FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Yes(イエス)- 『Studio Albums 1969-1987』

イエスのアトランティック期の作品が収められたボックス・セット『Studio Albums 1969-1987』が登場!




プログレを語る上で欠かすことのできないグループ、イエス。そのイエスの絶頂期を含めたスタジオ・アルバム12枚を収めたボックス・セットがリリースされます。

元々クリス・スクワイアとジョン・アンダーソンが中心となって結成されたイエス。そこに70年にスティーヴ・ハウ、そして71年にリック・ウェイクマンが加入したことで、最強の演奏力を持つバンドが完成し、71年に『Fragile(こわれもの)』、72年に『Close to The Edge(危機)』というバンドの最高傑作というべき2枚のアルバムを作り出しました。

今回再発されるボックス・セットにはこの2作品ももちろん収められています。またイエスというバンドはメンバー・チェンジの多いことでも知られています。実際『危機』をリリースしたあとリズムの要であったドラムのビル・ブラッドフォードがグループを抜けていますし、80年には結成メンバーであったジョン・アンダーソンもグループを脱退しています。そういったメンバー・チェンジでみられるように音楽性も次々に変化しながらイエスというバンドは存続してきたので、その辺りの流れも分かるボックス・セットだと思います。

以前このブログでSACDのボックス・セットを紹介させていただきましたが、値段がかなり高かったので入門編というわけにはいきませんでしたが、今回の作品は12枚のスタジオ・アルバムが入って¥4,461という破格の値段(この文章作成時のAmazonで)!一気にイエスの音楽を集めるビック・チャンスだと思います。

発売は2013/12/24です。












いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト
[ 2013/11/22 09:00 ] ロック U~Z Yes | TB(0) | CM(0)

YES(イエス)- 『 HIGH VIBRATION - SACD BOX』 [ロック 名盤]

これは究極のアイテム!イエスのSACD/CD15枚組ボックス・セット!




プログレッシブ・ロックの代表的なバンドであり、ロック史にその名を刻むスーパー・バンド、イエスの究極と言ってもよいボックス・セットが登場です!

イエスといえば卓越した演奏スキルと壮大な世界観の音楽が特徴だと思うのですが、そういう音楽を聴くのにSACDなどの高音質ソフトというのは絶対にプラスです。もちろんアンプやスピーカー、プレイヤーなどのハードもそうですが、音楽をより高音質で聴くことでそれまで聴こえなかった音が聴こえたり、それまでの音質では味わうことのできなかった興奮を味わうことが出来るのです。

そういった体験を何度もしてきたので、私はたとえ既に持っているアルバムでもSACD化されると買ってしまうことが多いのですが、少しでも多くのリスナーの方にこの感動を味わっていただけたらと思います。以前にもこのブログで書かせていただいたのですが、やはりSACDというのは専用のプレイヤーが必要なので敷居が高く、なかなか普及しないどころかだんだん縮小傾向にあると感じます。しかし、本当にこれは素晴らしいソフトなのです。SHM-CDやBlu-spec CDなど従来のプレイヤーで再生可能な高音質ソフトも多数発売されていますが、やはりそれらのソフトと比べてSACDの音質の良さは群を抜いています。『こわれもの』や『危機』といった名盤中の名盤や、名曲がとんでもないクオリティでプレイされた『イエスソングス』などをSACDの高音質で聴いたら...と思うと興奮が止まりません。

また、ボックスのみの特典として貴重な音源を収録するボーナス・ディスクが付くそうです。詳細はわかりませんが、こちらも楽しみですね!発売は2013/9/4です。

◆収録アルバム
イエス・ファースト・アルバム(1969年作品)
時間と言葉(1970年作品)
イエス・サード・アルバム(1971年作品)
こわれもの(1971年作品)
危機(1972年作品)
イエスソングス(1973年作品)
海洋地形学の物語(1973年作品)
リレイヤー(1974年作品)
究極(1977年作品)
トーマト(1978年作品)
ドラマ(1980年作品)
ロンリー・ハート(1983年作品)
ビッグ・ジェネレイター(1987年作品)

+ボーナス・ディスク







いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2013/08/21 09:00 ] ロック U~Z Yes | TB(0) | CM(0)

Yes(イエス)- 『Yessongs(イエスソングス)』40周年記念HDニューマスター版 [Blu-ray] [SHM-CD] [ロック 名盤]

イエス「イエスソングス」40周年記念HDニューマスター版




最強のプログレ・バンドの一つ、イエスの絶頂期のライヴDVDが再発されます。プログレ・バンドは高い演奏技術を誇るバンドが多いですが、その中でもトップクラスの実力を誇っています。とくに70年代は楽曲のクオリティも高く、イエスの絶頂期といえるでしょう。

今回再発されるDVDはその絶頂期である1972年のライヴを収録したものです。ラインナップも最強のメンバーが揃っていますしファンならば満足すること間違いないでしょう。また最新の技術で映像も音もグレードアップされているので、これは楽しみです。

ちょっと余談になりますが、現在放送されているアニメ、ジョジョの奇妙な冒険のエンディング・テーマにもイエスの『Roundabout』が使われていますね。作者の荒木飛呂彦先生が音楽は相当詳しいので、アニメ化されるにあたって誰の曲を使うのか非常に興味があったのですが、イエスという選択をみてさすがと思いました。

それでは解説文を。

1968年ロンドンで結成、ELP、キング・クリムゾン、ピンク・フロイドと共にプログレッシヴ・ロックの四天王のひとつに数えられるバンド、イエスの1972年12月15日~16日にかけてのロンドン・レインボーシアターでの公演の模様をおさめた伝説のライヴ映画。

バンドラインナップは、ジョン・アンダーソン、スティーヴ・ハウ、クリス・スクワイア、アラン・ホワイトそしてリック・ウェイクマン。バンドの黄金期の姿をとらえた貴重かつ圧巻のコンサート映画として、イエスファンのマストアイテムとなっている本作。

このリリースはライヴの40周年を記念し、16mmのオリジナル・ネガから最新のHDテレシネ&レストアを施したマスターを使用、音声はオリジナル MONO音声のレストアのほか、監督ピーター・ニール自身の監修による新たな5.1chサラウンド音声も収録。待望のスペックアップを果たしての再登場。 画面サイズはオリジナルの1.33:1にて収録。
ブルーレイには初回特典として「ロジャー・ディーン書下ろしポストカード4枚セット」を封入!

発売は2012/12/12です。






SHM-CDでYES デビュー40周年記念 紙ジャケットCD(SHM-CD仕様) 2009年デジタルリマスター音源 英国E式仕様オリジナル・ジャケット再現も発売されています。









いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2012/12/12 09:00 ] ロック U~Z Yes | TB(0) | CM(0)

Yes(イエス)- Fragile(こわれもの) SACD [ロック 名盤]

 イエスが1971年にリリースした4枚目のアルバムにして、イエスの最高傑作との呼び声高い『こわれもの』がSACDで登場です。

 非常に高いテクニックを持つメンバーで構成されたイエスというバンドは、それまでも複雑な曲を演奏していましたが、このアルバムを期に、イエスのとエードマークともいうべき、交響曲的なナンバーが登場することになりました。これにより壮大な音絵巻を展開することができるようになり、イエスは完全なるオリジナリティを獲得したのです。

 しかし、長尺な曲が増えたにも関わらず、大味な部分は全くなく、それは高度な技術に裏打ちされた非常に緻密な曲構成によるものだと思います。タイトルの『こわれもの』から連想されるような、繊細なパートを積み重ねることによって作り上げられた芸術です。そういった曲は音質が向上されることでより一層映えるでしょう。

 発売は2011/8/17です。









いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2011/06/30 08:34 ] ロック U~Z Yes | TB(0) | CM(0)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。