FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

DJ CAM(DJカム)- 『Lost & Found(ロスト・アンド・ファウンド)』 [ヒップ・ホップ 名盤]

これは興味津々!DJカムがジャズ/レア・グルーヴの名曲をカヴァーした作品をリリース!


DJ Cam DJカム / Lost & Found 【CD】

DJ Cam DJカム / Lost & Found 【CD】
価格:2,100円(税込、送料別)



日本でも非常に人気の高いヒップ・ホップ・アーティスト、DHカムの新作が発表されました!DJカムというと“アブストラクト・ヒップ・ホップ”という言葉で表現されることが多いアーティストですが、私はどちらかというとジャジー・ヒップ・ホップな側面が好きです。

フランス出身のDJカムは、父親がジャズ・ミュージシャンということもあり、幼い頃からジャズへの造詣が深く、また自身もピアノを演奏していました。そんな彼がヒップ・ホップと出会いDJとして活躍していくのですが、DJカムの作り出す音にはジャズが持つ独特のしなやかなグルーヴやエレガントさがあり、それらの要素と重いと同時に抜けのよいドラム・ビートが合わさったときに、独特の美しいサウンドへと変貌するのです。

そんなDJカムのサウンドが最良の形で発揮されたのが02年の『Soulshine』だったと思うのですが、今回の新作はそれに匹敵するものになるのではないでしょうか。まず、“ジャズ/レア・グルーヴの名曲をカヴァーする”というコンセプトが素晴らしい!これを聴いただけで欲しくなってしまう方も多いのではないでしょうか。さらに、そのマテリアルが、ジョン・コルトレーン『至上の愛』、クール&ザ・ギャング『Summer Madness』、ボブ・ジェイムス『Nautilus』、マイルス・デイヴィス『So What』!どうですか、この強力なラインナップ!

歴史的名曲としかいいようのない曲のオンパレードです。そういった曲がDJカムの手によってどう生まれ変わるのか。相当期待できる作品だと思います。

アルバムは現在発売中です。







いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト
[ 2013/07/30 09:00 ] ヒップホップ #~D DJ CAM | TB(0) | CM(0)

DJ CAM(DJカム)- 『VINTAGE BEATS(ヴィンテージ・ビーツ)』 [ヒップ・ホップ 名盤]

スムースなサウンドで日本でも人気の高いDJカムの新作『Vintage Beats』が登場!


DJ Cam DJカム / Vintage Beats 輸入盤 【CD】

DJ Cam DJカム / Vintage Beats 輸入盤 【CD】
価格:2,415円(税込、送料別)



ジャジー・ヒップ・ホップ・ファンの間では新作が心待ちにされているアーティスト、DJカム。DJシャドウと同じ“アブストラクト”と表現されるインスト・ヒップ・ホップ・アーティストでありながらその作風はDJシャドウと完全に異なるものです。

DJカム本人がDJプレミアからの影響を公言している通り、彼の作るビートはビンテージな温もりに満ちており、個人的には2002年にリリースされた『Soulshine』が大好きで愛聴しました。また、このブログでも紹介させていただいている『Melancholic Black Moon』シリーズにも素晴らしいトラックを提供しています。

今回発売されるアルバムは、DJカムが1999〜2003年にかけてMPC3000で録音してきた音源です。ビンテージな機材を使うことで、彼の持ち味である温もりを持った音がより深まっているのではないでしょうか。ファンにはたまらない作品になるでしょう。

それでは解説文を。

DJ KRUSH、DJ SHADOW、DJ VADIMらと共にBreak Beats/Abstarct シーンを牽引してきたDJ CAMによる1999年から2003年に創られたビンテージビート作品集が、アナログ盤でリリース!!

DJ CAM QUARTET名義では、カルテット編成でHIP HOPとJAZZの融合を試みたりと、独自性のBEATへの探究心はまだまだ健在。その彼が、AKAIの名機とヴィンテージ機材を使用し、1999 年~2003年に創られた14曲の未発表的音源がコンパイルリリース!!この年代はElectronicaの音が生まれ、Break Beats/Hip Hop/Abstract/D&Bが科学反応を起こし、Beatサウンドの黄金期の時代の1つと言っても過言ではありません。そんな、時代に産み 落としたDJ CAMによるビート作品集は、今の時代に聴いても全く色褪せる事なく響いてきます。LOW END THEORYやDubstep好きの新世代のリスナー、ビートメーカーにも是非チェックしてほしい1枚です。

発売は2012/12/20です。









いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2013/01/04 09:00 ] ヒップホップ #~D DJ CAM | TB(0) | CM(0)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。