FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

いよいよ発売目前!R.ケリーの新作『ビュッフェ』。そこから『Switch Up』を公開!

いよいよ発売目前!R.ケリーの新作『ビュッフェ』。そこから『Switch Up』を公開!


【輸入盤】R.KELLY アール・ケリー/BUFFET(CD)

【輸入盤】R.KELLY アール・ケリー/BUFFET(CD)
価格:1,838円(税込、送料別)



先日発売のニュースをこのブログで紹介させていただいたR.ケリー待望の新作『ビュッフェ』。ついにリリース日である12月16日が目前となりました。

これまでに公開された『Backyard Party』は初期のR.ケリーを思わせるノリの良い曲でしたが、今回公開された『Switch Up』はリル・ウェインとジェレマイが参加していることからも分かるように、ヒップホップ・サイドに接近した曲となっています。




何しろニュー・アルバムの『ビュッフェ』が” ビュッフェのようにあらゆるタイプのものが少しづつ並ぶ”という意味合いでつけられたようで、今回の作品はR.ケリーの様々な側面が映し出される作品のようです。

『Switch Up』は確かにヒップホップに近づいているのですが、やはりそこはR.ケリー、ストリートという言葉で連想されるロウでスモーキーな音とは対極にある彼らしいソフィスティケイトされたサウンドになっています。それではこの音が軟弱なヒップホップなのかといえば、そんなことは全くなく、しっかりとヘッズにもアピールできるものに仕上がっています。恐るべし、R.ケリー。

それ以外にアルバムから公開されているのがジューシー・Jをフューチャーした『Marching Band』と、『Wake Up Everybody』です。

『Marching Band』のイントロでは、”King of R&B, R. Kelly”というフレーズを聴くことができニヤリとさせられます。前半音数の少ない構成で、中盤からホーンも入りぐっと厚みを増すとこと、分かっていながらもやはりテンションが上がります。個人的にこの曲好きで、繰り返し聴きたいナンバーです。

そして『Wake Up Everybody』ですが、これは王道のR&Bであり、もう完成度の高さは文句のつけようがありません。ゴージャスでセクシーで、素晴らしいナンバーです。

これまでに公開された曲全てがそれぞれの個性を持っていながら、非常にクオリティが高く、King of R&Bの帰還にはぴったりの素晴らしい作品となりそうです!












いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト
[ 2015/12/09 09:00 ] ソウル Q~T R. Kelly | TB(0) | CM(0)

R.ケリーの新作『ビュッフェ』がリリース決定!そこから『Backyard Party』を公開!

R.ケリーの新作『ビュッフェ』がリリース決定!そこから『Backyard Party』を公開!


【輸入盤】R.KELLY アール・ケリー/BUFFET(CD)

【輸入盤】R.KELLY アール・ケリー/BUFFET(CD)
価格:1,954円(税込、送料別)



93年に『12プレイ』でデビューして以来、これまでに12枚のスタジオ・アルバムをリリースし、累計5,000万枚以上のアルバム・セールスを誇る、まさにキング・オブ・R&B、R.ケリー。

00年代は様々なスキャンダルにより人気の低迷もありましたが、ここ最近は再び以前の輝きを取り戻しつつあります。

影響を受けたアーティストとして、マーヴィン・ゲイ、ドニー・ハサウェイ、スティーヴィー・ワンダー、アル・グリーン、サム・クックなどソウル史に残るアーティストが挙げられており、確かにその影響を感じます。

作詞、作曲、プロデュース、プログラミングなどを一人でこなすマルチ・プレイヤーであり、そのためR.ケリーのサウンドは非常に彼のオリジナル色が強く出ています。

今回アルバムに先駆けて公開された『Backyard Party』もタイトル通りの陽気なナンバーなのですが、アゲアゲというよりもギターのカッティングが爽やかなライト・ソウル・タッチなナンバーです。




R.ケリーのよく伸びるヴォーカルも曲調との相性がバッチリで聴いていてとても気持ちよく、まずはアルバムからの挨拶代わりのナンバーとしてバッチリでしょう。

このアルバムも良質のR&B作品となりそうで、また売れるでしょう!アルバムのリリースは2015/12/11です!








いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2015/11/19 09:00 ] ソウル Q~T R. Kelly | TB(0) | CM(0)

あのSurfaceがReSurfaceとして活動を再開!新作『Where Have You Been』より『We Can Fly』を公開!

あのSurfaceがReSurfaceとして活動を再開!新作『Where Have You Been』より『We Can Fly』を公開!


Resurface / Where Have You Been 輸入盤 【CD】

Resurface / Where Have You Been 輸入盤 【CD】
価格:2,376円(税込、送料別)



あのSurfaceが帰って来ました!80年代に『Shower Me With Your Love』や『Happy』といったヒットを飛ばしたR&BグループのSurfaceのメンバーがReSurfaceとして活動を再開したのです。

一時期は”ダサい“というイメージのあった80年代のR&Bサウンドですが、今聴いてみるとあのキラキラしたサウンドにキュンとしたりします。今回公開された『We Can Fly』を聴くと、そんなオリジナルのサウンドの持ち味を生かしながらしっかりと現代にアップデイトされた耳の肥えたR&Bファンも納得できるサウンドとなっています。




まずはヴォーカル!このシルキーでスムーズな声質!もうこれだけでとろけそうです。ギターのリフとドラムで組み立てられたリズムも泥臭さのないR&Bサウンドで心地よく鼓膜を刺激します。

ベテラン・グループの復活となると名前ばかりが先行して中身が伴わないことが多々あるのですが、ReSurfaceの場合はそんな心配は無用ですね!

早く次の公開曲が聴きたいアーティストです!アルバムは2015/10/4です!













いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2015/09/18 09:00 ] ソウル Q~T ReSurface | TB(0) | CM(0)

今月リリース予定のロバート・グラスパーのカヴァー・アルバムより、レディオヘッドの『Reckoner』が公開!

今月リリース予定のロバート・グラスパーのカヴァー・アルバムより、レディオヘッドの『Reckoner』が公開!




いま音楽界で最も信頼できるアーティストの一人と言っても過言ではないロバート・グラスパー。そんな彼がカヴァー・アルバム『カヴァード』を今月リリースするのですが、そのアルバムに先駆けてレディオヘッドの『Reckoner』のライヴ音源を公開しています。

曲はロバート・グラスパーのピアノと、ドラムのみというシンプルな構成なのですが、空間を自由に行き来するピアノの旋律に宇宙を感じます。この途方もないスケールはなんなのでしょうか?




これこそがいま乗りに乗っているロバート・グラスパーというアーティストの魔力なのでしょうか。シンプルな構成でありながら、聴いていると時を忘れて引き込まれてしまいます。

アルバムは他にジョニ・ミッチェルやミュージック・ソウチャイルド、ジョン・レジェンドやケンドリック・ラマーなどのカヴァーも収録されているようで楽しみです。

『Reckoner』のカヴァーを聴いて、ロバート・グラスパーというアーティストが神がかり的な勢いを持っていることがよく分かりました。新作楽しみです!

アルバムのリリースは2015/6/10です!









いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2015/06/06 09:00 ] ソウル Q~T Robert Glasper | TB(0) | CM(0)

これはなに!?リアーナ、ポール・マッカートニー、カニエ・ウェストによる『FourFiveSeconds』が突如公開!

これはなに!?リアーナ、ポール・マッカートニー、カニエ・ウェストによる『FourFiveSeconds』が突如公開!


これはびっくりしました。リアーナとカニエは分かります。でもそこにポールが入ってくるとは!確かに過去にはマイケルやスティーヴィー・ワンダーと共演したこともあるので、そう考えれば不思議はないかもしれませんが、でも最初にこのニュースをみた時はビックリしました。

そして曲の方ですが、詳細は現在全く不明です。公開されている写真でポールがアコギを持っていますが、曲で使用されている楽器はほぼアコギのみで非常にシンプルなサウンドです。ただ、リアーナとカニエの声の力、そしてゴスペル風のコーラスが加わることにより音の厚みはぐっと増しており、さすがです。

アロー・ブラックが歌ってもおかしくない、普遍的な魅力に溢れたポップ/ソウル・ナンバーです。これは間違いなく名曲!







いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。