FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Jazz Soul Seven - Impressions of Curtis Mayfield(インプレッション・オブ・カーティス・メイフィールド) [ソウル 名盤]

カーティス・メイフィールドの作品に新たな魂が吹き込まれる!




 こんなアイテムを見逃していたとは!ソウルが好きなリスナーなら、必ずこの名前を聞いて反応してしまうアーティスト、カーティス・メイフィールド。そんな彼へのトリビュート作がリリースされるというニュースだけで期待してしまうのですが、その作品の指揮をとっているのがフィル・アップチャーチと聞いたら、これは期待が高まるのも仕方ありません!

 フィル・アップチャーチといえば、あのダニー・ハーサウェイの名盤『Live!』での素晴らしい演奏が印象的な名ギタリストですが、ソウルだけでなく、ブルースやジャズ、そしてフュージョンなど様々なジャンルの名盤に参加してきた、超大物ミュージシャンです。自身でも『Darkness, Darkness』はソウルの名盤として高い評価を得ています。

 そんな、フィル・アップチャーチが自ら人選をして制作したアルバムとなれば、相当なクオリティのものが期待できるでしょう。カーティスの作品を取り上げるということで、基本はソウルなのでしょうが、フィル・アップチャーチというアーティストの特異性は、前述した『Darkness, Darkness』で顕著なように、ソウルのなかにブルースの苦みを溶かし込むことで、じっくりと心に染みる音楽を生み出せることです。単なる企画物の域を超えた完成度の作品を期待していいと思います。

 それでは解説文を。

 名手ギタリスト、フィル・アップチャーチが自らピックアップした総勢7名のミュージシャンによる、カーティス・メイフィールドのトリビュート・プロジェクト。ソウル、ファンク、ブルース色満点のグルーヴィー・ジャズを展開。ウォレス・ルーニーとアーニー・ワッツの贅沢2トップ、テリ・リンキャリントン、ボブ・ハースト、マスター・ヘンリー・ギブソンの躍動感満点のリズム、冴え渡るラッシェル・フェレンテのピアノ、そしてフィル・アップチャーチの見事なバッキング。申し分なき巧みの技とカーティスへの熱い思いが一体化したスペシャルなサウンドを展開。

Phil Upchurch (guitar),Terri Lynne Carrington (drums), Bob Hurst (bass), Wallace Roney (trumpet), Ernie Watts (saxophone), Russ Ferrante (keyboards), Master Henry Gibson (percussion).

曲目リスト
1. Freddie's Dead
2. It's Alright
3. Move On Up
4. We're A Winner
5. Superfly
6. Beautiful Brother Of Mine
7. Check Out Your Mind
8. I'm So Proud
9. Keep On Pushing
10. People Get Ready
11. Gypsy Woman
12. Amen

アルバムは現在発売中です。






文中で紹介させていただいた、フィル・アップチャーチの名盤です。ダニー・ハーサウェイ(キーボード)、ジョー・サンプル(キーボード)、チャック・レイニー(ベース)、ベン・シドラン(キーボード、ピアノ)、ハーヴィー・メイソン(ドラム)等という、ちょっと信じられないくらいの豪華なメンツです。









いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト
[ 2012/06/14 09:00 ] Jamie Woon Jazz Soul Seven | TB(1) | CM(0)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。