FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

DENON USB-DAC/ヘッドホンアンプ シルバー DA-300USBS

遂にDA-300USBS購入!さあ、その実力はいかに!



先日ハイレゾの環境を整えたいという内容を書かせていただいたときに、これは買いたい!と書かせていただいたDA-300USBSですが、買ってしまいました!今の自宅でのオーディオの中心となっているパソコンを軸としたシステムでは、USB DACが音質において重要な役割りを果たすので、DA-300USBSを導入することでどれだけ音が変わるのかに非常に興味がありました。

届いたダンボールを開けてみると中身はシンプルです。本体と電源アダプター、縦置き用スタンド、横置き用フット、そして出力はアナログとヘッドフォンのみなのですが、アナログ出力用のコードで、パソコンとDA-300USBSを接続するものは一切入っていませんでした。私はこれまではONKYOのND-S1をDACとして使用していたので、そのときに使っていたUSBで をパソコンに接続しました。これに関してはUSBをより良いものにすることでかなり音質か向上するということも聞きますので、今後試してみようと思っています。

IMG_3923_convert_20140517181938.jpg

IMG_3924_convert_20140517182013.jpg

IMG_3925_convert_20140517181958.jpg


パソコンはMacなので、特に面倒なインストールを行うこともなく、再生ソフトとして現在使用しているaudirvanaの出力をUSB high speed audioにするだけでそのまま使うことが出来ました。

そして使った感想ですが、ハイレゾ音源の音質がはっきりと違います。音の密度、重さがぐっと増したのが感じ取れます。さらに驚いたのがハイレゾ以外のファイルの音質です。私のライブラリーにはAppleロスレスやMP3といった雑多なファイル形式が並びますが、そのどれもが明らかに音源が向上して鳴っているのです。これは、DA-300USBSの説明にあった、PCM入力信号はデノン独自のアナログ波形再現技術「Advanced AL32 Processing」によってオーバーサンプリング、ハイビット化するという能力のおかげなのでしょうか?正直ハイレゾ音源の音質向上は期待していましたが、それ以外のものに関しては特に考えていなかったので嬉しい誤算でした。

現在使って一週間ですが、本当に買って良かったと思います。決して私は音質マニアと呼ばれるような特別な違いが分かるリスナーではありませんが、それでもこれだけはっきり音質の違いが分かるというのはすごいことだと思います。もう少しエージングをしたら今度はUSBを変えてみようと思います。こんな楽しみ方か出来るのって本当に幸せですね。音質か向上したことで、自宅で音楽を聴くことがさらに楽しくなりました。








いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト

Audirvana Plus、Bitperfectは高音質か!?

みなさんはパソコンでの音楽再生にiTunesを使われていますか?iPhoneやiPodを使っているとやはりiTunesがデフォルトで入ることになるので、そのまま使われている方も多いと思います。私はプレイリストを重宝しており、どうしても他の音楽ソフトを使う気になれなかったのですが、それでも少しでも高音質で音楽が聴きたいということでいくつか試してみました。

まずは“BitPerfect”。これはMacにインストールできるアプリで、iTunesのバックグランドで働き音質を向上させてくれます。値段も1,000円とお手頃ですし第一歩としてはいきやすいですよね。バックグランドで起動しておけば、あとはいつも通りにiTunesを使うだけなので本当に簡単です。

早速インストールして使ってみると。はっきり音が変わりました。少し音圧が高くなり、サウンドもクリアーになっています。この値段ならば十分なコストパフォーマンスでしょう。




そしてもう一つ気になったのが“Audirvana Plus”。これは音楽プレイヤーなのですが、iTunes Integrationモードなるものがあり、これを使うとiTunesで操作しながら音はAudirvana Plusから出すことが出来るのです。値段は74ドルということで、7,500円くらいでしょうか。これはちょっとためらってしまう値段ではありますが、これがめちゃくちゃいいんですよ!15日間の試用版をダウンロードして使ってみると、もう音が全然違います。ありきたりの表現ですが、薄皮を2〜3枚剥がして、さらに低音に活力を与えた感じの、聴いていて楽しくなる音です。またデザインも高級感がありいいですよ。これなら7,500円も決して高くないどころか安いと思います。

アプリでは出ていないので、ホームページからダウンロードする必要があります。


いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2014/02/12 09:00 ] 家電 Audirvana Plus | TB(0) | CM(0)

iPhone3GS用バッテリー&ヘッドホンアンプ GD-03、Go-Dap Unit4.0

これは興味津々!iPhoneの音質改善のヘッドフォン・アンプと、充電を兼ね備えた優れもの!





 iPhoneの占めるシェアは日に日に増加していて、それに伴いカバーしきれないほどのアクセサリーがはつばいされていますが、その中でもこれはトップクラスのものではないでしょうか。

 外で聴くにしても少しでも良い音で聴きたいというリスナーは多いでしょう。そういう方がまず注目するのはヘッドフォンだと思いますし、確かに音質を決定する上で一番大きな要因でしょう。ヘッドフォンも納得するものを使いだし、一段落したところで、次に目を向けるのはヘッドフォン・アンプではないでしょうか。

 iPhoneやiPodなどのミュージック・プレイヤーと直接繋ぎ、ヘッドフォン・アンプを通して音を聴くことでびっくりするくらいの高音質になります。もちろんヘッドフォン・アンプもピンからキリまでありますから、そこは注意して選ばなければいけないのですが、この製品はかなり注目です!

 まず接続が非常に簡単!ただiPhoneをスライドさせるだけでオッケーです。そして音は中高音域にフォーカスしているとのことなので、ジャズやポップスにはいいですよね。低音好みのリスナーの方には不向きかもしれません。そして2時間の充電でiPhoneの稼働時間が約2倍になるというのも嬉しいですね。デザインもお洒落ですし、値段も手頃で試してみる価値はあると思います。

 詳しくはこちらのページで ー 『GD03のすべて』

色は黒、赤、白の3種類です。







 さらにDACを搭載した上位機種もあります。

 iPhone4用ポータブル・ヘッドホンアンプ&光デジタル出力対応のMedia Transporterです。1580mA/hバッテリーを搭載しiPhoneへの給電on/off切り換えでスタミナも十分。バッテリー残量はLEDランプで確認。
DAC(Digital to Analogコンバータ)はAK4353を採用。圧縮音源補正機能を使えば圧縮した音楽ファイルも鮮やかに再生。更に、DDC(Digital to Digitalコンバータ)内蔵によりTOSLINKからTOSLINKへ音楽を光デジタル出力(48kHz Sampling Rate)。オーディオ機器と接続すれば自分好みに音を楽しむことができます。
iPhoneを装着した状態でiTunes同期可能。Burr-Brownオペアンプ搭載、ELNA社コンデンサSILMIC搭載。ボディは高級感あるアルミ筺体を採用。Dockコネクタ接続タイプ。




いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



Celluon レーザー投影式キーボード Magic Cube Bluetooth USB keyboard

 うお~、めっちゃ欲しい!先日リンカーンの『リンカーンTrendy』というコーナーで、最近気になるお薦めグッツで取り上げられていたこの商品。まあ、どんなものが出てくるか、ちょっと見てみるかくらいの気持ちで見ていたのですが、この『Magic Cube』が出てくるや否やテレビに釘付けになってしまいました。

 Magic Cubeから映し出されるキーボードを触ることで、Bluetooth接続された本体が入力を認識するというこの商品。キーボードが映し出される仮想のものになることで、キーボードを持ち歩く必要がなくなるという画期的な発想!まさに未来の家電といっていいでしょう。

 出先ではiPhoneで文章を打つことも多いのですが、フリックが早いといってもやはりキーボードで打つ便利さには敵いません。かといってパソコンを常に持ち歩くのもなかなか大変ですし。この商品はうってつけです。

 キーボードは入力するとカタカタと音が出て、気持ち良さそうですし、1分間で350文字入力できるというスピードも魅力です。充電はUSB接続なので、iPhoneの充電器で充電出来るでしょうし、出先でちょっと時間のあるときには重宝しそうです。

 それでは商品の概要を。

● スマートフォンやタブレット端末で使用できるレーザー投影式キーボード
● 机などの平らな場所にマジックキューブを置き、レーザーでキーボード画像を投影するだけ
● Bluetooth対応
● 海外仕様キー配列ながら日本語入力も可能
● リアルなタイピング音
● 1分間に約350文字を認識可能

 スマートフォンやタブレットPCでの、面倒な長文タイピングをキーボードで行える便利なポータブルキーボード

 使い方は、テーブルや机など平らな場所にマジックキューブを置いて、レーザーイメージを投影するだけ。レーザー投影によって現れるキーボードはとってもフューチャリスティック!Bluetooth対応だから、アプリをダウンロードする必要もありません。平らな場所を叩くだけで、スムーズなタイピング作業が可能。さらにリアルなタイピング音も出る優れものです。1分間に約350文字を認識できるので反応が遅くてイライラすることはありません。キーボードからマウスモードに切り替えれば、タイピング方式でマウス操作も可能です。

キーボード投影サイズ: 240mm×100mm
重さ: 78g

キーボードの文字配列は海外仕様となっておりますが、日本語入力も問題ございません。

早速注文したいです!







いつも読んで下さってありがとうございます。下のボタンもクリックしていただけるとさらに有り難いです。

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い


いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



ロングラン駆動バッテリー60Wh HyperJuice External Battery

 先日このブログで携帯ミュージック・プレイヤーから携帯電話、パソコンやビデオ
カメラまで充電することができる と紹介させていただきましたが、今回はiPod、
iPad、そしてMacの強力な味方になる充電器を紹介させていただきます。

 アクト・ツーが発売している『HyperJuice』という商品なのですが、サイズが4つあり、
それによって充電することのできる容量が変わってきます。値段は最も安い60Whで
¥19,800からです。しかし、この60Whでも私が持っている2010年のMB Pro 13”を
19時間稼働することができるのです!iPhone3GSは19時間です!

 携帯バッテリーはただ必要な家電を充電するだけではなく、万が一震災などにあった
ときに大きな助けになると思います。ですから一家に一つは欲しいアイテムではないで
しょうか。

 それでは解説文を掲載させていただきます。


 仕事やオフで Mac や iPhone、iPad を持ち歩く方にとって、必ず付いて回るのが
バッテリー切れの悩み。iPhone などのモバイルデバイス用バッテリーは色々ありますが、
Mac を 24 時間フル稼働させるバッテリー※ は 「 HyperJuice 」だけ、と言ってしまっても
過言ではないでしょう。もちろん、Mac と iPhone の同時充電も可能です。

■ HyperJuice と Mac をつなぐために、「 Magsafe Airline 電源アダプタ(別売り)」が
必要になります。Magsafe Airline 電源アダプタは、アップルストアまたはアップルオンライン
ストアでお求めください。

※製品によって駆動時間は異なります。製品仕様詳細を必ずご確認ください。


 4タイプある中の中間モデル、150Wh モデルなら、MB Pro 13" (2010) が 33.6 時間
(通常の約 1.9 倍)駆動。iPad の場合、70 時間(通常の約 6 倍)も駆動します。さらに
iPhone なら通常の約 29 倍。

 一番容量が少ないモデルならわずか 0.36 kgの重量にも関わらず、新しい 13 インチの
MacBookAir が 1.2 回、iPhone 4 が 11 回もフル充電可能です。

※ 製品によって重量は異なります。製品仕様詳細を必ずご確認ください。


 これも HyperJuice の大容量が持って成せる技。

 Apple 製品だけではなく、モバイル Wi-Fi など、USB 接続が出来るガジェットなら充電
出来るのも嬉しい仕様です。

 4 つのモデルで展開される「 HyperJuice 」シリーズ。

 容量や重量をチェックして、あなたのモバイルライフに最適なモデルを選びましょう。
どのモデルも、「 Magsafe Airline 電源アダプタ 」の別途購入が必要です。
アップルストアまたはアップルオンラインストアでお求めください。

Model MBP-060 MBP-100 MBP-150 MBP-222
容量 60Wh 100Wh 150Wh 222Wh
出力電力 14.5~18.5V
出力電流 Rating:3A MaX:4.5A  @20℃
出力電流 2A 4.7A
充電電流 12.6V
protection Over-charge/Over-discharge
Excess current /Short circuit
LED 4 LED indication
サイズ 150×96×21 190×125×21 226×125×21 256×150×34
重量 360g 730g 1090g 2130g

















いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2011/05/02 01:04 ] 家電 HyperJuice External Battery | TB(0) | CM(0)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。