FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ジャジー・ヒップホップ・ファンならマスト!ケロ・ワンのベスト盤、『ミュージカル・ジャーニー・ザ・ベスト・オブ・ケロ・ワン』が登場!

ジャジー・ヒップホップ・ファンならマスト!ケロ・ワンのベスト盤、『ミュージカル・ジャーニー・ザ・ベスト・オブ・ケロ・ワン』が登場!



このブログでも何度も取り上げさせていただいている大好きなミュージシャン、ケロ・ワン。米サンフランシスコを拠点に活動するコリアン・アメリカンのラッパー/プロデューサー/DJで、05年に傑作『ウィンドミルズ・オブ・ザ・ソウル』でデビューしました。私もこの作品でケロ・ワンというミュージシャンを知ったのですが、とんでもなくジャジーで美しく、しかも同時にソウル本来のグルーヴもしっかりと維持している、まさに非の打ち所がない作品でした。実際この作品はRemix誌で年間ベスト・ラップ・アルバムに選ばれています。

そこからはとにかくケロ・ワンというミュージシャンが気になり、彼に関連したものは可能な限り耳を通していました。その後ケロ・ワンは3枚のアルバムをリリースしましたが、どれもが傑作というに値する素晴らしいものばかりです。

聴きやすいサウンドなので一般層にもそれなりに浸透しているようですが、やはり少しでも多くの方に聴いていただきたいミュージシャンなので、今回ベスト盤という入り口としては最適な作品がリリースされるので、この機会にぜひ聴いていただきたいと思います。

曲はアルバム順に並んでおり、その時のケロ・ワンの音楽の傾向が分かりやすい構成となっています。

そしてオープニングを飾るのは、名盤『ウィンドミルズ・オブ・ザ・ソウル』を代表する名曲『In All The Wrong Places』!メロウなピアノとスムースなラップの相性が最高です!ドラムも抜けの良いサウンドでひたすら気持ちいいです。サビのフレーズは耳に残って何度も言いたくなりますね。




少しビートを重くした『Keep It Alive!』はスクラッチも入ってヒップホップ度が高めとなっており、これもかっこいいです。フェンダーローズのとろける音色がケロ・ワンのサウンドをさらにメロウにするインスト・ナンバー『It’s A New Day』もコアなファンにはたまらないですし、サウンド・プロヴァイダーズという、これまたジャジー・ヒップホップ好きには間違いないグループがリミックスを担当した『Give Thanks [Sound Providers Remix - 12inch Only]』も流石としか言いようのない仕上がりです。

ここから2ndアルバムである『Early Believers』からの曲となり、Ben Westbeechをフューチャーした『When The Sunshine Comes』の美しさ!もう完全にタイトルの景色が脳裏に浮かんできます。美しいメロディ、キレのあるビートと爪弾かれるギターを中心とした小気味良い演奏、スムースなラップ、完璧!

こちらも私の大好きなソウル・シンガー、トゥオモをフューチャーした『Love and Happiness』は温かいソウル・ナンバーになっており、またまた登場のフェンダーローズがアップテンポなビートに絶妙な味付けをする『I Never Thought That We』もやはり聴き入ってしまいます。

3rdアルバムの『Kinetic World』に移り、まずはケロ・ワン同様、ジャジー・ヒップホップ界のトップ・アーティスト、サム・オックが参加した『On Bended Knee』。この組み合わせで期待するなという方が無理でしょう。ただし、圧倒的な名曲というよりは徐々に効いてくるタイプの曲になっています。

どこまでもポップなメロディの『Let’s Ride』は、聴いていると笑顔が止まらなくなります。

そして最新作である12年にリリースされた4thアルバム『Color Theory』の収録曲へと移行していきます。Suhnをフューチャーした『What Am I Supposed To Do?』は、これこそジャジー・ヒップホップ!というべき曲で、ジャジーなメロディ、キレのあるリズム、スムースなラップ、甘いコーラスの全てが詰まったお手本のようなナンバーです。

ケロ・ワンにしては珍しく女性ヴォーカルをフューチャーした『In Time』はメロウなサイドに振れたナンバーですが、このしっとりとした叙情的なサウンドはじんわりと心に沁みてきますし、再びサム・オックとタッグを組んだ『Shortcuts』はサム・オックらしい歌心に溢れるメロウ・ナンバーと成っています。また、Jeni Sukをフューチャーした『So Seductive』はこのベスト盤の中で最もジャズの要素の強い曲ですが、それも全く違和感なく取り込まれていますね。

こうやって聞きなおしてみても本当に素晴らしい曲が並び、ケロ・ワンというミュージシャンの才能に改めて脱帽させられます。この人の音楽を聴かないのは本当にもったいない!とにかく珠玉の名曲がずらりと並んでいます。絶対にこの機会に!

アルバムは現在発売中です!








いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト
[ 2015/12/24 09:00 ] ヒップホップ I~L Kero One | TB(0) | CM(0)

ジ・インターネットが、タイラー・ザ・クリエイターやジャネル・モネイらが参加した新作『Ego Death』を今月末にリリース!

ジ・インターネットが、タイラー・ザ・クリエイターやジャネル・モネイらが参加した新作『Ego Death』を今月末にリリース!


Internet (R & B) / Ego Death 輸入盤 【CD】

Internet (R & B) / Ego Death 輸入盤 【CD】
価格:1,847円(税込、送料別)



11年にロサンゼルスのヒップ・ホップ集団、オッド・フューチャーの紅一点、シンガー/プロデューサーのシド・ザ・キッドと、スーパー3名義の活動などでも知られるプロデューサー/イラストレーターであるマット・マーシャンによって結成された男女ユニット、ジ・インターネット。

11年にリリースしたデビュー作『Purple Naked Ladies』はアンビエントでトリップ・ホップ的なサウンドで話題となりましたが、その後5人組となり13年にリリースした『Feel Good』でネオ・ソウル系のサウンドへと変貌をとげ周囲を驚かせました。

この『Feel Good』が非常に質の高い作品だったため今回リリースされる『Ego Death』に大きな期待が集まっているのですが、現在公開されているのはケイトラナダがプロデュースを務めた『Girl』と、『Special Affair』というナンバーです。

まず結論からいうと、どちらの曲も1stに原点回帰したようなアンビエントなサウンドとなっており、2ndでみられたようなバンド感というものは薄れています。

個人的にはよりダウナーで官能的な『Special Affair』が好みです。聴いているとズブズブと熱帯雨林の奥地に引きずり込まれるようなサウンドがやたら気持ち良く、特にベースはたまりません。




2ndの評価が高かったのでこの展開がどう受け取られるか心配ではありますが、個人的にはこういった音は大好きです。『Special Affair』を何度も繰り返し聴いてしまいます。

アルバムのリリースは2015/6/30です!








いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



ルーペ・フィアスコ、2年振りとなる新作『Tetsuo & Youth』から『Deliver』を公開!

ルーペ・フィアスコ、2年振りとなる新作『Tetsuo & Youth』から『Deliver』を公開!




今、最も新作を待たれているヒップ・ホップ・ミュージシャンの一人、るーぺ・フィアスコがいよいよ2年振りのニュー・アルバムをリリースします!

ルーペ・フィアスコといえばソウルフルなサウンドと、高い技術に裏打ちされたラップで耳の肥えたヘッズを虜にしているラッパーで、シカゴ出身ということもありコモンと比較されることもあります。

デビュー作である『Lupe Fiasco’s Food & Liquor』がリリースされたのが06年のことで、ジェイZを始め、カニエ・ウェスト、ネプチューンズ、ジル・スコットという大物が多数参加したこの作品はグラミー賞の3部門にノミネートされ大きな話題となりました。

続く07年の『Lupe Fiasco’s The Cool』は大物プロデューサーを起用しはしなかったものの、コンセプチュアルな内容が高い評価を受け、また『Superstar』というヒット曲を生み出しました。

その後2枚のアルバムをリリースし、今作のリリースとなります。今作『Tetsuo & Youth』も大物は参加していませんが、ルーペ・フィアスコということで注目が集まります。そんな中で公開された『Deliver』ですが、まさにリスナーがルーペ・フィアスコというミュージシャンに求めているものが音として表現されている曲といっていいでしょう。

ピアノを中心とした簡素なバックトラックはルーペ・フィアスコのテクニカルなラップを楽しむには最高のオケであり、中盤のコーラスや響き渡るようなドラム音からは深く魂に触れるものを感じます。




『Deliver』を聴く限り新作もファンの期待を裏切ることのない作品となりそうです!アルバムは現在発売中です!











いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2015/01/22 09:00 ] ヒップホップ I~L Lupe Fiasco | TB(0) | CM(0)

美メロ・ヒップ・ホップ・ファンはマストな大人気コンピ、『In Ya Mellow Tone 』の最新作が登場!

美メロ・ヒップ・ホップ・ファンはマストな大人気コンピ、『In Ya Mellow Tone 』の最新作が登場!


In Ya Mellow Tone 10 【CD】

In Ya Mellow Tone 10 【CD】
価格:2,160円(税込、送料別)



これまでにシリーズ累計で30万枚近くを売り上げてきた大人気シリーズ、『In Ya Mellow Tone』。私も大好きなシリーズで何度もこのブログで紹介させていただいていますし、Sam OckやRobert de Boron、re:plusなど現在の私のフェイヴァリットとなっているミュージシャンとの出会い場でもありました。

そんな『In Ya Mellow Tone』もいよいよ10作目。記念すべき作品に名を連ねているのは、Asuka MochizukiとShiho Suzukiによるユニット"GEMINI“、さらには前述したre:plusにRobert de Boron、そしてHIDETAKA TAKAYAMA、さらにはInherit、ソロでの活躍も目覚ましいChikaとシリーズを代表するメンツが揃っています。

毎作アルバム・ジャケットも素晴らしいですし、今作も間違いない内容になるでしょう!アルバムのリリースは2014/9/10です!







いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



アンダーグラウンド・ヒップ・ホップの間違いないプロデューサー、J. Rawlsの11年の作品『The Hip Hop Affect』が再発!

アンダーグラウンド・ヒップ・ホップの間違いないプロデューサー、J. Rawlsの11年の作品『The Hip Hop Affect』が再発!


J. Rawls、この名前を聞いてテンションの上がる人はどれくらいおられるでしょうか?ヒップ・ホップ通にはよく知られているミュージシャンですが、一般的な知名度は実力に反して低いと言わざるを得ないでしょう。

01年に1stソロ・アルバム『The Essence of J. Rawls』でデビューしたJ. Rawls。 そのジャズに精通したスムースなサウンドでその手の音を好むリスナーのハートを鷲掴みにしました。それ以後はファイヴ・ディーズのファット・ジョンとのコラボである3582、J.サンズとのコンビであるローン・カタリスツで素晴らしい作品をリリースし、その評価を揺るぎないものにしました。

それ以外でも、ディクレイムやCount Bass D、マスタ・エース、モス・デフなどアンダーグラウンド界を代表する大物アーティストとの共演が多数あります。

ここで挙げた名前をみていただければJ. Rawlsというアーティストの実力がお分かりいただけると思います。今回再発されるのは11年にリリースされた『The Hip Hop Affect』で、なんといっても目玉はダイアモンドD、オー・ノー、そしてケブ・ブラウンという豪華なメンツを招いて録音された『Best Producer On The Mic』でしょう。




それ以外ではサダトXが参加した『Face It』、ファット・ジョンとの『That Very First Day』、エル・ダ・センセイなどが参加した『Heeey』、J.サンズとの『Sandsy』、バッド・アズ、コピーライト、そしてエドGが参加した『Are You Listening?』と超豪華なメンツが参加した作品となっています。J. Rawlsのジャジーで奥の深いサウンドが楽しめるお薦めの作品です。

アルバムは現在発売中です!












いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2014/08/01 09:00 ] ヒップホップ I~L J. Rawls | TB(0) | CM(0)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。