FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Karriem Riggins(カリーム・リギンス)- Alone Together(アローン・トゥゲザー) [ヒップ・ホップ 名盤]

このビートを聴かずにいれるか!?現代を代表するビート・マスターKarriem Rigginsの『Alone Together』




個人的にあまり詳しくないのですが、デトロイトを代表するジャズ・ドラマーであり、ハービー・ハンコックやドナルド・バード、ポール・マッカートニー、オスカー・ピーターソンなどといった伝説のミュージシャンと共演を果たし、またコモン、エリカ・バドゥ、ドウェレ、スラム・ヴィレッジといったヒップ・ホップ/R&Bアーティストのプロデュースも手掛けるといった才人でもあるKarriem Riggins。この情報だけでももう相当興味がわくのですが、さらに今回のフルアルバムは34曲全曲インストという、ビートを楽しむには最高の作品なのです!J・ディラ『Donuts』やマッドリブ『Beat Konducta』といった作品が引き合いに出されていますが、それ級のインパクトをもたらしてくれるのではないでしょうか。

コモンと共演した音源がこちらで少し聴くことができます。

それでは解説文を。

ポール・マッカートニー、ハービー・ハンコック、コモン等の作品に関わってきたジャズ・ドラマー/プロデューサーの待望の ファースト・アルバム。全34曲に及ぶ珠玉のトラックを収録した本作は、J・ディラ『Donuts』やマッドリブ『Beat Konducta』シリーズ、J・ロック『Some Cold Rock Stuf』に続く渾身のインストルメンタル・アルバム。

アルバムは現在発売中です。











いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。