FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

The Pogues(ザ・ポーグス)- 『30 Years』

パブ・ロックの伝説的バンド、ザ・ポーグスのキャリアを網羅したボックス・セットが登場!




このブログでの何度も紹介させていただいているバンド、ザ・ポーグス。ケルティック・パンクと呼ばれる彼らの音楽は、アイルランドの伝統音楽であるケルティック・ミュージックにパンクのスピリッツを取り込んだユニークなもので、馬鹿馬鹿しいほどの盛り上がりのなかにどこか物悲しさが漂い、いつ聴いても胸が熱くなります。

ポーグスはアイルランド人であるシェイン・マガウアンを中心に82年に結成され、84年にデビュー作『Red Roses for Me(赤い薔薇を僕に)』でシーンに登場し、翌年にはエルヴィス・コステロがプロデュースしたことで知られる『Rum Sodomy & the Lash(ラム酒、愛、そして鞭の響き)』をリリースします。個人的なポーグスの最高傑作は88年の『If I Should Fall from Grace with God(堕ちた天使)』だと思っています。もちろん英国でのクリスマスの大定番曲『Fairytale of New York(ニューヨークの夢)』が収録されているということもありますが、なによりアルバム全体に漲るエネルギーがものすごい!このアルバムを聴いているとどんなに落ち込んだときでも笑顔になれます。




その後は91年に中心人物であったシェイン・マガウアンが脱退し、ポーグスは勢いを失っていってしまいます。今回のボックス・セットでは84年の『RED ROSES FOR ME(赤い薔薇を僕に)』から95年の『POGUE MAHONE(ポーグ・マホーン)』までのスタジオ・アルバム7枚に、91年ジョー・ストラマーを迎えて行われたライヴを収録した『THE POGUES WITH JOE STRUMMER LIVE IN LONDON』を加えた8枚が収められており、まさに決定盤というべき内容になっています。

更に1stアルバム『RED ROSES FOR ME(赤い薔薇を僕に)』は、オリジナルのマルチトラック・テープからNickRobinsが新たにミックスしたNEW REMIX音源を使用! そして4作目『PEACE AND LOVE』も、オリジナルのマルチトラック・テープからSteve Lillywhiteが新たにミックスしたNEW REMIX音源を使用!

それ以外のスタジオ・アルバムは、2004年最新リマスターを使用!クラムシェル・ボックスにまとめられたジャケットは、オリジナル・アナログLPジャケットを元にしたデザインに!

80年代後半に最も勢いがあったバンドであり、現在の知名度はかなり低くなっているのですが、ポーグスは素晴らしいバンドです。この機会に彼らの作品に出会っていただければと思います。

アルバムの発売は2013/11/26です












いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト
[ 2013/11/13 09:00 ] Mystery Jets The Pogues | TB(0) | CM(0)

The Pogues(ザ・ポーグス)- 『If I Should Fall from Grace with God(堕ちた天使)』 [ロック 名曲]

愛すべきパブ・パンク・バンド、ザ・ポーグスの最高傑作が再発!




もうこのバンドは本当に最高です!昔っから好きでしたが、久し振りに聴き直しても思わず満面の笑みになってしまいます。ケルティック音楽とパンクを融合するという斬新なコンセプトのバンドなのですが、これほど気分が高揚する音楽もそうないですよ!お酒を飲んで騒ぎまくりたくなる、そんなポジティブなエネルギーに満ち溢れたサウンドです。

84年に『Red Roses for Me(赤い薔薇を僕に)』でデビューし、85年にはエルヴィス・コステロのプロデュースで『Rum Sodomy & the Lash(ラム酒、愛、そして鞭の響き)』をリリースします。もともと“インテリ・パンクロッカー”なんて言われていたコステロがプロデュースしたくなったのはとてもよく分かりますね。

そんなアルバムに続いてリリースされたのが、全英チャート2位となったポーグスの最高傑作『If I Should Fall from Grace with God(堕ちた天使)』です。とにかく曲が粒ぞろいで、アルバムを聴いていても飽きることがありません。特に、後にイギリスのクリスマスの定番ソングとなった『Fairytale of New York』は名曲中の名曲でしょう。イギリスの音楽チャンネル“VH1”の“ベスト・クリスマス・ソング”の投票で、04年から06年まで3年連続で一位を獲得しています。ピアノをバックに酒で焼けた喉でシェイン・マガウアンがしっとりと歌う出だしから、テンポがあがりマガウアンとゲストのカースティー・マッコールが掛け合いで歌う展開への流れが最高で、クリスマスのロマンチックさと高揚の両方を味わうことができる名曲です。

また、『Fairytale of New York』に続いてシングル・カットされたアルバム・タイトル曲、『If I Should Fall from Grace with God』も大好きです。アルバムのオープニングに持ってこられただけあって、これぞポーグスというケルティック・パンクの王道ナンバーで、当時は8人編成でしたが、大所帯の雑多でワクワクするようなエネルギーに溢れています。

それ以外にもとにかく良い曲が多くて、『Turkish Song of the Damned』はマイナー調なメロディから始まって、サビで一気に陽性に弾けるという展開が盛り上がること間違いなしの1曲ですし、パブ感満載の『Bottle of Smoke』、超クールなケルティック・インスト『Metropolis』、マガウアンの声とメロディが胸を締め付けるバラード『Thousands Are Salling』、激渋なサックスからスタートして突如バカ騒ぎに突入する『Fiesta』(ウィーーーーーーって叫び声が楽し過ぎる!)、などなど愛すべきナンバーがズラリと並びます。

しかし、次第にアルコールの問題が深刻化してきたマガウアンは91年にバンドを解雇されてしまいます。バンドは元クラッシュのジョー・ストラマーをヴォーカルに入れるなどして活動を続けますが、かつての栄光を取り戻すことはできず、バンドは96年に解散します。

しかし、01年にマガウアンを加えたポーグスはクリスマス・ツアーを行い、さらにその後もライブを行っており、再結成したと考えて良いでしょう。やっぱりポーグスが活動してくれているというのは嬉しいことです。

少し話しがそれてしまいましたが、これは絶対に聴いていただきたいアルバムです!ポーグス最高!

発売は2013/7/24です。








いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2013/06/15 09:00 ] Mystery Jets The Pogues | TB(0) | CM(0)

The Pogues(ザ・ポーグス)- 『Pogues in Paris(ポーグス・イン・パリス) [ロック 名盤]

ポーグスの伝説のパリ・ライヴ




熱狂的なファンを持つザ・ポーグスの結成年、1982年のライヴ・アルバムが登場!音楽史に大きな足跡を残す作品をリリースした訳ではありませんが、ザ・ポーグスというバンドは本当にオリジナルな魅力を持っていて、一度彼らの魅力にハマってしまうと抜け出せないそんなバンドでした。

特に彼らの最高傑作である1989年にリリースされた『If I Should Fall from Grace with God』は、パワフルでハチャメチャで、それでいてどこか物悲しいそんな彼らの魅力に溢れた傑作です。このアルバムを聴いていると嫌なことも忘れて笑顔が湧いてきます。

今回発売されるライヴ・アルバムでは、のちに『If I Should Fall from Grace with God』に収録されることになる曲の原型というべきものが幾つか収められています。もちろんそれ以外でも最初期の彼らの荒削りな魅力に溢れたナンバーがこれでもかと楽しめ、さらにDVDでその映像まで見れるとあっては、これはちょっと素通りできません。

それでは解説文を。

ポーグスが1982年にパリのオリンピアで行った伝説のライブ
シェーン・マッゴーワン (vo)とスパイダー (vo, tin whitsle)を中心に1982年に英ロンドンで結成。アコーディオン、ティン・ホイッスルの音色を前面に出したアイリッシュ・トラッド・ミュージックの編成でエネルギッシュなパンク・サウンドを生み出した個性派バンド、ザ・ポーグスがその活動最初期に仏パリのオリンピアで行った伝説のパフォーマンスが、最新リマスターとボーナス・コンテンツを多数収録した、ライヴ2枚組CD、DVD、Blu-ray、そしてその2枚組CDとDVDにさらに貴重な映像 (約40分)を収録したボーナスDVDも加えた2CD+2DVDの初回限定4枚組ヴァージョンでリリース。

跳ねるドラム、躍動するアコーディオン、メランコリックなバンジョーの音色、エネルギッシュなアティテュード、場末のやさぐれ感、そしてとことん切ないメロディがいっしょくたになって爆発したかのような、彼らしか出せない音がここにある。

その世界的なブレイクのきっかけになったエルヴィス・コステロ・プロデュース作品『Rum Sodomy & the Lash』(1985)、全英3位を記録したスティーヴ・リリーホワイト・プロデュース作品『If I Should Fall from Grace with God』(1988)他の大ヒット・アルバムやシングルで後に発表される「If I should fall from Grace with God」、「Fiesta」、「Fairytale of NY」、「Dirty old town」、「The Irish rover」といった名曲の数々を収録。

(メーカーインフォメーションより)
収録曲
[ 2CDのDisc 1 ]
01. Streams of Whiskey
02. If I should fall from Grace with God
03. The Broad Majestic Shannon
04. Greenland Whale Fisheries
05. A pair of brown eyes
06. Tuesday morning
07. Kitty
08. The Sunny side of the street
09. Thousands are sailing
10. Repeal of the licensing laws
11. Lullaby of London
12. The body of an American
13. Young Ned of the Hill
14. Boys from the County Hell
15. Dirty old town
16. Bottle of smoke
17. The sicked bed of Cuchulainn

[ 2CDのDisc 2 ]
01. Sally MacLennane
02. Rainy night in Soho
03. The Irish rove
04. Star of the county down
05. Poor pady
06. Fairytale of NY
07. Fiesta

発売は2012/12/18です。






[ Blu-ray / DVD ]
上記 CD 1 と CD 2に収録されている全24曲のライブ映像を同じ曲順で収録し、さらにボーナス映像として
Thousands Are Sailing (recorded live 2006 in Manchester)
を追加収録。※トータル収録時間:約110分

こちらは2012/11/27発売です。






さらにこちらは30周年記念ボックスで、4枚組です!こちらも2012/11/27発売です。











いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2012/12/15 09:00 ] Mystery Jets The Pogues | TB(0) | CM(0)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。