FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ブロック・パーティー、来年リリース予定の4年ぶりの新作『Hymns』より『The Good News』を公開!

ブロック・パーティー、来年リリース予定の4年ぶりの新作『Hymns』より『The Good News』を公開!




先日新作のニュースを紹介させていただいたブロック・パーティー。その時にもお伝えさせていただきましたが、新作では新ベーシストとドラマーを加えての初めての作品となるため、どのようなサウンドを聴かせてくれるのか非常に気になるとことです。

初めてアルバムから公開された『The Love Within』はエレクトリックな要素の強い曲で、個人的には1stのようなエッジの立った曲が好きなので、少しがっかりしたのですが、今回の『The Good News』はどうでしょう?




淡々と刻まれるリズムと抑揚を抑えたヴォーカルがモノクロなイメージを与え、中盤でのギターはブルースの要素も感じられます。ある程度エレクトリックなサウンドをイメージしていたので、これがブロック・パーティー!?とびっくりしました。

中盤でメロディアスになるところなどはグッときますし、、クオリティの高い曲なのですが、正直、すごい!とはなりませんね。

う〜ん、これまでの2曲を聴く限りちょっと楽しみな気持ちが下がってきました。

アルバムのリリースは2016/1/29です!












いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト
[ 2015/12/23 09:00 ] Animal Collective Bloc Party | TB(0) | CM(0)

ブロック・パーティーが4年ぶりとなる新作『Hymns』を来年リリース!そこから『The Love Within』を公開!

ブロック・パーティーが4年ぶりとなる新作『Hymns』を来年リリース!そこから『The Love Within』を公開!


ブロック・パーティーの新作です!前作がリリースされたのが12年なのでそれほど時間が空いているわけではないのですが、13 年、ドラマーのマット・トンの脱退に続き、今年3月にはベーシストのゴードン・モークスの脱退も伝えられていたこと、そしてバンドの中心人物であるケリー・オケレケがソロ・アルバムをリリースしたことなどがあり、ブロック・パーティーはこのまま自然消滅してしまうのではと危惧していました。

ダンス・ミュージックとロック、パンクを融合し、鋭角に切り込むサウンドを聴かせてくれるブロック・パーティーは個人的に気になるバンドで、特にデビュー作である05年の『サイレント・アラーム』は大好きな一枚でした。

新ベーシストのジャスティン・ハリスとドラマーのルイーズ・バートルを加えどんな作品を作り上げてくるのか興味が尽きないところですが、遂に新作から『The Love Within』が公開されました!




ケリーのソロ作はかなりエレクトリックに寄った作品でしたが、『The Love Within』もエレクトリック色の強い曲ですね。なんとも言えないストレンジなメロディが緩く流れる展開から、サビでは一気にメロディアス度が上昇します。ただ、1stのようなエッジのたったサウンドを期待すると肩透かしをくうことになるでしょう。

『The Love Within』を聴いて、ケリーのソロ作と併せて考え、現在のケリーの興味がこういったサウンドに向いているのだなと実感しました。他の収録曲を聴かないと分からないのですが、エレクトリック色は強い作品になりそうです。




いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2015/10/20 09:00 ] Animal Collective Bloc Party | TB(0) | CM(0)

Bloc Party(ブロック・パーティー)- Four(フォー) [ロック 名盤]

ブロック・パーティー・イズ・バーーーーック!!!


Bloc Party ブロックパーティ / Four 輸入盤 【CD】

Bloc Party ブロックパーティ / Four 輸入盤 【CD】
価格:2,090円(税込、送料別)



一時は解散も噂されていたブロック・パーティーが新作を引っさげて帰還です!このバンドのデビューは本当に鮮烈でしたね。私は1stを聴く前に彼らのライブを観る機会があったのですが、正直そのときは曲が一本調子に思えて、あまり強い印象はありませんでした。しかし、2005年にリリースされた『サイレント・アラーム』。内に秘めた闘志というか、一見ニュー・ウェーブ調のサウンドは低い温度を感じさせるのですが、このモノトーンといってよいサウンドが次第に熱をおびカタルシスに突入していく展開にはゾクゾクさせられました。

そのあとブロック・パーティーは2008年の『インティマシー』を最後に4年間の沈黙に入るのです。それまでのリリースのペースが早かったので、かなり長い期間だった気がしますし、実際解散の噂も出ていましたね。そんなバンドとしてクールダウンの期間を置いての復活には、もう一度1stのような勢いがでるのではと期待します。

それでは解説文を。

約3年の活動休止期間を経て、遂にバンドとしての活動を本格再開したロンドン出身4人組Bloc Partyが、4年ぶり通算4作目となるニュー・アルバム『Four』を完成!

前作『Intimacy』をリリースした2009年以降、それぞれのメンバーがソロ活動やサイド・プロジェクトに専念し、一時は解散が噂されたこともあったBloc Party。しかし、そんな時期を経たからこそ、4人であること=バンドであることの新たな意味合いを見つけることができた、と本作の制作についてフロントマンのケリーは語っている。

プロデューサーにアレックス・ニューポート(デスキャブ・フォー・キューティー、ザ・マーズ・ヴォルタ他)を迎え、米ニューヨークにて録音、制作されたという本作『Four』。まさに心機一転、新たなスタートを切ったブロック・パーティー。ケリー本人が「僕たち4人じゃなければ作れなかったサウンドだし、今まで作ったどのアルバムよりも誇りに思う」と語る、4人による4年ぶり4枚目となる、バンド史上最高傑作がここに誕生した!(インフォメーションより)

発売は2012/8/28です。









いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2012/07/30 09:00 ] Animal Collective Bloc Party | TB(0) | CM(0)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。