FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Timbaland(ティンバランド) - 『Timbaland Presents: Shock Value(ショック・ヴァリュー) [ヒップ・ホップ 名盤]

ティンバランドが2007年にリリースした名盤、『ティンバランド・プレゼンツ・ショック・ヴァリュー』がSHM-CDで再発!




現在、誰もが認めるスーパープロデューサーのティンバランド。そんな彼がプロデューサーとしてデビューしたのが1996年で、その年に彼が手掛けた作品がアリーヤの2ndアルバム『One in a Million』、Ginuwineのデビュー作『Ginuwine…the Bachelor』、そしてのちにシーンをリードする存在となった天才ミッシー・エリオットデビュー作『Supa Dupa Fly』です。

Ginuwineのデビュー作は以後R&B史に残る傑作として評価されていますし、このアルバムではまだ本領発揮とはいっていませんが、ティンバランドに近い感性を持つミッシー・エリオットの登場によって、ティンバランドというミュージシャンの存在が大きくクローズアップされることになりました。

その後トップ・プロデューサーとして数々の大物とコラボをしていくのですが、その集大成とも言える作品が2007年にリリースされた2ndアルバム、『ティンバランド・プレゼンツ・ショック・ヴァリュー』です。このアルバムは前作から9年というスパンをおいての作品で、その期間のティンバランドの経験が詰まった非常に濃い作品になっています。さらに、“ヒップ・ホップ/R&Bプロデューサー”というイメージが強い彼ですが、このアルバムは実に多様性に富んだ楽曲が並ぶ内容になっています。今回2nd、3rdアルバムが再発されるのですが、今回は2ndアルバムのレビューを書かせていただきます。

参加ミュージシャンも豪華で、ネリー・ファータド、ジャスティン・ティンバーレイク、ケリ・ヒルソン、ドクター・ドレ、ミッシー・エリオット、50セント、トニー・イエイヨー、フォール・アウト・ボーイ、エルトン・ジョンなど、目もくらむばかりのラインナップです。

どこから手を付けようか迷ってしまうような充実振りなのですが、まずはやはりティンバランドらしいビートの効いた作品から紹介させていただきます。オープニング・ナンバー『Oh Timbaland』はエスニックなメロディと跳ねるビートが癖になる中毒性の高いナンバーです。このメロディは相当耳に残ります。

ネリー・ファータドの奇妙なメロディと低音ベースがダークな空気を生み出す『Give It To Me』は、ティンバランドのR&Bプロデューサーとしての資質が全面に出た曲で、ジャスティン・ティンバーレイクのスムースな歌との相性も抜群です。同じくジャスティン・ティンバーレイクをフューチャーした『Release』は低音が効いていて、クラブで映えそうなナンバーです。

他にもケリ・ヒルソンとD.O.E.をフューチャーした『The Way I Are』、同じくケリ・ヒルソンとプッシーキャット・ドールズのニコールをフューチャーした『Scream』、『Hello』はR&B色の強いナンバーですが、ティンバランドにしか出来ない特別な味付けがされており、単なる質の良いR&Bでは片付けられないクオリティを誇っています。

一番興味をそそるであろう、ドクター・ドレとミッシー・エリオットというビッグネームが参加した『Bounce』はとにかくダークな空気に支配された曲ですが、とにかくビートがかっこいい!ブーンと唸っているベース、弾みながらノイジーなドラム、そしてそれに絡む不思議なシンセ音。こんな音を作れるのはティンバランドだけでしょう!さらに中盤から、まさにミッシー・エリオット!という転調をする辺りもファンにはたまりませんね。それほどコマーシャルな音ではないですが、めちゃくちゃ聴き応えのある名曲です。

さらに50セントとトニー・イエイヨーが参加した『Come And Get Me』。この大袈裟過ぎるようなバック・トラックも彼らのラップが入ると不思議とすんなり聴くことができます。

ヒップ・ホップ/R&Bという枠から大きく逸脱した曲も幾つか収録されており、この辺りにティンバランドというプロデューサーの特異性がよく現れていると思います。例えばアマールとジム・ビーンズをフューチャーした『Bombay』はインド音楽が大胆に取り入れられたナンバーで、強烈な印象を残します。また、ハードなロック・バンド、ハイヴスとコラボした『Throw It On Me』はヒップ・ホップとロックのグルーヴを力技でミックスしたような豪快な曲です。また、スタート後すぐにフォール・アウト・ボーイズ!?と感じる『One And Only』は、ほぼ黒い要素なしのポップど真ん中な曲で、『Apologize』は透明感が際立つバラードになっていて、この2曲はこれまでの流れとあまりに違ってちょっとびっくりさせられます。

エルトン・ジョンをフューチャーした『2 Man Show』は、エルトン・ジョンのピアノがベースとなり、彼らしいメロディが素晴らしい曲なのですが、コーラスとビートによってティンバランド色もしっかりとついた理想的な仕上がりで、聴くたびに音世界に引き込まれる曲です。

これだけ聴き応えのある曲が揃ったアルバムなのですが、最強の曲はアルバムの一番最後に配されている『Come Around』です。ミッシー・エリオットに勝るとも劣らない個性の持ち主M.I.A.が参加ているのですが、“ストレンジ”という表現がぴったりなとにかく変わった曲です。ライムがぶっ飛んでいて耳が離せないですし、“Dan dada dan dan B-girls on!”というフレーズが耳に残ることこの上ない!“Come down、come down come down”のところも異様にかっこいいですし。M.I.A.最高です!これは言葉で表現することは不可能で、とにかく聴いていいただきたいです。音も完全に狂ってる。この曲の中毒性はとんでもない。これほどかっこいい曲はそうそうありません。

とにかくバラエティに富でいながら、素晴らしいクオリティを持った名盤としかいいようのないアルバムです。時代が進みリリースされた当時のような先進性は薄れましたが、それでもこのアルバムに衝撃を受けることは間違いないでしょう。ティンバランドというミュージシャンがどれほど才能を持っているのか思い知らされる作品です。

1. Ohティンバランド
2. ギヴ・イット・トゥ・ミー FEAT.ネリー・ファータド&ジャスティン・ティンバーレイク
3. リリース FEAT.ジャスティン・ティンバーレイク
4. ザ・ウェイ・アイ・アー FEAT.ケリ・ヒルソン&D.O.E.
5. バウンス FEAT.ドクター・ドレー、ミッシー・エリオット&ジャスティン・ティンバーレイク
6. カム・アンド・ゲット・ミー FEAT.50セント&トニー・イエイヨー
7. キル・ユアセルフ FEAT.セバスチャン&アティチュード
8. ボードミーティング FEAT.マグー
9. ファンタジー FEAT.マネー
10. スクリーム FEAT.ケリ・ヒルソン&ニコールFROMプッシーキャット・ドールズ
11. ミスコミュニケーション FEAT.ケリ・ヒルソン&セバスチャン
12. ボンベイ FEAT.アマール&ジム・ビーンズ
13. スロー・イット・オン・ミー FEAT.ハイヴス
14. タイム FEAT.シー・ウォンツ・リヴェンジ
15. ワン&オンリー FEAT.フォール・アウト・ボーイ
16. アポロジャイズ FEAT.ワン・リパブリック
17. 2・マン・ショウ FEAT.エルトン・ジョン
18. ハロー FEAT.ケリ・ヒルソン&アティチュード
19. カム・アラウンド FEAT.MIA

アルバムは現在発売中です。










いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト
[ 2012/10/27 09:00 ] Rick Ross Timbaland | TB(0) | CM(0)

Timbaland(ティンバランド) - 『Timabaland Presents : Shock Value(ティンバランド・プレゼンツ・ショック・ヴァリュー)』 [ヒップ・ホップ 名盤]

現在トップ・プロデューサーの一人ティンバランドのソロ名義アルバム2枚がSHM-CDで再発!




その特異な音楽性で時代をリードしてきたティンバランドのソロ名義作が再発されます。

現在、誰もが認めるスーパープロデューサーのティンバランド。1996年のアリーヤの2ndアルバム『One in a Million』とGinuwineのデビュー作『Ginuwine…the Bachelor』でシーンに衝撃を与えて以来、数々の名曲を生み出してきています。意外にもそんな多作なティンバランドがソロ名義でリリースしたアルバムは僅かに3枚。しかし、その濃さが凄い!今回再発されることになった2007年の2ndアルバム『ティンバランド・プレゼンツ・ショック・ヴァリュー』、そして2009年リリースの『ティンバランド・プレゼンツ・ショック・ヴァリューⅡ』。どちらもティンバランドらならではの特異な音楽と、実に多様性に富んだ楽曲が並ぶ名作です。

ミッシー・エリオットを見いだしたのがティンバランドだという事実が、彼の特別な音楽性を物語っていると思います。発売は2012/10/17です。それでは解説文を。

ティンバランドの9年ぶり(2007年時)となるセカンド・ソロ・アルバム。想像を遥かに超えるビートに、ラップ、ヒップホップにポップからパンク・ポップ、ガレージ・ロック、アジア音楽までをも融合した衝撃のサウンドで世界を震撼させた一枚。






ティンバランドの、全米5位の大ヒットを記録した前作から2年の歳月を経て登場した、豪華コラボレーションによる2009年発表のサード・ソロ・アルバム。










いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2012/10/14 18:00 ] Rick Ross Timbaland | TB(0) | CM(0)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。