FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Cody Chesnutt(コディ・チェスナット)- 『Landing on a Hundred(ランディング・オン・ア・ハンドレッド)』 [ソウル 名盤]

才人、コーディ・チェスナットのニュー・アルバム『Landing On A Hundred』が登場!


Cody Chesnutt / Landing On A Hundred 輸入盤 【CD】

Cody Chesnutt / Landing On A Hundred 輸入盤 【CD】
価格:2,405円(税込、送料別)



デビュー前からその才能が大きな注目を集めていたコーディ・チェスナット。2002年の傑作『The Headphone Masterpiece』でその評価を確固たるものにし、さらにはこのアルバムでもレビューしたザ・ルーツの『Phrenology』に彼の名曲『The Seed』が収録されたことで、さらなるリスペクトを集めました。

しかし、このコーディ・チェスナットは単に才能に溢れたアーティストというだけではありません。新作のジャケットを見ていただくとお分かりになられるかもしれませんが、ちょっとイッちゃったところのあるアーティストなのです。1stでもストレンジな要素がかなりちりばめられていました。個人的にはリー・“スクラッチ”・ペリーに近いのではと思っています。

そういった個性からか、彼の作る音楽はソウルにゴスペル、ブルース、レゲエ、フォークといった音楽が、ちょっと予想もしない方法でブレンドされていて、唯一無二のものになっています。今作はアル・グリーンもレコーディングしたというメンフィスの『ロイヤル・スタジオ』でレコーディングされたということで、かなり泥臭いソウルになっているのではと期待しています。

それでは解説文を。

02年に発表した1stアルバム『Headphone Masterpiece』のロックやソウル、ブルース、ゴスペル、フォーク等をミックスしたオリジナルなスタイルが高い評価を得、さらに自身の楽曲をザ・ ルーツがリメイクしてヒットさせた「Seed 2.0」で知られるコディ・チェスナットの待望のニューアルバム。間にEP『Black Skin No Value』を発表したものの、アルバムとしては実に10年ぶり。レコーディングを行ったのは、アル・グリーン等のHI作品でソウル・ファンにはあまりに も有名なメンフィスにある故ウィリー・ミッチェルのロイヤル・スタジオで、南部ソウルの匂い漂う作品に仕上がってます。

発売は2012/11/21です。










いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト
[ 2012/11/03 09:00 ] Cage The Elephant Cody Chesnutt | TB(0) | CM(0)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。