FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Sex Pistols(セックス・ピストルズ)- Never Mind the Bollocks Heres the Sex Pistols (勝手にしやがれ!)35周年記念盤 [ロック 名盤]

ロンドン・パンクの原点、セックス・ピストルズの『Never Mind The Bollocks, Here's The Sex Pistols』の35周年記念盤が、3CD+DVDボックスと2CDでリリース!




これはとんでもないお宝の登場です!パンクの歴史の中で最も重要であり、最も大きな影響を与えた世紀の名盤、セックス・ピストルズの『勝手にしやがれ!』が3CD+1DVDというボリュームで登場です。

気になる内容ですが、まずファンにとって衝撃となるであろうニュースが1977年のオリジナル・マスターテープが見つかったということです。それに2012年の最新のリマスターを施した音になっているとのことで、これまでに聴いたことのないサウンドであの名盤を聴くことが出来ます!

さらに超レアな『Belsen Was A Gas』が収録されたり、様々なアウトテイクやデモ、ライブ音源などが収録されとにかく興奮が止まらない内容です。後進のバンドに与えた影響の大きさからは信じられないくらいの短い活動期間であったセックス・ピストルズ。その短い期間の中で彼らが残したものを味わい尽くすことのできるこれ以上ないくらいのお宝でしょう。

それでは解説文を。

Velvet Underground『Velvet Underground & Nico』、Nirvana『Nevermind』等と並んで、ロック史において最も影響を与えたアルバムの一つ、『Never Mind The Bollocks, Here’s The Sex Pistols』の35周年記念3CD+DVDボックスと2CDデラックス・エディション。

長らく紛失されたと考えられていた1977年のオリジナル・マスター・テープが遂に発見され、数多くの幻の音源がオリジナル・プロデューサーChris Thomasの監修による2012年リマスターを施され、本作に収録されることになった。中でも、世界中の超コアなファンでさえ聴いたことがなかった 「Belsen Was A Gas」の1977年9月19日レコーディング・ヴァージョンが遂に初お目見え。さらに、悪名高いブートレッグ『Spunk』で存在が明らかになった6曲 のデモ音源が初めてオリジナル・マスター・テープからのリマスターで復刻。他にも未発表だったChris Thomas秘蔵のデモ音源、1977年レコーディングのアウトテイク、シド・ヴィシャス(b)が参加したデモ音源、3CD+DVDボックスには、さらに ライヴ音源、秘蔵映像など、まさにファン垂涎のお宝音源が盛り沢山!

[3CD+DVDボックス収録予定アイテム] ※2CD盤には下記CD1とCD2を収録
●CD1:オリジナル収録12曲の2012年リマスター音源 / Chris Thomas監修
●CD2:1977年レコーディング時のレア音源+シングルB面曲 / 伝説の未発表音源「Belsen Was A Gas」1977年9月19日録音ヴァージョンが遂に初音源化
●CD3:1977年ライヴ / ほとんどが未発表の1977年ライヴ音源
●DVD:1977年ライヴ / ジュリアン・テンプル監督が制作。数々の未発表ライヴ・パフォーマンス、プロモ・ビデオ、インタヴュー・シーンを収録
●1977年ダイアリー:1977年のSex Pistolsダイアリー。ハード・カヴァー100ページ。レアな写真やメモなどを掲載。
●レプリカ・7インチ・シングル:A&Mからリリースされた「God Save The Queen」シングルのレプリカ
●レプリカ・ポスター:プロモーション用ポスターのレプリカ
●ステッカー:オリジナルのアルバム・プロモ・ステッカーを復刻
●歌詞:オリジナル歌詞を掲載。「God Save The Queen」の手書きオリジナル歌詞のコピーも。

(メーカーインフォメーションより)

『Never Mind The Bollocks, Here's The Sex Pistols』(3CD+DVD)トラックリスト
※ 2CD盤には下記CD1とCD2のみ収録  ※ 3CD+DVDは限定生産商品

[ CD1 : Never Mind The Bollocks Here's The Sex Pistols ]
(オリジナル・マスター・テープからの2012年リマスター ※オリジナル・プロデューサーChris Thomas監修)
01. Holidays In The Sun
02. Bodies
03. No Feelings
04. Liar
05. God Save The Queen
06. Problems
07. Seventeen
08. Anarchy In The UK
09. Submission
10. Pretty Vacant
11. New York
12. EMI

[ CD2 : 1977 Studio Rarities & B-Sides ]
- The single b-sides remastered -
01. No Feeling
02. Did You No Wrong
03. No Fun
04. Satellite

- Dave Goodman Jan 1977 demos recorded at Gooseberry Studios -
(ブートレッグ『Spunk』で世に出た6曲をオリジナル・マスター・テープからの2012年リマスターで完全復刻)
05. New York (Demo Version)
06. Unlimited Edition (Demo Version of 'EMI')
07. Liar (Demo Version)
08. Pretty Vacant (Demo Version)
09. Problems (Demo Version)
10. No Future (Demo Version of 'God Save The Queen')

- Chris Thomas Demo's & Outtakes -
(未発表音源(「Submission」を除く) ※オリジナル・マスター・テープからの2012年リマスター)
11. Did You Know Wrong (Alternative Vocal - March 3rd 1977)
12. 17 (Alternative Vocal - April 21st 1977)
13. Satellite (Rough Mix - April 22nd 1977)
14. Submission (Rough Mix - April 22nd 1977)
15. Holidays In The Sun (Rough Mix - April 22nd 1977)
16. EMI (Rough Mix - April 22nd 1977)
17. 17 (Rough Mix - May 16th 1977)
18. Holidays In The Sun (Alternative Mix - June 11th 1977)
19. Bodies (Demo Version of 'Bodies'- June 11th 1977)
20. Submission (Alternate Mix - August 12th 1977)
21. Belsen Was A Gas (original demo) (19 September 1977)
※21.はジョン・ライドンのヴォーカルによる伝説のオリジナル・デモの、オリジナル・マスター・テープからの2012年リマスター

[ CD3: 1977 Live ]
- Ssamfundet Club, Trondheim, Norway - 21st July -
01. Anarchy In The U.K.
02. I Wanna Be Me
03. 17
04. New York
05. EMI
06. No Fun
07. No Feelings
08. Problems
09. God Save The Queen

Happy House, Stockholm, Sweden - 28th July - (未発表音源)
10. Anarchy In The UK
11. I Wanna Be Me
12. 17
13. New York
14. EMI
15. No Fun
16. No Feelings
17. Problems
18. God Save The Queen
19. Pretty Vacant
20. No Fun

[ DVD: 1977 ]
- Riverboat Party, The River Thames, London - 7th July -
01. Pretty Vacant
02. Anarchy In The UK
03. Problems

Happy House, Stockholm, Sweden - 28th July - (未発表音源)
04. Anarchy In The UK
05. I Wanna Be Me
06. Seventeen
07. New York
08. Problems
09. No Fun

- S.P.O.T.S. Tour - Winter Gardens, Penzance, Cornwall – 1st September - (未発表音源)
10. Problems
11. No Fun
12. Anarchy In The UK

- DVD EXTRA'S -
God Save The Queen (video)
Pretty Vacant (video)
Holidays In The Sun (video)
The HeyDay Interviews.

Interviews by Judy and Fred Vermorel recorded in August 1977
with: a. Steve Jones b. Paul Cook c. John Lydon d. Sid Vicious e. Glen Matlock
05. BBC, Radio 1, Rock On, December 12th 1977

– John Tobler interview with John and Sid (previously unheard full uncensored version)


発売は2012/10/31です。






こちらは2枚組バージョンです。










いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト
[ 2012/09/04 09:00 ] Seafret Sex Pistols | TB(0) | CM(0)

Sex Pistols(セックス・ピストルズ)- Never Mind the Bollocks Heres the Sex Pistols (勝手にしやがれ!) [ロック 名盤]

Sex Pistols 2012年最新リマスター盤!




 このアルバムのリマスターが来ましたか!パンク史上最高傑作であり、ロックの歴史に大きなくさびを打ち込んだ歴史的名盤、セックス・ピストルズの『勝手にしやがれ!』。このアルバムの衝撃は、もちろん当時のリスナーの方がリアルに感じられたと思いますが、アルバムのクオリティという点に関しては、現在のリスナーの方が冷静に見極められるかもしれません。

 言動やファッションという点でセンセーショナルな話題を振りまきまくったセックス・ピストルズは、社会から大きな注目を浴び、彼らのシングルもチャートで上位にランクしました。しかし、彼らが愛されつづけるのは、セックス・ピストルズの音楽が素晴らしいからという事実が最も大きいのです。

 例えば、同じロンドン・パンクとして括られていたザ・クラッシュと比べると、その演奏力の違いは一目瞭然でしょう。あの天才ギタリスト、クリス・スペディングがこのアルバムのギターを担当していたという噂が、まことしやかに言われるくらい演奏の質は高いです。曲もしっかりとしたメロディ・ラインに支えられたキャッチーなものばかりですし、今聴くと本当にそういったことがよく分かります。

 今回リマスターされることにより、あの刺激的なサウンドがさらに分厚くなると思うと、セックス・ピストルズの楽曲の持つ魅力はより一層引き出されるでしょう。歴史的価値からみても重要な作品ではありますが、単純に音楽だけをみても素晴らしいアルバムだと思います。こうやって過去の名作がリマスターによって新しい命を吹き込まれ、新たなリスナーを獲得していくことは喜ばしいことですね。

 それでは解説文を。

1970年代後半、既成のシーンに対して反旗を翻した世代のバイブル。Sex Pistolsのデビュー・アルバムにしてラスト・アルバム『Never Mind The Bollocks, Here's The Sex Pistols』が発売から35年を経て、2012年最新リマスターとして登場! 『The Great Rock 'N' Roll Swindle』のサウンドトラックも2012年最新リマスターで同時リリース!


発売は2012/6/5です。

『Never Mind The Bollocks, Here's The Sex Pistols』

全英にパンク・ムーヴメントの嵐を捲き起こした衝撃の一枚『勝手にしやがれ』(77年発表)。後にロック界随一の詐欺師とも呼ばれることになるマルコム・ マクラレンのブティック"Sex"にタムロしてたジョニー・ロットン(後にジョン・ライドンと改名)らがメンバー。アナーキズムと価値観を転倒させる ファッション性を武器に、R&R本来の生々しさを見事に演じてみせた。本作についてよく言われるのが、実際の演奏はプロによる、という定説や、制 作が英ロックを代表するプロデューサー、クリス・トーマスであるなど、内実は伝統的なR&Rだった、という見方。実際、当地でのシーンに対する衝 撃度は76年頃がピークだったとする声もあり、本作の音がその衝撃度を正確に捉えていないという説もあるが、それは少しもこの名盤の歴史的意義を貶めるも のではない。英国ではいざ知らず、パンク・ムーヴメントを日本に広く知らしめた象徴的な作品が本作であることは間違いないからだ。セカンド・シングル 「ゴッド・セイヴ・ザ・クイーン」発表時点でオリジナル・ベーシストのグレン・マトロックが解雇、代わりにシド・ヴィシャスが加入。演奏に貢献することは なかったが、その刹那的な人生から、ある意味ジョニー・ロットン以上にセックス・ピストルズのシンボル的存在となった。

【収録曲】
01 Holidays In The Sun
02 Bodies
03 No Feelings
04 Liar
05 God Save The Queen
06 Problems
07 Seventeen
08 Anarchy In The UK
09 Submission
10 Pretty Vacant
11 New York
12 EMI
13 I Wanna Be Me
14 No Fun
15 No Feeling
16 Satellite
17 I Did You No Wrong






『The Great Rock 'N' Roll Swindle』

ジュリアン・テンプル監督による同名映画『The Great Rock 'N' Roll Swindle』のサウンドトラックとして制作された企画アルバム(79年発表)。企画・準備段階でバンド自体が既に存在していなかった作品。とはいえ、 昨年auのCMソングにシド・ヴィシャスによるカヴァー曲「My Way」が使用されるなど永遠にその輝きを失わない作品。

【収録曲】
01 God Save The Queen (Symphony)
02 Johnny B Goode
03 Road Runner
04 Black Arabs
05 Anarchy In The UK
06 Substitute
07 Don't Give Me No Lip, Child
08 (I'm Not Your) Stepping Stone
09 L'Anarchie Pour Le UK
10 Einmal War Belsen Bortrefflich
11 Einmal War Belsen Wirflich Bortrefflich
12 Silly Thing
13 My Way
14 I Wanna Be Me
15 Something Else
16 Rock Around The Clock
17 Lonely Boy
18 No One Is Innocent
19 C'Mon Everybody
20 EMI (Orchestral)
21 The Great Rock 'N' Roll Swindle
22 Friggin' In The Riggin'
23 You Need Hands
24 Who Killed Bambi?









いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2012/06/01 09:00 ] Seafret Sex Pistols | TB(1) | CM(2)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。