FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

The Beginning of the End(ザ・ビギニング・オブ・ジ・エンド)- Funky Nassau(ファンキー・ナッソウ) [ソウル 名盤]

レア・グルーヴの定番、渦を巻くグルーヴが怒濤の如く押し寄せるThe Beginning of the Endの『ファンキー・ナッソウ』が再発!




レア・グルーヴというムーヴメントの最大の功績は、素晴らしい内容でありながら当時日の目を見ることのなかった作品を数多く掘り起こしたことですが、この『ファンキー・ナッソウ』もまさにそういったアルバムです。

ギターのカッティングとバハマを感じさせるホーンによって、他のレア・グルーヴ作品にはない独特の雰囲気を作り出している『Funky Nassau Pt. 1』。気持ちよくグルーヴを生み出すドラムも最高で、超ファンキーな名曲です。さらに『Funky Nassau Pt. 2』では弾きまくられるギターがめちゃめちゃかっこいい!この2曲はレア・グルーヴ・クラシックとしかいいようのない素晴らしいナンバーです。

さらにホーンが炸裂する『Come Down』や『Monkey Tamarind』も強力なファンク・ナンバーですし、小気味の良いリズムが気持ちいい、ライト・ソウルな『Surrey Ride』もいいのですが、ヒップ・ホップ好きには、あのピート・ロック&CLスムースの名曲中の名曲、『T.R.O.Y.』の元ネタとなった『When She Made Me Promise』が最大の聴きどころでしょう。

それでは解説文を。

極上のダンス・ナンバー〈ファンキー・ナッソウ〉でその名を歴史に残したバハマのグループのデビュー作
R&Bチャート7位を記録した 〈ファンキー・ナッソウ〉だけでなく、ギター・カッティングが曲を先導する〈カム・ダウン〉など、ジェイムズ・ブラウンのファンクにも通じる、汗臭いファンキー・ダンス・ナンバーが次から次へと繰り出される本盤は、レア・グルーヴの人気盤でもある。バハマから登場した彼らの音楽は、同地のカーニバルの名前から「ジャンカヌー・サウンド」と呼ばれた。カリブの音楽とアメリカのファンクの融合だ。
【1971年作品】【2012年デジタル・リマスタリング】

アルバムは現在発売中です。









いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト
[ 2012/11/08 09:00 ] Babyface The Beginning of the End | TB(0) | CM(0)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。