FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Betty Wright(ベティ・ライト)- 『デンジャー・ハイ・ヴォルテージ』、『エクスプロージョン』 [ソウル 名盤]

ソウル・シンガー、ベティ・ライトの70年代の名作『デンジャー・ハイ・ヴォルテージ』、『エクスプロージョン』が再発!




最近では2011年に生演奏ヒップ・ホップ・ホップ・グループ、ザ・ルーツをバックバンドとして『The Movie』をリリースしたベティ・ライト。50代後半を迎えても彼女のエネルギーは衰えることを知りません。しかも、彼女のデビューは13歳なので、キャリはは40年を超えることになります!

そんなベティ・ライトのキャリアのなかでも一つのピークであったのが、今回再発される70年代中期でしょう。1975年には『Where is the Love』でグラミー賞も受賞し、まさに飛ぶ鳥を落とす勢いでした。『デンジャー・ハイ・ヴォルテージ』は1974年の作品、『エクスプロージョン』は1976年の作品とまさにど真ん中です。

ダイナミックなベティ・ライトのヴォーカルに打ちのめされること間違いなしな傑作です。

アルバムは発売は2013/1/16です。











そしてこちらがザ・ルーツと共演した最新作です。2011年新録ソウル・アルバムとの呼び声も高い傑作! リル・ウェイン、スヌープ・ドッグ、ジョス・ストーン参加!メアリー・J. ブライジをはじめ、多くのアーティストの楽曲でサンプリングされている1972 年のヒット曲「Clean Up Woman」で有名なマイアミ・ソウルを代表する女性シンガー、ベティ・ライト。

近年はプロデューサー等で腕を振るっていた彼女が、ヒップホップ・バンド、ザ・ルーツとのコラボレーションで約10 年ぶりに完成させたニュー・アルバム。ザ・ルーツとの共演盤ということで、プロデュースはもちろん、クエストラヴ(と彼女自身)。アル・グリーンやブッカー・T. ジョーンズ作品の間違いのない仕事ぶりもきわめて高い評価を受けている彼だけに、仕上がりは極上。オールドスクールでありながらもモダンな、古くからのファンも現行R&B ファンも納得の最高の作品となった!マイアミ・ソウル好きは「Clean Up Woman」+「Rock Your Baby」(ジョージ・マックレー)なM1「OldSongs」で撃沈でしょう。









いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト
[ 2013/01/13 09:00 ] Babyface Betty Wright | TB(0) | CM(0)

Betty Wright(ベティ・ライト)- The Movie(ザ・ムーヴィー) [ソウル 名盤]

 これまでに数々の名盤を世に送り出し、多くのファンを持つベテラン・ソウルシンガー、ベティ・ライトが新作をリリースしました。実は2011年11月にリリースされていたのですが、見逃していました。時期を逸したので紹介しようか迷ったのですが、プロデューサーにザ・ルーツのクエストラブと、ジョス・ストーンの諸作で有名なアンジェロ・モリスが関わっていて、しかも客演にスヌープ・ドッグ、リル・ウェイン、ジョス・ストーン、が参加していると知ったら、聴きたいと思いますよね!?約10年ぶりの新作、ベテランの時代遅れの音楽というわけにはいかないでしょう!

 それでは解説文です。

 代表曲「Clean Up Woman」で知られるマイアミのベテラン・ソウル・シンガー、ベティ・ライトの待望の新録アルバム!近年は若手アーティストの作品にプロデューサーや客演等で活躍しておりましたが、自身のアルバムとしては、なんと約10年ぶりのリリースとなります。

 先行シングルとして2009年に発表された「Go!」のライブバージョン(ザ・ルーツがバックを務めた)がグラミー賞でノミネート。新作はそのザ・ルーツを従え、共同プロデューサーとしてクエストラブ(ザ・ルーツ)とアンジェロ・モリス(ジョス・ストーン)が関わっております。

 また、ゲストにはリル・ウェインとスヌープ・ドッグ、ジョス・ストーン、タワー・オブ・パワーのレニー・ウィリアムスらが参加。ジャンルや世代を越えて多くのアーティストからリスペクトを集めるベティ・ライトならではの強力アルバム!ニッキー・ジーンのリリースでも話題となった<S-CURVE>からの発売です。

1. Old Songs
2. Real Woman featuring Snoop Dogg
3. In the Middle of the Game (Don't Change The Play)
4. Surrender
5. Grapes on a Vine featuring Lil Wayne
6. Look Around (Be a Man)
7. Tonight Again
8. Hollywould featuring Robert "The Messenger" Bozeman
9. Whisper in the Wind featuring Joss Stone
10. Baby Come Back featuring Lenny Williams
11. So Long, So Wrong
12. You and Me, Leroy
13. The One
14. Go! (Live)










いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2012/01/21 09:00 ] Babyface Betty Wright | TB(0) | CM(0)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。