FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Heavy D&The Boyz(ヘヴィD & ザ・ボーイズ)- Peaceful Jurney(ピースフル・ジャーニー) [ヒップ・ホップ 名盤]

ヘヴィD&ザ・ボーイズが1991年にリリースした名作『ピースフル・ジャーニー』が再発!




昨年この世を去り、多くのファンを悲しませたドウェイン・アリングトン・マイヤーズことヘヴィ D。そんな彼を中心としたグループ、ヘヴィ D&ザ・ボーイズの1991年の3rdアルバム『ピースフル・ジャーニー』が再発されます。

大ヒットした『Now That We Found Love』は当時ニュー・ジャック・スウィングで飛ぶ鳥を落とす勢いだったテディ・ライリーによるもので、高いレベルで完成されています。それ以外のアルバム収録曲も全盛期のテディ・ライリーの充実振りを感じられるクオリティの高いものばかりです。

ニュー・ジャック・スウィングを代表する一枚として人気のある作品ですが、この作品以外にヘヴィ D&ザ・ボーイズの作品をプロデュースしたのは、マーリー・マール、DJプレミア、ピート・ロックといったヘッズにはたまらないレジェンド揃いで、興味のある方はぜひ聴いていただきたいと思います。

それでは解説文を。

1980~90年代に人気を博したヒップホップ・グループ、へヴィD&ザ・ボーイズが 1991年に発表した傑作アルバム。80年代後半に勃発したニュー・ジャック・スウィング・ムーヴメントを理想的に体現した楽曲「ナウ・ザット・ウィ・ ファウンド・ラヴ」(テディ・ライリー・プロデュース)が特大ヒットを記録。 (C)RS

発売は2012/10/17です。









いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。