FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Snoop Dogg(スヌープ・ドッグ) - 『That's My Work Vol.2(ザッツ・マイ・ワーク)』

“KING OF WESTCOAST”スヌープ・ドッグが自身の誕生日を祝し、プライベートでリリースされた希少アルバムが到着!



20年を越えるキャリアがありながら、まったくフェイドアウトすることなく一線で活躍を続けるスヌープ・ドッグ。ロックやポップというフィールドでは第ベテランが活躍を続けるとこも珍しくなくなってきましたが、ヒップ・ホップというフィールドではまだまだ希少だと言えるでしょう。

私はスヌープがDr.ドレの『クロニクル』で客演したときから聴いているので、これまでとんでもない時間彼の音楽と過ごしてきたのですが、ギャングスタでありながら力の抜けたスムースなライムをするスヌープは本当に新鮮でしたし、とにかく聴いていて気持ちよかった。その印象は今も変わらないです。これだけスムースなMCは他にいないでしょう。

前置きが長くなってしまいましたが今回の作品はスヌープが自身の誕生日を祝してリリースしたプライベート・アルバムとのことで、内容に関してはあまり期待していなかったのですが、これがめちゃくちゃいい!

まずはイントロに続いての『Bad 4 Me』。コラプトとダズ・デリンジャーというウェスト・コーストの仲間を従えたこのナンバーはアイズレー・ブラザーズを思わせるシルキーでセクシーなバック・トラックを、スヌープのラップが滑るように乗りこなす非常にクオリティの高い曲です。ウェスト・コーストの盟友という意味ではドッグ・パウンドの参加した『Panties Off』もらしいサウンドですね。

続いてのSnoop Lion名義でIZAをフューチャーした『NO ORDINARY AFFAIR BY IZA』も同じように聴いていて気持ちのよい曲ですね。ただスヌープのラップはないのでその点は不満ですが。

音数が少ないながらも重々しいサウンドと威圧感のあるラップの『LET THE K SPRAY』もいいですが、いかにもウェスト・コーストな音といえば『Faddin』でしょう。うねりまくるシンセと囁くようなコーラスがたまりません。

スヌープのラップが入るまでは2Pacを思い起こさせられた『RMM』は取り立ててなにという訳ではないのですが、繰り返し聴きたくなる曲です。スヌープには珍しいブルージーなヴォーカルとギターが新鮮な『Because I’m Black』、Snoop Lion名義でT.I.をフューチャーしたダウナーでスモーキーな『No Regret』など他にも聴き所は多いですね。

そういった中でもメンツ的には一番気になるのはエリック・サーモンとメソッドマンをフューチャーした『Let Me Expplain』でしょう。曲に張りつめるテンションが他の曲とは違い強い思い入れを感じます。スヌープ〜メソッドマンというマイクリレーはゾクゾクしますね。




課外活動が多数収録されていること、佳曲が多数収録されていることからファンは楽しめる作品だと思います。でも誕生日を祝うにしてはスローな曲が多いのでは?スヌープの誕生日は私たちのような雰囲気ではないのですかね。発売は2014/1/18です。










いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト
[ 2014/01/15 09:00 ] Rick Ross Snoop Doggy Dogg | TB(0) | CM(0)

Snoop Doggy Dogg(スヌープ・ドギー・ドッグ)- Doggy Style(ドギー・スタイル) [ヒップ・ホップ 名盤]

スヌープの代表作にしてウェスト・コースト・ヒップ・ホップの名盤『ドギー・スタイル』が再発!


Snoop Dogg スヌープドッグ / Doggystyle 【CD】

Snoop Dogg スヌープドッグ / Doggystyle 【CD】
価格:1,995円(税込、送料別)



90年代前半に活動を始め、現在も一線で活躍するスヌープ・ドッグ。そんなスヌープのデビュー作にして、ウェッサイを代表するアルバムがこの『ドギー・スタイル』です。

このアルバム以前にもDr. Dreの『ザ・クロニック』でフューチャーされ、大きな話題となっておりデビュー作には非常な注目が集まっていたのですが、その期待をさらに上回るような名盤をドロップし、シーンでのポジションを確かなものにしました。

スヌープがここまで大きな支持を得た理由の一つに彼のライムがあることは間違いないでしょう。ウェッサイというとギャングスター・ラップのイメージが強く、実際スヌープもギャングスタなのですが、ほとんどのラッパーががなり立てるようなアグレッシブなスタイルなのに対して、スヌープはスムースでシルキーなラップを特徴としています。さらに語尾に「izz」や「izzle」といった独特の言葉遣いをするのもスヌープの特徴でしょう。

しかし、そういった特徴以上にファンの心を捉えたのは、スヌープの卓越したラップ・スキルなのは間違いありません。とにかく聴いていると意味は分からなくても、グイグイ引き込まれる魅力があります。

そして『ドギー・スタイル』ではさらにDr. Dreによる素晴らしいトラックが多数あり、シンセサイザーを駆使したDr. Dreのトラックとスヌープのラップの相性は抜群です。ヒップ・ホップの歴史に名を残すプロデューサーの全盛期の作品という意味でも重要な一枚だと思います。

それでは解説文を。

スヌープの93年の衝撃的デビュー作。アメリカで400万枚のセールスを記録した,モンスター・ラップ・アルバムだ。プロデュースはもちろん,ドクター・ドレ。

トラックもライムもヒップ・ホップ史上に残るとんでもないこのアルバム。この機会にぜひ!

発売は2012/9/12です。






同時に『ドッグ・ファーザー』と『マーダー・ワズ・ザ・ケース』も再発されます。

スヌープ・ドギー・ドッグ96年発売となる「DEATH ROW」2作目。ドクター・ドレに代わってスヌープ本人が彼の側近達と共にプロデュースをし、より彼の特異なキャラクターが露になった記念碑的作品。






「デス・ロウ」発、サントラの最終兵器がスヌープ自らがジャケットにも登場したこれ。アメリカでは悠々ミリオン・セラーを記録した有名な盤で、収録曲もドレー&キューブという夢の顔合わせによる「ナチュラル・ボーン・キラーズ」、ネイト・ドッグのソロ作「ワン・モア・デイ」、ドッグ・パウンドの隠れ名作「ホワット・ウッド・ユー・ドゥー」、そしてアルバムは結局未発に終わってしまった超絶の実力派女性シンガー、ジュウェルによる「ハーヴェスト・フォー・ザ・ワールド」(オリジナルはアイズレー・ブラザーズ)、「ウーマン・トゥ・ウーマン」(オリジナルはシャーリー・ブラウン)など、ラップも、歌モノも秀作が目白押し。










いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2012/08/26 09:00 ] Rick Ross Snoop Doggy Dogg | TB(0) | CM(0)

Snoop Dogg(スヌープ・ドッグ) - Doggumentary(実録、ドッグファーザーの栄華) [ヒップ・ホップ 名盤]

 スヌープ・ドッグのニュー・アルバムがいよいよ登場です!ほんとにこの人は長い
ですね。あの伝説のアルバム『Doggystyle』でデビューして、今年で18年!移り変わり
の激しいラップ・ゲームで、これだけ長い間トップ・プレイヤーとして活躍してきたという
ことは、驚異としかいいようがありません。時代と共にスタイルを変えながらも、根本では
ウェッサイであり、P-Funkであるというところは一貫しています。

 そしてスヌープ・ドッグの一番の武器は、そのスムースなライムでしょう。ギャングスタ・
ラップ全盛に登場し、周りのほとんどのラッパーが噛み付くようなアグレッシヴなライムをしている
なかで、スヌープは気合いが入っているのかいないのか、よく分からないが聴いていてとても気持ちの
いい、流れるようなライムで登場しました。当時としてはそれは衝撃的ですらありましたが、
現在でもスヌープのようなスタイルのラッパーはほとんどいません。この事実が彼が突出した
個性と才能を持ったラッパーであることの一つの証明といえるでしょう。

 今作もとにかく豪華なゲストが参加しています。叔父でもあり、ファンクマスターでもある
ブーツィー・コリンズ、ハイフィーで大ムーヴメントを起こしたE-40、スヌープと同じく
力が抜けたライムが売りのデヴィン・ザ・ドュード、2人の絡みに期待値上がりまくりの
R. Kelly、どんな化学反応が起きる?なゴリラズ、来ました最強タッグなジョン・レジェンド
&カニエ・ウェスト、などなど気になるゲストだけでももの凄いことになっていますね。

 それでは解説文を掲載させていただきます。

 アルバム総売上枚数3千万枚超のゴッドファーザー・オブ・ウェッサイ。
JPNヒップホップ雑誌の表紙でも常連の犬神!通算11枚目のスタジオ録音アルバム発売決定!

 「ラップ・ゲームには随分長い間いるけど、今でもはじめた頃の情熱はあるんだよ。
いい音楽を届けることが俺にとって最大級のプライオリティ。アルバム・タイトルは
Doggumentary Music(ドギュメンタリー・ミュージック)、俺が音楽を作っていく過程を
ファンに見てもらいたいんだ」(スヌープ)。

 ソーシャル・ネットワーク・プラットフォームやUstreamなどのデジタル・メディアを通じて
アルバムが出来あるまでの過程をファンと共有していく計画があるようだ。

 発売は2011/3/23です。








いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2011/04/06 23:48 ] Rick Ross Snoop Doggy Dogg | TB(0) | CM(0)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。