FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

これで最後になるか!?スマッシング・パンプキンズのニュー・アルバムから4曲目の先行公開!『Drum + Fife』

これで最後になるか!?スマッシング・パンプキンズのニュー・アルバムから4曲目の先行公開!『Drum + Fife』




これまでに『One and All』、『Being Beige』、『Tiberius』の3曲が先行公開され、そのクオリティの高さと雰囲気から“スマパン全盛期の再来か!?”と話題になっているスマッシング・パンプキンズの新作『Monuments to an Elegy』ですが、さらに『Drum + Fife』が公開されました。

これまでに公開された曲と比べるとギターの印象がちょっと弱まり、タイトル通りドラムが前に出た構成になっています。どっしりとした演奏と、どこか夢見るようなロマンティシズムが感じられる、やはりスマパンらしい曲です。




今回は、名曲!と騒ぎ立てるようなものではないですが、ビリー・コーガンの好調ぶりはしっかりと感じられます。さあいよいよアルバムですね!アルバムは2014/12/9リリースです!






いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト
[ 2014/12/07 09:00 ] The Skids Smashing Pumpkuns | TB(0) | CM(0)

いよいよリリースの近づいてきたスマッシング・パンプキンズの新作『Monuments of an Elegy』よりまたまた新曲『Tiberius』が公開!

いよいよリリースの近づいてきたスマッシング・パンプキンズの新作『Monuments of an Elegy』よりまたまた新曲『Tiberius』が公開!




以前公開されて『One and All』、『Being Beige』の内容があまりに素晴らしく、“スマパン全盛期が再び!”と興奮して楽しみにしているスマッシング・パンプキンズのニュー・アルバム『Monuments of an Elegy』ですが、今度は『Tiberius』という曲がアルバムから公開されました。

これまでに公開された2曲はエッジの立ったハードなサウンドを持つ曲でしたが、『Tiberius』はハードなギターとドラムはあるものの少しメロウな印象を受けます。スマパンはハードなロック・ナンバーとドラマティックなバラードという2つのサウンドが特徴のバンドで、バラードの側面を代表する曲として『メロンコリーそして終りのない悲しみ』に収録されていた『Tonight, Tonight』などが有名ですが、バラードだからといってソフトな音にはならないという点で共通していると思います。

この曲に関してはクオリティはそこそこだと思いますが、なによりビリー・コーガンのヴォーカルとギターに全く迷いがないところが聴いていて一番嬉しいところです。早くアルバムを通して聴きたいですね!

アルバムは2014/12/9リリースです!








いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2014/12/03 09:00 ] The Skids Smashing Pumpkuns | TB(0) | CM(0)

スマッシング・パンプキンズ、来月リリース予定の新作『Monuments to an Elegy』より『One and All』を公開!

スマッシング・パンプキンズ、来月リリース予定の新作『Monuments to an Elegy』より『One and All』を公開!




先日このブログで紹介させていただいたスマッシング・パンプキンズのニュー・アルバム『Monuments to an Elegy』。そこから公開されていた『Being Beige』の内容があまりにも素晴らしかったため、“新作はサイアミーズ・ドリームに匹敵する作品になるかもしれない”と書かせていただきましたが、さらなる新曲が公開されました。

『One and All』というこの曲、ディストーションのかかったヘヴィーなギターと叩きつけるようなドラムがこれまた初期の作品を彷彿とさせるサウンドです。そしてビリー・コーガンのヴォーカルがのれば最強のロック・ナンバーとなります!

先日の『Being Beige』と比べると多少インパクトは劣りますが、ヘヴィーでありながらキャッチーなメロディと気持ち良くドライヴするギターはスマッシング・パンプキンズの真骨頂であり、そういった意味でも全盛期並みに充実していると言っていいでしょう。

アルバムがますます楽しみになります!アルバムのリリースは2014/12/9です!






いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2014/11/19 09:00 ] The Skids Smashing Pumpkuns | TB(0) | CM(0)

スマッシング・パンプキンズの新作『Monuments to an Elegy』めっちゃいいんじゃないの!?

スマッシング・パンプキンズの新作『Monuments to an Elegy』めっちゃいいんじゃないの!?




先日ニュー・アルバム『Monuments to an Elegy』を12月にリリースすると発表したスマッシング・パンプキンズが新作から『Being Beige』を公開しました。

多くのファンの方がそう思われるように、やはり私もスマッシング・パンプキンズの最盛期は初期であり、最高傑作は『サイアミーズ・ドリーム』だと思ってしまいます。実際95年の『メランコリー終わりのない悲しみ』以降はセールス的にも内容的にもあまりぱっとする作品をリリースすることができずにいました。

ですので今回の新作のニュースもあまりピンとこなかったのですが、先行公開された『Being Beige』を聴いて考えが一変しました!これめちゃくちゃかっこいいじゃないですか!!!

音数の少ないメランコリックなオープニングからギターとドラムが入った時のカタルシス!ハードでドラマティックなこのサウンド!ビリー・コーガンのヴォーカルとの相性も抜群です!




『Monuments to an Elegy』のレコーディングに参加したモトリー・クルーのトミー・リーは、この新作がビリー・コーガンの「これまで書いた最高傑作だ」と認めていて「ものすごく壮大で鳥肌が立つような楽曲ばかりなんだ。スマッシング・パンプキンズの初期数枚のアルバムのような音なんだよ。もう、ぶっ飛んだよ」と語っているそうですが、さもありなんといった感じです。

いや〜、これは楽しみ!アルバムは2014/12/9リリースです!








いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2014/11/08 09:00 ] The Skids Smashing Pumpkuns | TB(0) | CM(0)

Smashing Pumpkuns(スマッシング・パンプキンズ)- 『メロンコリーそして終りのない悲しみ(デラックス・エディション)(DVD付)(完全生産限定盤)』 [ロック 名盤]

スマッシング・パンプキンズを代表する作品、『メロンコリー そして終りのない悲しみ』が超豪華仕様で再発!




そのヘヴィーなサウンドでアメリカのロック界を代表するバンドだった、スマッシング・パンプキンズの絶頂期の作品、『メロンコリー そして終りのない悲しみ』が5CD+1DVDというデラッスク仕様で再発されます。

それまで2枚の素晴らしいロック・アルバムをリリースして、ファンや評論家からの支持を集め出していたスマッシング・パンプキンズが、遂に怪物となったのが今回再発される1995年の作品『メロンコリー そして終りのない悲しみ』からです。

それまでは“なかなかいいバンド”という程度の評価であったのが、このアルバムを機に“スマッシング・パンプキンズこそがロックを前に進めるバンドだ!”という期待を背負うようになりました。

2枚組という大作なので確かに曲の出来にはばらつきがありますが、『Zero』、『Tonight、Tonight』、『1979』というヒット曲を収録していますが、なによりもアルバムを貫くエネルギーが尋常ではありません。ほんの一握りのバンドに起こるマジックが、このとき起こっていた記録といえるでしょう。

この作品のあとドラッグの問題で、ドラマーのジミー・チェンバーレンはバンドを脱退することになり、スマッシング・パンプキンズは二度と同じレベルの作品を作ることはできませんでした。そういった意味でも絶対に忘れることのできないアルバムです。

それでは解説文を。

スマッシング・パンプキンズ最大のヒット・アルバムのリイシュー!
1995年発売の2枚組アルバムで、全米アルバム・チャート1位を獲得。セールスもアメリカのみで1,000万枚近くを記録している。グラミー賞でも7部門にノミネートされた最大のヒット作。

■5CD+1DVD
■輸入国内盤仕様
■完全初回生産限定盤
※限定の為在庫が無くなり次第終了となります。予めご了承ください。
メディア掲載レビューほか
ザ・スマッシング・パンプキンズのカタログ・リイシュー第3弾。スマパン最大のヒット・アルバム『メロンコリーそして終りのない悲しみ』(デラックス・エ ディション)のリイシュー盤。初のデジタル・リマスターでリリース。オリジナルは1995年発売。

発売は2012/12/19です。






こちらは通常盤です。










いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2012/12/28 09:00 ] The Skids Smashing Pumpkuns | TB(0) | CM(0)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。