FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Fontella Bass(フォンテラ・バス)- 『Free(フリー)』 [ソウル 名盤]

ディープなソウル臭を漂わせながらもどこかスタイリッシュなフォンテラ・バスの名盤『Free』が再発!


Fontella Bass / Free 【CD】

Fontella Bass / Free 【CD】
価格:2,100円(税込、送料別)



フォンテラ・バスといえばソウル・ファンの間で人気の高いアーティストです。Clara Ward Singersのメンバーであり、ゴスペル・シンガーであったマーサ・バスの娘として生まれ、自身も教会で歌っていた彼女は泥臭いディープなソウルの雰囲気がありながら、初心者でも親しむことのできる軽やかさを持っています。

セントルイスからシカゴに移ったあと、チェス・レコードと契約した彼女は幾つかのヒット曲があり、1979年にライ・クーダーとチャカ・カーンによってカヴァーされた『Don't Mess Up a Good Thing』なども有名な曲ですね。

しかし、フォンテラ・バスの最大のヒット曲となったのは1965年にリリースされた『Rescue Me』でしょう。この曲はアース・ウィンド&ファイアのモーリス・ホワイトがリズム・セクションを担当し、ミニー・リパートンがバッキング・ヴォーカルを務めたという超豪華な布陣で録音され、ポップ・チャートの4位まで上がる大ヒットとなりました。

その後幾つかのレーベルを渡り歩き、今回紹介させていただく『Free』を1972年にリリースしたあと彼女は引退します。当時は大きな話題になることのなかったこのアルバムですが、フリー・ソウル・ムーヴメントで再評価され、現在ではソウルの名盤として知られています。そういった文脈では弾むリズムが心を持ち上げる『Hold on This Time』、『Now That I Found a Good Thing』、キレのあるリズムとどこか物悲しさを漂わせるメロディのコントラストが抜群な『I Need to Be Loved』などが注目でしょう。

そういったキャッチーなナンバーがある一方で『Talking About Freedom』のような泥臭いソウル・ナンバーがあるのが彼女らしいですね。またぐっとくるメロディとブラスが王道ソウル・ナンバーといった貫禄の『Wiping Tears』はこのアルバムのハイライトの一つでしょう。

とにかく名曲揃いで、ソウル・ファンならマストだと断言できる、フォンテラ・バスの魅力が詰まった万人にお薦めできる作品です。

それでは解説文を。

映画『天使にラブ・ソングを』の挿入歌となったチェス(チェッカー)時代の大ヒット曲「Rescue Me」(1965 年)で有名なセントルイス生まれの女性シンガー、フォンテラ・バス。アート・アンサンブル・オブ・シカゴのレスター・ボウイ夫人としても知られる彼女の、 1972 年発表のアルバムを中心とするポーラ録音作品集。凛とした佇まいの歌唱と、オリヴァー・セインのプロデュースによる、ほのかにニュー・ソウルの香りを漂わせた躍動感溢れるサウンドがすばらしい。エリカ・バドゥが彼女からの影響を公言していたことも。

「THE JEWEL / PAULA SOUL COLLECTION」
元 祖インディ・ソウル・レーベルの一つであり、1960 年代半ばから1990 年代にいたるまでディープ・ソウルを中心とするソウルの宝庫だったルイジアナ州シュリーヴポートに拠を置くジュウェル・レコードと、その傍系のポーラ、ロ ン、ソウル・パワー、ウィットにまとまった数の作品を遺したシンガーの作品を、それぞれ単独のCD としてお届けする。国内初CD 化作品も含む、ソウル・ファン必携のコレクション!

発売は2012/12/5です。









いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト
[ 2012/11/26 09:00 ] ソウル E~H Fontella Bass | TB(0) | CM(0)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。