FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

The Love Committee(ラヴ・コミッティー)- LAW AND ORDER + 5(ロウ・アンド・オーダー) [ソウル 名盤]

フィリー・ソウル屈指の名盤、ラヴ・コミッティーの『Law & Order』が再発!




ソウル・ファンの誰もが認める大名盤、ラヴ・コミッティーの『Law & Order』が再発されます。このアルバムは1978年にリリースされた、ラヴ・コミッティーの記念すべきデビュー・アルバムであり、サルソウルらしいグルーヴィーなディスコ・サウンドと、のちにテンプテーションズで活躍するロン・タイソンを中心とした男っぽい、骨太なヴォーカルが溶け合った、聴いていると熱くなってくるソウル・アルバムとなりました。

やり過ぎ一歩手前な大袈裟さが気持ちいいタイトル・トラック『Law & Order』、フィリー・ソウルらしいスムースでスウィートな『Tired of Being Your Fool』、タイトルから男気が伝わってくる熱い、熱いヴォーカル・ナンバー『Cheaters Never Win』などなど名曲が目白押しです。

幅広いリスナーの方に楽しんでいただける魅力の詰まった名盤です。それでは解説文を。

フィリーソウル屈指の名盤としてスイートソウルファンからサルソウルファンまで全ソウルファン必携の傑作アルバム。後にザ・テンプテーションズに加入する ロン・タイソンが在籍した4人組ヴォーカル・グループでスローからダンサートラックまでシグマスタジオで制作された数々のアルバムの中でも最高傑作の呼び 名高い名盤。ボーナストラックにはアルバム未収録音源のM-9「Where Will It End」や「Just As Long As I Got You」のウォルター・ギボンズの12”ヴァージョンを収録

日本語解説、歌詞付

アルバムは現在発売中です。










いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト
[ 2012/09/05 09:00 ] Jamie Woon The Love Committee | TB(0) | CM(0)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。