FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Blu-ray Audio

ブルーレイ・オーディオ、ロック&ポップス第3弾が登場!今回はジョン・レノンやヴェルヴェッツなどの作品が




本ブログで様々な高音質ソフトを紹介させていただいていますが、今回はBlu-ray Audioです。最近はiTunesで音楽を管理しているので、手軽さも手伝ってiTunesで聴くことが多いのですが、先日久しぶりにSACDを聴いてみるとあまりの音質の良さに改めて高音質ソフトの良さを痛感させられました。

同じ音楽でも音質が良くなることで、気持ちよさや感動といったものが別次元に高まります。それがあるから高音質なものを聴きたいと思うのです。最近では“ハイレゾ音源”も話題になっていますよね。まだ聴く環境が整っていないので購入するのは先になりそうですが、非常に興味があります。

話が逸れてしまいましたが今回はBlu-ray Audioです。こちらも未聴なのですがBlu-rayというDVDを遥かにしのぐ容量を持つソフトを使って音源を収録するということで、かなり可能性を秘めたソフトだと思います。スペックは・PCM 24bit/96kHz ・DTS-HD Master Audio 24bit/96kHz ・Dolby True HD 24bit/96kHzということでかなりの高音質であることが分かります。ただ、こちらもただのBlu-rayプレイヤーではなく、しっかりとした音楽プレイヤーでBlu-rayに対応したものとなると結構敷居は高いですね。

今回発売されるのはジェネシスの『Selling England By The Pound』、ジョン・レノンの『Imagine』、レニー・クラヴィッツの『Are You Gonna Go My Way』、ローリング・ストーンズの『Let It Bleed』、セックス・ピストルズの『Never Mind The Bollocks』、ティアーズ・フォー・フィアーズの『Hurting』、『そしてヴェルヴェット・アンダーグラウンドの『White Light White Heat』の7枚です。

どうしても新しいソフトの場合は安全に評価の確定しているいわゆる名盤となってしまう場合が多く、今回のラインナップを見てもお馴染みの作品が並んでいるので正直新鮮味はありません。しかし、高音質で名盤をというのはやはり興味があるので試してみたいなとも思います。

発売は2013/12/16です。






こちらは2013/12/25です。










こちらの発売は2014/1/20です。












いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト
[ 2013/12/21 09:00 ] 高音質 Blu-ray Audio | TB(0) | CM(0)

Primus(プライマス)- 『Sailing the Seas of Cheese』 [Blu-ray Audio]

次世代高音質ソフト、Blu-ray Audio




私が高音質ソフトに興味があることから、このブログでは何度かSACDのリリースを取り上げさせていただいていますが、実際には専用のプレイヤーを必要とするSACDはなかなか普及しないのが現状で、リリース数も年々減少していっています。

そんな中で新たな希望を抱かせてくれるのが“Blu-ray Audio”です!以前ブログで記事を書かせていただきましたが、SACDと違ってBlu-rayプレイヤーは一般的に普及しているので、これは大きなマーケットが見込めるのではと期待しています。マーケットが大きくなればそれに伴ってリリース数も増えてくるので、バラエティに富んだ商品が楽しめるようになるからです。

ただし、Blu-rayプレイヤーを持っていていもメインは映画などを観る目的の方が多いと思うので、果たして音楽ソフトとしてどれくらいのポテンシャルを持っているのかは未知数ですが期待したいと思います。

ちなみに前回リリースされた作品群は様子見ということで、かなりリリース数が少なかったようで、現在はかなりの高値で取引されています。今回は前回紹介できず、まだ値段も変わっていないプライマスの作品を紹介させていただきます。






スティーヴィーの名盤はこんな感じです。






デレク&ザ・ドミノス









いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2013/08/17 19:00 ] 高音質 Blu-ray Audio | TB(0) | CM(0)

Blu-ray Audio(ブルーレイ・オーディオ)

Blu-spec CDを遥かに超える高音質CDが登場!




高音質の技術は日々進歩しており、少しでも良い音質で音楽を楽しみたいというリスナーを楽しませてくれています。SACDは素晴らしい音質でしたが、専用のプレイヤーを必要とするという条件があり、なかなか一般には普及しませんでした。それでもSACDの発売を楽しみにしているファンはいますが、現在は各社通常のCDプレイヤーで再生できる高音質CDの発売に重点が移っています。SHMCD、HQCD、Blu-spec CDなどです。

そして今回登場するのは“Blu-ray Audio”。なんとブルーレイ・プレイヤーで再生するということで、DVDの7倍近くある膨大なブルーレイの容量を生かしたものとなり、音質は相当なものになるのではないでしょうか。私も未聴なので断言はできませんが、ポテンシャルは相当なものです。それでは解説文を。

20世紀ロック、ポップス、ジャズの歴史に燦然と輝くあの名盤が、ブルーレイ・オーディオの最高レヴェルの高音質で登場! ブルーレイ・プレイヤーで再生できる音楽メディア。DVDよりも大きいブルーレイの容量を活かし、情報量の多い高音質の音源を収録しているのが特徴。

5/21に名盤がまとめてリリースされたので気になる作品を挙げさせていただきます。




























いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2013/06/01 09:00 ] 高音質 Blu-ray Audio | TB(0) | CM(0)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。