FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

伝説のグループ、ブルー・ナイルの名盤1sr『A Walk Across the Rooftops』がSHM-CDで再発!

伝説のグループ、ブルー・ナイルの名盤1sr『A Walk Across the Rooftops』がSHM-CDで再発!




もうファンにはたまらないですよね。81年、スコットランドのグラスゴーで結成されたブルー・ナイル。シンセサイザーを中心としたエレクトリックなサウンドは、もの悲しくも青く透き通る美しさをたたえており、特にデビュー作である『A Walk Across the Rooftops』における独自の世界観の完成度は一分の隙もありません。

例えばアルバムからシングル・カットされた2曲のうちの一つ『Tinseltown in the Rain』を聴くと打ち込みのビートの上に80年代らしい無機質なヴォーカルが乗り、それをシンセサイザーやキーボードが複雑に彩っていく構成で、溜め息が出るほどの美しさで、これ以上完璧な配置はないと確信できるほどの完成度です。




一方、もう一曲シングル・カットされた『Stay』は音数こそ少なく抑えてありシンプルな構成に思えますが、最小の音数で最大の効果を出すような細部まで行き届いた意識の高さが間違いなくあります。そうでなければこのような深みのある曲は生まれません。このアルバムで最もポップなナンバーですね。

この2曲以外だと音の残像の処理が素晴らしいオープニング・ナンバー『A Walk Across the Rooftops』も名曲だと思いますし(ベースをリズム楽器としてではなく使うやり方も素晴らしい!)、寂しさの中にひっそりとした温かさが息づく『Automobile Noise』もずっと聴いていたい魅力を感じます。

アルバムがリリースされた当初はほとんど話題にならなかったものの、口コミで広がっていき、今では名盤として高い評価を受けているというエピソードがこの作品の魅力をよく現していると思います。聴けば聴くほど心に染みる永遠のマスターピース!

アルバムのは現在発売中です!












いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト
[ 2014/09/16 09:00 ] Animal Collective The Blue Nile | TB(0) | CM(0)

The Blue Nile(ザ・ブルー・ナイル)- 『Walk Across the Rooftops: Collectors Edition』 『Hats: Collectors Edition』 [ロック 名盤]

伝説のグループ、ブルー・ナイルの名盤1st、2ndがデラックス・エディションで再発!




ブルー・ナイルというグループに言及するときにまず使われる言葉が“寡作”です。確かに1981年に活動を開始して現在に至るまでに発売されたアルバムは僅かに4枚ということで、リリースのペースはかなりゆっくりでしょう。そこで作品が並のものなら逆に納得できるのですが、とにかく質の高い作品ばかりでファンはいつもやきもきさせられます。

そのカタログの中でも1stは最高傑作でしょう。今回1stと2ndがデラックス・エディションで再発されるということで、名盤のさらなる魅力に触れることが出来るでしょう。

ブルー・ナイルの音楽はとにかく音数が少なく、隙間の多い音なのですが、その音で表現される世界は非常に深く、聴くほどに引き込まれていきます。音を重ねて空間を塗り籠めることで独自の世界を作っていくというアーティストは数多くいますが、ここまで隙間がある音でこれだけの表現をすることの出来るアーティストはブルー・ナイルをおいて他にいないでしょう。

ブルー・ナイルというバンドが伝説のグループと呼ばれる理由が、このアルバムを聴いていただけばお分かりいただけると思います。

それでは解説文を。

静謐、そして叙情。孤高にして至高。時代を超越するリリカルなメロディーと完成されたサウンド。寡作な がらも傑作を作り続けてきた、ポール・ブキャナンを中心とするグラスゴーのグループ、ブルーナイルの1stアルバムと2ndアルバムが、2012年デジタ ル・リマスター&ボーナス・ディスクを追加した2枚組みのコレクターズ・エディションで登場。

『Walk Across The Rooftops (Collector's Edition)』

Disc 2 収録曲 (2012 - Remaster)
1. I Love This Life
2. Heatwave - Rhythm Mix
3. St. Catherine's Day
4. Tinseltown in the Rain - Mix
5. The Second Act
6. Stay - Little Mix
7. Regret

発売は2012/11/19です。






『Hats (Collector's Edition)』

Disc 2 収録曲 (2012 - Remaster)
1. Seven A.M. (Live in Studio)
2. Christmas
3. Let's Go Out Tonight - Vocal 2
4. Saturday Night - Vocal 2, Early Mix
5. Headlights On the Parade - Live in Tennessee
6. The Wires Are Down

発売は2012/11/19です。









いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2012/11/17 09:00 ] Animal Collective The Blue Nile | TB(0) | CM(0)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。