FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

メイシー・グレイ、来月リリース予定の『Way』より『Hands』を公開!

メイシー・グレイ、来月リリース予定の『The Way』より『Hands』を公開!




今やキャリア19年目を迎え、グラミー賞も獲得している大ベテランメイシー・グレイ。彼女の声には圧倒的な存在感があり、リスナーを強く惹き付ける力があり、デビュー時から聴き続けてきたので、キャリア19年と聞くと、マジ?!とビックリしてしまいます。

今作はメイシーにとって8枚目のアルバムですが、12年にリリースされた2枚のアルバム、『Covered』と『Talking Book』がお気に入りの曲をカヴァーするというものと、スティーヴィー・ワンダーの同名アルバムを完全カヴァーするという企画ものだったので、純粋なオリジナル・アルバムとなると10年の『The Sellout』以来4年振りということになります。

本作は99年にリリースされたデビュー作、『Oh How Life Is』のツアー中に制作、レコーディングされたもので、“このアルバムはとてもパーソナルなもの。ファンには、私が人生のどんなステージにいるかわかってほしいし、共感して、私の音楽にインスパイアされてほしいの”と本人が語る内容となっています。

今回公開された『Hands』を聴いてみたのですが、素晴らしい!本当に素晴らしい曲です。サウンド全体から音楽をプレイすることへの新鮮な喜びが溢れ出ており、聴いているとどんどん元気が湧いてきます。実は今作が『Oh How Life Is』のツアー中にレコーディングされたという情報を聞く前に『Hands』を聴いたのですが、あまりの溌剌としたサウンドで“なにか心機一転するような出来事があったのかな”と思いましたが、後で事情を知って納得でした。




自分のルーツである曲をカヴァーした作品をリリースし、今度はデビュー当時に制作したものをリリースするという辺り、一度原点に立ち返ってスタートしたいというメイシーの気持ちがみえてきます。しかし、この作品をリリースできる気持ちになったということは、いよいよ前に進める心境になったからではないでしょうか。アルバムが非常に楽しみですね!

アルバムの発売は2014/10/7です!








いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト
[ 2014/09/25 09:00 ] Jamie Woon Macy Gray | TB(0) | CM(0)

Macy Gray(メーシー・グレイ)- 『Talking Book(トーキング・ブック)』 [ソウル 名盤]

マジか!?メイシーの429 Records移籍第2弾は、スティーヴィーの名盤『トーキング・ブック』を完全カバー!




今年全編カヴァー曲で構成された『Covered』をリリースしたメイシー・グレイが、再びカヴァー・アルバムをリリースします。しかし、同じカヴァー・アルバムと言っても今作が前作と大きく異なるのは、カヴァーする原曲です。

『Covered』ではレディオヘッドやメタリカといった、メイシー・グレイの音楽とはかなり毛色の異なるアーティストの作品を取り上げていました。そういった素材をどのように料理するのか非常に興味深かったのですが、同時にやはり思いっきりソウルをプレイするメイシー・グレイが聴きたいと思ったのも事実でした。

そんなファンのモヤモヤも、この新作で吹っ飛ぶでしょう。何故なら今作の元ネタはあのスティーヴィー・ワンダーの名盤『トーキング・ブック』なのですから!しかもアルバム全てをカヴァー!!

ソウル史上最大の偉人といっても過言ではないスティーヴィー・ワンダーの最高傑作『トーキング・ブック』。このブログでもレビューをさせていただいていますが、私にとっても歴史的名盤です。そんな誰もが認める名曲揃いのアルバムをどのように料理するのか。とにかく楽しみです。

先行公開されている『You and I』を聴いてみましたが、アレンジこそアップ・トゥ・デイトなものになっていますが、メロディはオリジナルに忠実です。しかし、曲はメーシー色に完全に染められており、メーシー・グレイというシンガーの個性の強さに改めて驚かされました。

アルバムもこういった感じで単なるスティーヴィー・ワンダーの『トーキング・ブック』の焼き直しではなく、メーシー・グレイの世界観を持った作品となるでしょう。メーシー・ファン、スティーヴィー・ファンのどちらも楽しめるのではないでしょうか。

それでは解説文を。

今年、3月に最新アルバム 『Covered 』を発表したばかりのR&Bシンガー、メイシー・グレイの新たな地平を切り拓く移籍第2弾が決定。

レディオヘッドの「Creep」、メタリカの「Nothing Else Matters」などロック楽曲をカバーし、新しい境地を聴かせたが、ファンからは賛否両論が巻き起こった前作『Covered 』。あれから約半年あまりで届けられるニューアルバムも、なんと驚きのカバー・アルバム!

但し、前作との決定的な違いは、メイシー自身がリスペクトしてやまない スティーヴィー・ワンダー の最高傑である『Talking Book』を完全カバーしているところ。 メイシー版『Talking Book』は、決してスティーヴィーの完コピーではなく、どの楽曲もメイシーのスタイルに完全に置き換えられていて、彼女がここまでスティービーの音楽を消化し切っている様には、驚かされるとともに、深い感動に襲われるという。

プロデューサーを務めるのは、ニーノ・ロータやセロニアス・モンク、レナード・コーエン等数々のトリビュート・アルバムを手掛けてきたことで知られるハル・ウィルナー が前作に引き続き担当。

メイシーのあの独特の歌声でエモーショナルに歌い上げるスティーヴィーの不朽の名曲。 スティーヴィー本人の感想も聞いてみたいですね。

トラックリスト
01. サンシャイン
02. メイビー・ユア・ベイビー
03. ユー・アンド・アイ
04. チューズデイ・ハートブレイク
05 バッド・ガール
06. 迷信
07. ビッグ・ブラザー
08. ブレイム・イット・オン・ザ・サン
09. アナザー・ピュア・ラヴ
10. アイ・ビリーヴ

発売は2012/11/7です。









いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2012/11/04 09:00 ] Jamie Woon Macy Gray | TB(0) | CM(0)

Macy Gray(メイシー・グレイ)- Covered(カヴァード) [ソウル 名盤]

 メイシー・グレイがカヴァー・アルバムをリリースします。このニュースを聞いて最初に頭に浮かんだイメージは、どんなソウル・ナンバーを取り上げてくれるのだろう?でしたが、実際に収録される予定の楽曲を見てみてびっくりしました。なんとレディオヘッド!、アーケイド・ファイア!、マイ・ケミカル・ロマンス!、そしてメタリカ!!!

 うーん、どのようなアルバムになるのでしょう。ただ、メイシー・グレイの実力はこれまでの作品ではっきりしているので、今回もしっかりとメイシー色に染め上げてくれると思います。メイシーのソウルと、ロックのナンバーがどのような化学反応をみせてくれるのか、楽しみに待ちたいと思います。

 それでは解説文を。

 昨年12月に東京で行われたマイケル・ジャクソン・トリビュート・ライブ、そして 今年始めの来日公演で圧倒的なパフォーマンスを見せつけたメイシー・グレイ。

 彼女が前作を発表したコンコードを離れ、 昨年話題を呼んだスティーヴ・クロッパーのアルバムやロバータ・フラックのビートルズ・カバー等をリリースしているSAVOY傘下の429 Recordsと契約、カバー・アルバムをリリースすることになりました。

 彼女がカバーに選んだ楽曲は、アーケイド・ファイアの「Wake Up」やユーリズミックスの「Here Comes The Rain」、レディオヘッド「Creep」、メタリカ「Nothing Else Matters」などなど。 もともとロックやブルース、ジャズ、ヒップホップ等、R&B以外の要素を多く持っていたメイシーだけに、納得の選曲。ファンキーでパワフルなハスキー・ヴォイスで名曲を彩ってくれるに違いありません。

トラックリスト・予定:()内はオリジナル・アーティスト
01. Maps(Yeah Yeah Yeahs)
02. Wake Up(Arcade Fire)
03. Nothing Else Matters(Metallica)
04. Here Comes the Rain(Eurithmics)
05. Teenagers(My Chemical Romance)
06. Creep(Radiohead)
07. Bubbly(Colbie Caillat)
08. Buck [Love Lockdown](Kanye West)
09. Two Joint(Toyes)
10. Sleep to Dream(Fiona Apple)
11. Sail(Awolnation)

プロフィール:
1970年、オハイオ州カントン生まれ(本名ナタリー・マッキンタイア)。7歳でピアノを始め、両親の聴いていた音楽、スティーヴィー・ワンダー、マー ヴィン・ゲイ、アレサ・フランクリン、オールド・スクール・ヒップホップといった様々な音楽に感化されミュージシャンになることを決意。ミュージシャンを 目指し、ロスに移住して自身のバンドを結成、ジャズやポップス・スタンダードを歌いプロのキャリアをスタートさせた。アトランティック・レコードと契約 後、epic・レコードに移籍。デビュー作『オン・ハウ・ライフ・イズ』は、1999年リリースとなった。一躍メイシーはそのハスキーな歌声、スタイルか らニーナ・シモン、ビリー・ホリデイの再来として、シーンの寵児となった。2000年、シングル「アイ・トライ」により、"Best Female Pop Vocal Performance "部門でグラミー賞を受賞、アルバムは700万枚というセールスをたたき出した。2007年にはブラックアイド・ピーズの頭脳、ウィル・アイ・アムのレー ベル=ウィル・アイ・アム・ミュージックへ移籍。『BIG』をリリースし、大ヒットを記録。2010年、コンコードに移籍、原点に立ち戻って作り上げ た、"自分らしさ"の結晶『ザ・セルアウト』をリリース。グラミー賞ノミネート歴6回、これまでのアルバム売上枚数は累計1500万枚を記録している。

発売は2012/3/21です。









いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2012/02/23 09:00 ] Jamie Woon Macy Gray | TB(0) | CM(0)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。