FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Bob Dylan(ボブ・ディラン)- 『The Complete Album Collection Vol. One (USB)』

これはとんでもない!ボブ・ディランの全キャリアを網羅したコンプリートボックス発売決定!




62年にセルフ・タイトル・アルバム『ボブ・ディラン』でデビューしたボブ・ディラン。最新作『テンペスト』までの期間は実に50年。そのキャリアを総括するボックス・セットがリリースされます。内容はスタジオ・アルバム35作、ライヴ6作にボーナスCDを加えた42作品ということです。CDの枚数は47枚で、さらに限定ナンバー入りのハーモニカ型USBがつくそうです。

ボブ・ディランの歴史を一言で語るなどということはもちろん不可能ですが、 歳となった現在でも形ばかりでなく作品のクオリティにおいて一線で活躍する、数少ない真のレジェンド・アーティストです。ただ、キャリアを通じて一線で活躍してきたボブ・ディランですがその内容は決して平坦なものではなく、常に革新と挑戦を続けてきた戦いの歴史でもあるのです。そのボブ・ディランのキャリアをこういった形でまとめるということは非常に意味のあることだと思います。

また、気になるボーナス・ディスクの内容ですが、アルバム未収録シングル、シングルB面曲、その他のレア楽曲をまとめた2枚組ということで『サイド・トラックス』というタイトルがつけられているとのことです。

【収録予定アルバム】  *…新規リマスター音源<Studio Albums>
1 Bob Dylan (1962)
2 The Freewheelin' Bob Dylan (1963)
3 The Times They Are a-Changin' (1964)
4 Another Side of Bob Dylan (1964)
5 Bringing It All Back Home (1965)
6 Highway 61 Revisited (1965)
7 Blonde on Blonde (1966)
8 John Wesley Harding (1967)
9 Nashville Skyline (1969)
10 *Self Portrait (1970)
11 New Morning (1970)
12 *Pat Garrett & Billy the Kid (1973)
13 *Dylan (1973)
14 Planet Waves (1974)
15 Blood on the Tracks (1975)
16 The Basement Tapes (1975)
17 Desire (1976)
18 *Street Legal (1978)
19 Slow Train Coming (1979)
20 *Saved (1980)
21 Shot of Love (1981)
22 Infidels (1983)
23 *Empire Burlesque (1985)
24 *Knocked Out Loaded (1986)
25 *Down in the Groove (1988)
26 Oh Mercy (1989)
27 *Under the Red Sky (1990)
28 *Good as I Been to You (1992)
29 *World Gone Wrong (1993)
30 Time Out of Mind (1997)
31 Love and Theft (2001)
32 Modern Times (2006)
33 Together Through Life (2009)
34 Christmas in the Heart (2009)
35 Tempest (2012)
<Live Albums>
36 Before the Flood (1972)
37 *Hard Rain (1976)
38 *Bob Dylan at Budokan (1979)
39 *Real Live (1984)
40 Dylan & the Dead (1989)
41 MTV Unplugged (1995)
<Bonus CD>
42 "Side Tracks"
収録曲:1 Baby, I'm in the Mood for You / 2 Mixed-Up Confusion / 3 Tomorrow Is a Long Time (live) / 4 Lay Down Your Weary Tune / 5 Percy's Song / 6I'll Keep It with Mine / 7 Can You Please Crawl Out Your Window? / 8 Positively 4th Street / 9 Jet Pilot / 10 I Wanna Be Your Lover / 11 I Don'tBelieve You (She Acts Like We Never Have Met) (live) / 12 Visions of Johanna (live) / 13 Quinn the Eskimo / 14 Watching the River Flow / 15When I Paint My Masterpiece / 16 Down in the Flood / 17 I Shall Be Released / 18 You Ain't Goin' Nowhere / 19 George Jackson (acousticversion) / 20 Forever Young / 21 You're a Big Girl Now / 22 Up to Me / 23 Abandoned Love / 24 Isis (live) / 25 Romance in Durango (live) / 26Caribbean Wind / 27 Heart of Mine (live) / 28 Series of Dreams / 29 Dignity / 30 Things Have Changed

アルバムの発売は2013/11/5ですが、楽天の方では既に品切れとなっています。







いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト
[ 2013/11/04 09:00 ] Animal Collective Bob Dylan | TB(0) | CM(0)

Bob Dylan(ボブ・ディラン)- Tempest(テンペスト) [ロック 名盤]

ボブ・ディラン、デビュー50周年を飾るニュー・アルバム『テンペスト』!






遂にデビュー50周年です!本当にボブ・ディランというアーティストは途方もないですね。しかもさらに凄いことに、ディランの作品は未だにファンを魅了してやまないのです。こんなことをいうと怒られるかもしれませんが、私にとってローリング・ストーンズやエアロスミスといったバンドは過去のバンドであり、現在も新作をリリースしてはいますがそれらの作品はすでに輝きを失っています。

ほとんどのベテランはそうでしょう。昔の勢いでなんとか飛行しているといった感じです。しかしディランは完全に現役で、毎作聴くのが楽しみで仕方のないアーティストです。ブルース・スプリングスティーンもそうですね。

そんなディランの新作、詳細は不明ですがそんなことが分からなくても信じて買って問題ないと言い切れるアーティストです。それでは解説文を。

風に吹かれて、転がる石のように約半世紀・・・ロックの時代を作り、時代を変革し、様々 な人々の人生に影響を与え続け、自ら進化し続ける“ロック界最重要アーティスト”ボブ・ディラン。1962年デビュー・アルバム『ボブ・ディラン』を発売 以来、今年2012年は遂にデビュー50周年!(1962年デビューは他ビートルズ、ローリング・ストーンズ、ビーチ・ボーイズなど)
全世界アルバム・トータル売上1億枚。ロックの殿堂入り、グラミー賞、ゴールデングローブ賞、アカデミー賞(主題歌賞)他、数多くの賞も受賞。ノーベル文 学賞にも毎年ノミネートされ、2008年にはピューリッツァー賞特別賞、2012年にはオバマ米大統領から文民最高位の「大統領自由勲章 (Presidential Medal of Freedom)」授与される。今もなお年間100ヶ所以上の“NEVER ENDING TOUR”継続中。2010年3月の来日公演は驚異の日替りセットリストで行なわれ、奇跡のライヴハウス・ツアーとして既に伝説化。

デビュー50周年、71歳にして今もなお現役バリバリ、走り続けるロックの神様ディラン、通算35作目となるニュー・アルバムです。


国内盤
【初回生産限定盤 - Deluxe Edition】
スペシャル・ブックレット付(ボブ・ディランがフィーチャーされたレアな雑誌の表紙集めた60ページにも渡るブックレット)/ 解説と対訳付

発売は2012/9/26です。








【通常盤】
解説対訳付

トラックリスト
1. Duquesne Whistle
2. Soon After Midnight
3. Narrow Way
4. Long and Wasted Years
5. Pay In Blood
6. Scarlet Town
7. Early Roman Kings
8. Tin Angel
9. Tempest
10. Roll On John

こちらも2012/9/26発売です。







既に聴いた人もいるようで…、下記は“HIGH-HOPES”のブログより、英雑誌UNCUTの記者による感想。
ボブ・ディランの9月にリリースされるニューアルバム『テンペスト』について、ちょちょろ漏れ聞こえてきてます。英雑誌UNCUTの記者による感想です
※  ※  ※  ※  ※
『4-5曲聴いたところで、これはどこまでよくなっていくのだろうと思った。
第一印象というものは得てして当てにならないものだが、時にはそれがそのまま事実となることもある。何年も前にスティングのアルバム「ソウル・ケージ」を聴いて、それまで聴いた中で最悪のアルバムだと早合点したレヴューを書いてしまったことがある。そんな判断をしてしまったとは何と酷い早合点だっただろうとどんなに後悔したことか。実際は第一印象よりも酷い内容だったのだ。〆切を無視して、もっと時間をかけて聴いていれば、その酷さの実態をもっとうまく伝 えられたのにと思う。

しかし「テンペスト」を最初に聞いたときは、紛れもなく一筋縄ではいかないディランの姿を表しているかのように思われた。収録曲は10曲、約75分にわたり、タイトル曲だけでもその大きな部分を占める。一節一節が後を追うように流れていく様子は『廃墟の街 (Desolation Row)』を彷彿とさせる。従って1回聴いただけでは理解することが多すぎ、メモを取るのもはばかられてしまう。トラックリストもついてこなかったが、9 月の発売までは早まって詳細を語ってはならないので、それに関しては問題ない。

ただ、私が懲罰されることなく言えるのは、「テンペスト」の音を想像しようとするのであれば、「トゥゲザー・スルー・ライフ」の大半や「モダン・タイムズ」の一部において中枢をなしていた騒々しいロードハウス・ブルースはあまり出てこないと考えたほうがいいかも知れないものの、近年の彼のサウンドの特徴でもあり、完全に放棄されているわけではないということである。

「ラヴ・アンド・セフト」のようにジャジーなリヴァーボート・シャッフルが入りすぎているわけでも、例えば「モダン・タイムズ」の『ネティ・ムーア』や (「ラヴ・アンド・セフト」に収録されている)『ハイ・ウォーター(フォー・チャーリー・パットン)』などのようにフォークの伝統に共鳴する要素が多くあるわけでもない。

また、「ラヴ・アンド・セフト」の『ミシシッピ』や「タイム・アウト・オブ・マインド」に収録されるために録音されたものの、2003年の映画「ゴッド& ジェネラル~伝説の猛将」のサウンドトラックとしてディランが書き下ろした独立戦争の壮大な歌『クロス・ザ・グリーン・マウンテン』とともに2009年に CD3枚組セット「テル・テイル・サインズ」に収録されるまで日の目を見ることがなかった『レッド・リヴァー・ショア』を基準点として考えてもよいかも知れない。

最初に出てきたときはほとんど聴いた者がいなかったが、数週間前に「テンペスト」が華々しくヴェールを脱いだときに何度も思ったのは、今この場で語られないとしても、その最後の曲は今後話題になるだろうということだった。

(“HIGH-HOPES”のブログより)






いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2012/09/21 09:00 ] Animal Collective Bob Dylan | TB(0) | CM(0)

Bob Dylan(ボブ・ディラン) - Chimes of Freedom: Songs of Bob Dylan [ロック 名盤]

 とんでもないアイテムが発売されます!

 ボブ・ディランのデビュー50周年を記念して、様々なアーティストによるトリビュート盤がリリースされるのですが、まずそのメンツが凄い!エルヴィス・コステロにパティ・スミス、さらにはラファエル・サディーク(!)、トム・モレロ、アデル、、、なんなんですかこのメンツは!めちゃくちゃ豪華であり、しかもジャンルレス!デビューから50年が経過した今も、ただ惰性で活動しているのではなく、しっかりと実力で勝負しているボブ・ディラン。その影響力はとてつもないものがあります。なんといっても影響を受けたアーティストが、ビートルズからKe$haまでって!

 しかも、アルバム・タイトル曲である『Chimes Of Freedom』のセルフ・カヴァーも収録されるようです。

 さらに、4枚組みというボリュームでありながら、現在アマゾンでの値段が、\1,939って!!!それは即買いでしょう。

 それでは解説文を

 ボブ・ディラン(Bob Dylan)のデビュー50周年を記念して来年、豪華アーティストによるトリビュート集がリリースされるが、その詳細が明らかになった。

 来年1月にリリース予定のトリビュート集“Chimes Of Freedom: Songs Of Bob Dylan Honoring 50 Years of Amnesty International”は、偉大なミュージシャンの半世紀にわたる活躍を讃えるため、CD4枚組、70曲以上が収録される。参加アーティストも80組にのぼり、スティング、パティ・スミス、ジョー・ペリーらから、トム・モレロ、マイ・モーニング・ジャケットに、エルビス・コステロ、ダイアナ・クラールもいれば、ナターシャ・ベディングフィールド、マイリー・サイラスにレッドワン(RedOne)やケシャ(Ke$ha)らまで顔をそろえる。

 さらにケイナーン(K'Naan)やアンジェリーク・キジョー(Angelique Kidjo)、ジギー・マーリー(Ziggy Marley)の他に、ラファエル・サディーク(Raphael Saadiq)、アデル(Adele)、レニー・クラヴィッツ(Lenny Kravitz)、マルーン5(Maroon 5)と、多彩というよりも「全方位」の布陣だ。喉の手術を終えて療養中のアデルは、まもなく発売されるライブDVD“Live at the Royal Albert Hall”でも披露され、同公演では故エイミー・ワインハウス(Amy Winehouse)に捧げられた、ディランの“Make You Feel My Love”カバー・パフォーマンスが収録されるようだ。最後には表題曲となる、ディラン64年の“Chimes Of Freedom”本人版が収録される。

 トリビュート集“Chimes Of Freedom: Songs Of Bob Dylan Honoring 50 Years of Amnesty International”は、来年1月30日発売予定。売り上げの一部は、非政府組織アムネスティ・インターナショナルに寄付される。ちなみに、アムネスティ・インターナショナルはディランがデビュー・アルバムを発表したのと同じ62年に創立されている。(s)

tracklisting:
CD1
Raphael Saadiq - Leopard-Skin Pill-Box Hat
Patti Smith Drifter's - Escape
Rise Against - Ballad of Hollis Brown
Tom Morello The Nightwatchman - Blind Willie McTell
Pete Townshend - Corrina, Corrina
Bettye LaVette - Most of the Time
Charlie Winston - This Wheel's On Fire
Diana Krall - Simple Twist of Fate
Brett Dennen - You Ain't Goin' Nowhere
Mariachi El Bronx - Love Sick
Ziggy Marley - Blowin' in the Wind
The Gaslight Anthem - Changing of the Guards
Silversun Pickups - Not Dark Yet
My Morning Jacket - You're A Big Girl Now
The Airborne Toxic Event - Boots of Spanish Leather
Sting - Girl from the North Country
Mark Knopfler - Restless Farewell

CD2
Queens Of The Stone Age - Outlaw Blues
Lenny Kravitz - Rainy Day Woman # 12 & 35
Steve Earle & Lucia Micarelli - One More Cup of Coffee (Valley Below)
Blake Mills - Heart Of Mine
Miley Cyrus - You're Gonna Make Me Lonesome When You Go
Billy Bragg - Lay Down Your Weary Tune
Elvis Costello - License to Kill
Angelique Kidjo - Lay, Lady, Lay
Natasha Bedingfield - Ring Them Bells
Jackson Browne - Love Minus Zero/No Limit
Joan Baez - Seven Curses (Live)
The Belle Brigade - No Time To Think
Sugarland - Tonight I'll Be Staying Here With You (Live)
Jack's Mannequin - Mr. Tambourine Man
Oren Lavie - 4th Time Around
Sussan Deyhim - All I Really Want To Do
Adele - Make You Feel My Love (Recorded Live at WXPN)

CD3
K'NAAN - With God On Our Side
Ximena Sari醇oana - I Want You
Neil Finn w/ Pajama Club - She Belongs to Me
Bryan Ferry - ob Dylan's Dream
Zee Avi - Tomorrow Is A Long Time
Carly Simon - Just Like a Woman
Flogging Molly - The Times They Are A-Changin
Fistful Of Mercy - Buckets Of Rain
Joe Perry - Man Of Peace
Bad Religion - It's All Over Now, Baby Blue
My Chemical Romance - Desolation Row (Live)
RedOne f/ Nabil Khayat - Knockin' on Heaven's Door
Paul Rodgers & Nils Lofgren - Abandoned Love
Darren Criss f/ Chuck Criss & Freelance Whales - New Morning
Cage the Elephant - The Lonesome Death of Hattie Carroll
Band of Skulls - It Ain't Me, Babe
Sin醇Pad O'Connor - Property of Jesus
Ed Roland & The Sweet Tea Project - Shelter From The Storm
Ke$ha - Don't Think Twice, It's All Right
Kronos Quartet - Don't Think Twice, It's All Right

CD4
Maroon 5 - I Shall Be Released
Carolina Chocolate Drops - Political World
Seal & Jeff Beck - Like A Rolling Stone
Taj Mahal - Bob Dylan's 115th Dream
Dierks Bentley - Senor (Tales of Yankee Power) (Live)
Mick Hucknall - One Of Us Must Know (Sooner Or Later)
Thea Gilmore - I'll Remember You
State Radio - John Brown
Dave Matthews Band - All Along the Watchtower (Live)
Michael Franti - Subterranean Homesick Blues
We Are Augustines - Mama, You Been On My Mind
Lucinda Williams - Tryin' To Get To Heaven
Kris Kristofferson - Quinn The Eskimo (The Mighty Quinn)
Eric Burdon - Gotta Serve Somebody
Evan Rachel Wood - I'd Have You Anytime
Marianne Faithfull - Baby Let Me Follow You Down (Live)
Pete Seeger - Forever Young
Bob Dylan - Chimes Of Freedom

発売は2012/1/24です。









いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2011/12/22 09:00 ] Animal Collective Bob Dylan | TB(0) | CM(0)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。