FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Norah Jones(ノラ・ジョーンズ)- 『SACDコレクション限定6枚組ボックス(完全生産限定BOX) 』

世界の歌姫ノラ・ジョーンズのスモーキー&ハニーな歌声が高音質で聴ける限定SACDハイブリッド・ボックス!




高音質を求めるファンにとってはSACDの発売というのはとても嬉しいものです。そういったニュースが入るたびに、“今度はどのアーティストのどのアルバム?”とワクワクしますが、今回はノラ・ジョーンズです。ジャズ・シンガーとしては異例ともいえる大ヒットを飛ばす彼女。一言で言えば、コアな音楽ファンから軽く音楽を聴いているファンまで、幅広い層にアピールできる音楽性によるものでしょう。肩の力を抜いて楽しめると同時に、確かな実力も感じることができる作品ばかりです。

そんな彼女のSACDのボックス・セットが登場です!これまで彼女がリリースした5枚のオリジナル・アルバムと、カヴァー・アルバムを追加した6枚組で、現在のアマゾンの価格がなんと\19,800!さらにポイントが\990つくということで実質\18,900!一枚当たり3,000円ちょっとという驚異のコスト・パフォーマンスです。もう彼女のCDを全部持っていても買いたくなる罪作りなボックス・セットです。

それでは解説文を。

2002年のデビュー以来、常に第一線で活躍し続ける世界の歌姫ノラ・ジョーンズ。これまでにリリースした5枚のアルバムは全世界で4,000万枚以上のセールスを記録!そんなノラのオリジナル・アルバム5作に加え、ボーナス・ディスクとして、ノラ・ジョーンズの原点ともいえるノラの好きなアーティストの楽曲カヴァーを納めた『COVERS』がすべてSACDハイブリッド盤となり、6枚ボックス・セットで登場。

『COVERS』には、ノラのデビューから10年の歴史の中で、常に音楽的原点回帰となった楽曲たち…映画『東京タワー』のオープニング・テーマ曲“スリープレス・ナイト”、“ピース”(ホレス・シルヴァー)、“シー”(グラム・パーソンズ)等、シングルのカップリング音源や、アルバムのデラックス・エ ディション、ライヴDVDなどに収録された楽曲を中心にセレクト。うちトム・ウェイツのカヴァー“ピクチャー・イン・ア・フレーム”は、本作が這う登場と なる未発表レコーディングだ
『COVERS』は日本盤のみで、単体CDアルバムとしてもリリース!
※こちらは、SACDハイブリッド盤ではありません。

『COVERS』収録曲(『SACDコレクション』も共通)
1. スリープレス・ナイツ(2004年発表)
清々しい兄弟デュオ・ハーモニーで、ロックンロールの時代にその第2章を書き加えたエヴァリー・ブラザーズのナンバー。ヒット・シングルではないが、ノラ が敬愛しているグラム・パーソンズがエミルー・ハリスとのデュオで録音し、パーソンズの没後に発表(76年)されて話題になったという経緯もある曲だ。ノ ラの第2作『フィールズ・ライク・ホーム』のデラックス・エディションや国内盤CDのボーナス・トラックとしてリリースされていた曲。

2. アイル・ビー・ユア・ベイビー・トゥナイト(2002年発表)
ボブ・ディランが1967年のアルバム『ジョン・ウェズリー・ハーディング』に収めていたカントリー風味のシンプルなラヴ・ソング。マリア・マルダー、リ ンダ・ロンシュタットはじめ、多くのカバー・ヴァージョンを生んでいる。“ドント・ノウ・ホワイ”のイギリス盤CDシングルやマキシ・シングルにカップリ ングされて登場していた。

3. ジーザス・エトセトラ(2009年発表)
アメリカン・オルタナティヴ・ロック・シーンのトップ・グループ、ウィルコの『ヤンキー・ホテル・フォックストロット』(2002年)の収録曲。『ザ・ フォール~デラックス・エディション』のディスク2にあたる『ライヴ・アット・ザ・リヴィング・ルーム』でカヴァーし、このライヴ・ヴァージョンを残して いる。

4. スウィート・ドリームス(2003年発表)
リトル・ウィリーズでノラと活動する凄腕ギタリスト、ジム・カンピロンゴのアルバム『アメリカン・ヒップス』に収められていたノラのヴォーカル曲。歴史的 な女性カントリー歌手、パッツィ・クラインが1962年に飛行機事故で亡くなった直後、遺作としてビッグ・ヒットになった代表的なバラードだ。作者は“愛 さずにはいられない”を書いたドン・ギブソン。

5. クライ・クライ・クライ(2009年発表)
1955年、ジョニー・キャシュのサン・レコードにおける最初のシングル曲であり、彼の最初のヒットとなったロカビリー・ナンバー。こちらも『ライヴ・アット・ザ・リヴィング・ルーム』から。

6. ピクチャー・イン・ア・フレーム(未発表)
ノラは影響を受けたアーティストのひとりとして、異色・個性派のシンガー・ソングライター、トム・ウェイツの名を挙げ、『フィールズ・ライク・ホーム』ではウェイツの“ザ・ロング・ウェイ”をカヴァーしていたが、これもまたウェイツの作品。

7. ハンズ・オン・ザ・ホイール(2008年発表)
ノラが彼女の第2の故郷、テキサス州オースティン発の名物TVライヴ番組『オースティン・シティ・リミッツ』に2007年に出演した時のライヴ。DVD『ノラ・ジョーンズ ライヴ・ベスト』から。

8. シー(2004年発表)
ザ・バーズやフライング・ブリトウ・ブラザーズでカントリー・ロックを先導したグラム・パーソンズの名作。彼のソロ作『GP』(1973年)からの曲で、 エルヴィス・コステロやエミルー・ハリスもカヴァーしている。ノラのライヴDVD『ノラ・ジョーンズ&ハンサム・バンド・ライヴ』からの音源。

9. マイ・ブルー・ヘヴン(私の青空)(2007年発表)
1920年代後期にジーン・オースティンが歌ってポピュラー・スタンダードになった古い歌だが、1956年、ファッツ・ドミノがロックンロール版にリメイ クしてリヴァイヴァル・ヒット。彼の代表曲のひとつになった。ノラは2007年のドミノへのトリビュート・アルバム『ゴーイング・ホーム』に参加し、この ヴァージョンを提供した。

10. ピース(2002年発表)
モダン・ジャズ・ピアノの巨人のひとりで、いくつものジャズ・スタンダードを書いたホレス・シルヴァーの作品。彼がブルーノートで録音した名盤『ブローイ ン・ザ・ブルース・アウェイ』に収められた名曲で、元々はインストゥルメンタルだが、後年、シルヴァー自身が歌詞を書き加えた。ノラはブルーノートと契約 した直後、デモ・レコーディング用に録音し、『ファースト・セッションズ』と題された6曲入りCDとしてプロモーション用に配布されたのが初出。のちに 『カム・アウェイ・ウェイ・ウィズ・ミー』の2枚組限定盤などにも収録された。

発売は2013/2/6です。







いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト
[ 2013/01/18 09:00 ] ジャズ Norah Jones | TB(0) | CM(0)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。