FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

The Mamas & Papas(ザ・ママス・アンド・パパス)- 『People Like Us Deluxe Edition(ピープル・ライク・アス~デラックス・エディション)』 [ロック 名盤]

洗練されたグルーヴィーなAORの名作、ママス&パパスの『ピープル・ライク・アス』がデラックス・エディションで再発!




1965年に結成されたママス&パパスはミッシェルのフィリップス夫妻が所属するフォークバンド“ニュージャーニーメン”を母体としていたため、フォークロック色の強いグループでしたが、この『ピープル・ライク・アス』ではジョー・サンプル、デヴィッド・T・ウォーカー、エド・グリーン、アール・パーマーといったフュージョンを代表する腕利きのセッションマンを集めたことにより、非常に完成度の高いグルーヴィーなAORに仕上がっています。実際にはこのアルバムが作られた時期にはグループは解散状態にあったのですが、契約として制作しなければならなかった作品だったので、各メンバーが個人的に制作した曲を持ち寄って作られましたという事情があるのですが、グループ本来のどこかのんびりとした空気と、洗練された音が節妙に溶け合って何度でも聴きたくなるような作品となっています。

それでは解説文を。

ママス&パパスの最後のアルバムとなった1971年発表の作品(4作目)がデラックス・エディションとして待望のリイシュー! バンドとして解散状態にあったものの契約上、制作せざるを得なかったためメンバーが再集結して作られたという曰くつきのアルバムですが、オーケストラ・ア レンジにモータウンで活動していたジーン・ペイジを起用し、ジョー・サンプル、デヴィッド・T・ウォーカー、エド・グリーン、アール・パーマーら腕利きの セッション・ミュージシャンたちによって作り上げられたファンキーなAROサウンドは今までの彼らサウンドとは一線を画す素晴らしい作品となっています。 アルバム未収録音源、ジョン・フィリップスのソロ・シングル「ミシシッピ」などボーナス・トラック9曲収録。メンバーたちの証言を基にした詳細なライナー ノーツの対訳付。全21曲収録。

発売は2012/9/25です。










いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト
[ 2012/10/01 09:00 ] ロック M~P The Mamas & Papas | TB(0) | CM(0)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。