヴァイヴァル・オブ・ザ・フィッテスト』をリリースし、日本での人気を確固たるものにしたシアトル出身のトラック・メーカー、マーカス D。8歳の頃からピアノを習っていたというエピソードが示す通り、マーカス Dの作り出すトラックは非常に繊細で、メロディアスで、数あるメロウ・ヒップ・ホップのなかでも世界最高水準のクオリティだと思います。

 本人は「世界中のHip Hopシーンの中で、最も敬愛しているのはNujabes」と公言しているように、若くして亡くなった日本が誇る天才トラック・メーカーNujabesを彷彿とさせる美しいトラックを作り続けています。今作はNujabesが主宰していたHydeoutからのリリースということで、本人は嬉しいでしょうね。そんなマーカス Dの音楽に賛同し、新作に参加したアーティストは、Shing02、Funky DL、Substantial、Cise Star、Emancipator、pismoなどなど、ヒップ・ホップ好きなら狂喜してしまうとんでもないメンツ!マーカル Dのトラックに、これだけバリエーション溢れるリリシストが乗っかっていったら、これはとんでもないでしょ!

 それでは解説文を。

 Shing02、Funky DL、Substantial、Cise Star、Emancipator、pismo 等豪華なメンバーが参加しフレッシュな才能が開花した珠玉の名曲ぞろいの至高の名作!! hydeout productions のオフィシャルショップであるtribeによるレーベルラインからFive Deez、Marc Mac に続く第三弾としてリリースが決定。

 23歳のフレッシュな才能が開花した至高のアルバム。「Melancholy Hopeful」というタイトルが名付けられた 自身2作目となるフルアルバムは前作よりも大幅にアップデートされ、その進歩を大きく感じる事の出来る内容 に仕上がっている。参加メンバーも豪華な内容になっており、Bop Alleyの相方でもあるSubstantialをはじめ、UK Hip Hopの牽引者であるFunky DL、nujabesとのLuv(sic) シリーズという類を見ないクラシックを生み出したShing02、その抜群のラップのスキルで聞く者を圧倒するCyneの顔でもあるCise Star、等数多くのアーティストが参加したアルバムでもある。まさにそのメンバーが認めた若いホープの才能をこのアルバムでは体感することができる。リ リースはhydeout productionsのオフィシャルショップでもあり、過去にFive Deezや4heroのMarc Macのアルバムリリースの他多くのヴァイナルを世にリリースして来たtribeからのアルバム第3弾のリリースタイトル。
(メーカー資料より)

曲目リスト
1 Don't Hold Ya Breath (ft. Funky DL)
2 Third Person (ft. One Be L)
3 Melancholy Hopeful (ft. Cise Star)
4 Fly (ft. Choklate)
5 Titania
6 All Around the World (ft. LaRue & Steph)
7 Kindred Spirit (ft. Emancipator)
8 One People (ft. Shing02)
9 Continuous Dream (ft. Pismo)
10 Nocturne of Love
11 Street's Lament (ft. Luck One)
12 Misanthropy
13 Universal Language (ft. Substantial & Steph)
14 Distant Worlds (ft. Awon)
15 Inasense
16 Night on the Town (ft. Cise Star, Substantial & Funky DL)
17 Pain & Possibility

発売は2012/6/6です。






2012/3/20にリリースされたマーカス Dの前作です。こちらも素晴らしい内容です!









いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2012/05/26 09:00 ] 速報 | TB(1) | CM(0)

Public Image Limited(パブリック・イメージ・リミテッド)- This Is Pil : CD+DVD: Deluxe Edition [ロック 名盤]

PUBLIC IMAGE LIMITED、1992年発売『THAT WHAT IS NOT』以来となる20年振りのニュー・アルバム!





 セックス・ピストルズの衝撃的な解散後、ジョン・ライドンが立ち上げたバンド、Public Image Limitedが20年振りにニュー・アルバムをリリースします。セックス・ピストルズ、そしてPublic Image Limitedでロックというものの既成概念に揺さぶりをかけ続けてきたジョン・ライドン。今度はどんな衝撃を与えてくれるのでしょうか?

 個人的には『メタル・ボックス』と『フラワー・オブ・ロマンス』がPublic Image Limitedとしての頂点だったと考えています。そのロックを解体したようなサウンドと、ビートの追求を真ん中に置いた姿勢は、今聴いても十分に刺激的で、聴くたびに頭の中が真っ白になるような感覚に襲われます。常に時代をシニカルに見ているジョン・ライドン、現在のロックへのアンチテーゼとなる問題作を期待します。

 それでは解説文を。

昨年SUMMERSONIC及び単独公演でパフォーマンスを披露したメンバーによる全12曲!

曲目リスト

1 THIS IS PIL
2 ONE DROP
3 DEEPER WATER
4 TERRA-GATE
5 HUMAN
6 I MUST BE DREAMING
7 IT SAID THAT
8 THE ROOM I AM IN
9 LOLLIPOP OPERA
10 FOOL
11 REGGIE SONG
12 OUT OF THE WOODS

発売は2012/6/5です。









いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2012/05/25 09:00 ] 速報 | TB(0) | CM(0)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。