FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Sir Joe Quarterman & Free Soul(サー・ジョー・クォーターマン & フリー・ソウル) [ソウル 名盤]

レア・グルーヴ・マニア狂喜の名盤、『サー・ジョー・クォーターマン & フリー・ソウル』が10曲のボーナス・トラックを追加して再発!




もはやレア・グルーヴの定番中の定番といっていいこのアルバム。1973年にサー・ジョー・クォーターマン & フリー・ソウルによってリリースされた彼ら唯一の作品です。アルバムの中でも最も有名なのは超強力なレア・グルーヴ・ナンバー『(I Got) So Much Trouble In My Mind』 でしょう。JB直系のグルーヴが爆発した熱い、熱い一曲です。ホーンとギターのシンプルな絡みで引っ張る『The Trouble With Trouble』はそのシンプルさゆえにゾクゾクする格好良さがありますし、『I Feel Like This』はギターのカッティングとホーンがゆったりとした黒いグルーヴを生み出す名曲です。そして個人的には中盤のハンドクラップとコーラス、そして歓声(?)のみでぐいぐい押していく部分にたまらないファンキーさを感じる『Give Me Back My Freedom』が最高です!

サー・ジョー・クォーターマンがトランぺッター/ヴォーカリストということでアルバムを通じてホーンが活躍しています。ホーン中心のレア・グルーヴってたまらないですね。

少し前ですが、レア・グルーヴの名盤を紹介した『レア・グルーヴA to Z』で大枠掲載されたことでも話題になりましたね。真っ黒なファンクからソウル風味のものまで曲のバリエーションはありますが、レア・グルーヴが好きなら全曲気に入るクオリティのものばかりです。未聴の方にはぜひ聴いていただきたい作品です。

それでは解説文を。

【Timeless Classics】の名にふさわしいファンク/レア・グルーヴ名盤が久しぶりの正規日本盤化、初となる紙ジャケット仕様で復活!


世界初登場の目玉曲として不朽のファンク・クラシック「(I Got) So Much Trouble In My Mind」の完全未発表となるプロトタイプ[1969ヴァージョン]を収録した新定盤。
サー・ジョー自身のヘタウマ画が憎めないユニークなジャケットはやはり紙ジャケで愛でるのが最もふさわしいでしょう。

▼ オリジナル・ジャケットを忠実に再現したA式紙ダブル・ジャケット仕様
▼ 初回限定生産
▼ ボーナス・トラック10曲収録

1. (I Got) So Much Trouble In My Mind
2. I Made A Promise
3. The Trouble With Trouble
4. The Way They Do My Life
5. Find Yourself
6. Gonna Get Me A Friend
7. Give Me Back My Freedom
8. I Feel Like This
9. Live Now Brothers
10. Thanks Dad (Parts 1 & 2)
11. I'm Gonna Get You
12. This Girl Of Mine (She's Good To Me)
13. No
14. Get Down Baby (Parts 1 & 2)
15. I'm A Young Man
16. How High
17. Let Me Be What I Am
18. You Know It's True
19. (I Got) So Much Trouble In My Mind [1969 version]

発売は2012/9/26です。






文中で紹介させていただいた著書です。80年代後半に誕生した、過去のマイナーなソウルやファンク、ジャズを独自の視点で再評価する“レア・グルーヴ”という概念。その後もヒップホップのサンプリング・カルチャーなどとリンクしながら、この20年の間にますますディープな音源を掘り起こすに至っています。本書は、これまでに“発見”されてきたレア・グルーヴと呼べるレコードを、できる限り網羅したディスク・ガイド。ただし、入門盤100枚を別枠で紹介し、CD化情報も掲載するなど、これから聴き始めたい方にも十分楽しんでいただける内容になっています。国内外の著名DJ/コレクターのインタヴューやチャートも必見です。










いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。