FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Ben Folds Five(ベン・フォールズ・ファイヴ)- 『Live(ライヴ!)』 [ロック 名盤]

ベン・フォールズ・ファイヴ『LIVE』!




これは嬉しいですね!12年に再結成を果たし、『サウンド・オブ・ザ・ライフ・オブ・マインド』という新作を届けてファンを狂喜させてくれたベン・フォールズ・ファイヴが今度はライブ・アルバムをリリースします。

選曲は彼らのキャリアからまんべんなく選ばれており、ファンとしては納得できるものではないでしょうか。ただし、個人的には忘れられないほどの衝撃を受けた1stアルバムに最も思い入れがあり、しかもその中でもベスト・ソングだと思っている『Philosophy』が入っていないのはショックです。この曲は11年にリリースされたベストにも収録されていたので、なおさら今回収録されなかったことが残念です。ただし、アルバムのオープニング・ナンバーにして名曲『Jackson Cannery』も入っていますし、他にも2曲1stから入っているのでいいとしましょう。“泣き虫野郎のパンク・ロック”と表現されていたデビュー当時のベン・フォールズ・ファイヴですが、次第に楽曲は洗練されたポップ・ロックへと移っていきました。そういった流れもどういった感じで処理されているのか楽しみです。

彼らのライヴは絶対に盛り上がると思うのでアルバム聴いてみたいですね!

それでは解説文を。

再結成公演が早くもライヴCDとして登場!!「こんなに嬉しい再結成は久々。大好きなベンが3人で帰って来た!」 喜多建介(ASIAN KUNG-FU GENERATION)/「この3人でしか鳴らせない音が確実にある。BF5完全復活!とにかく胸が一杯です。」 山田貴洋(ASIAN KUNG-FU GENERATION)/「Five見参、そして健在!もしくは健在、そして見参!?新しい中に理由を見つけるのが正解かそれとも逆なのか?なにしろ面白さが普遍的なことは素晴らしいことなのだ。」常田真太郎(from スキマスイッチ)

と、数々の国内アーティストが絶賛・歓迎した再結成。再結成アルバム『Sound Of The Life Of The Mind』は、ソロの洗練さとベン・フォールズ・ファイヴ初期のラフさが見事に調和した作品でしたが今回はライヴ!
ベン・フォールズ・ファイヴ初期ファン納得の、叩きまくるピアノ、唸るベース、弾けるドラムと、進化した3人のフレッシュなケミストリーがぶつかり合う傑作ライヴE作品に。しかも、選曲はほぼBF5ベスト!手に入れないと後悔するかも?

【収録曲】
01.ジャクソン・カナリー|(The Warfield, San Francisco CA, 2013/1/31/)
02.イレイス・ミー| (The Warfield, San Francisco CA, 2013/1/31/)
03.セルフレス、コールド・アンド・コンポーズド| (House of Blues, Boston MA, 2012/10/13/)
04.アンクル・ウォルター|(Kool Haus, Toronto, Ontario, Canada, 2012/10/5/)
05.ランデッド| (The Warfield, San Francisco CA, 2013/1/31)
06.スカイ・ハイ|(The Barton Theatre, Adelaide AU, 2012/11/16)
07.ワン・コード・ブルース/ビリーズ・バウンス| (The Wiltern, Los Angeles CA 2013/1/26)
08.ドゥ・イット・エニウェイ/ヘヴン・オン・ゼア・マインズ| (O2 Academy, Brixton UK, 2012/12/4/)
09.ブリック| (The Warfield, San Francisco CA, 2013/1/31)
10.ドロー・ア・クラウド|(Capitol, Port Chester NY, 2012/10/9)
11.ナルコレプシー| (Hitomi Kinen Hall, Tokyo JP, 2013/2/16)
12.アンダーグラウンド| (Mielparque Hall, Osaka JP, 2013/2/22)
13.トム・アンド・メアリー|(O2 Academy, Brixton UK, 2012/12/4)
14.ワン・アングリー・ドワーフ・アンド・トゥーハンドレッド・サラム・フェイシズ|(The Warfield, San Francisco CA, 2013/1/31)
15. ソング・フォー・ザ・ダンプト|(The Barton Theatre, Adelaide AU, 2012/11/16)

※上記に加え日本盤ボーナストラック収録予定。

発売は2013/6/26です。








いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト
[ 2013/05/29 09:00 ] Animal Collective Ben Folds Five | TB(0) | CM(0)

Ben Folds Five(ベン・フォールズ・ファイヴ)- Sound of the Life of the Mind(タイトル未定) [ロック 名盤]

ベン・フォールズ・ファイヴ、13年ぶりとなる復活アルバムが完成!


【送料無料】 Ben Folds Five / 未定 【CD】

【送料無料】 Ben Folds Five / 未定 【CD】
価格:2,520円(税込、送料込)



うぉ〜、ベン・フォールズ・ファイヴ遂に復活ですね!『Retrospective: The Best Imitation of Myself』というベスト・アルバムでいったんソロ・キャリアを総括したことが復活へ繋がったのでしょうか?私たち世代だとやはりベン・フォールズといえばベン・フォールズ・ファイヴで、“泣き虫野郎のパンク・ロック”と表現された彼らの作品のなかでもデビュー作である『ベン・フォールズ・ファイヴ』のインパクトは格別でした。ギターレスでピアノをメインに置いたメロディアスに突っ走るパンク。忘れられない作品でしたね。ただ、そのあとは次第にフェイドアウトしていって、いつの間にか解散していました。しかし、ソロになってからも2005年にリリースされた『Songs For Silverman』などは個人的には素晴らしいアルバムだと感じ、繰り返し聴いた思い出深い作品です。

そんなソロのキャリアを経て再び動き出したベン・フォールズ・ファイヴは新しい飛躍を見せてくれそうです!それでは解説文を。

ベン・フォールズのソロ・アルバム『Retrospective: The Best Imitation of Myself』で復活。その後アルバム「PledgeMusic」でレコーディングの様子を公開するなどしアルバム制作の資金を募っていましたがついに発売が決定しました!

前作『Unauthorized Biography Of Reinhold Messner』から13年ぶりとなる本作。 インフォメーションによると「バンド初期の人懐こいインディー・ロック・サウンドと、ソロになってからの洗練されたサウンド/メロディーが融合し、ベン・フォールズ・ファイヴの再出発を飾るにふさわしい作品」とのこと!

リリースは9月。海外公式サイトによると『The Sound of the Life of the Mind』というタイトルとなっていますが国内盤の詳細は未着となっています。情報が到着次第、順次サイトにアップしていきますのでお待ちください!

【収録曲】
1.Erase Me
2.Michael Praytor, Five Years Later
3.Sky High
4.The Sound Of The Life Of The Mind
5.On Being Frank
6.Draw A Crowd
7.Do It Anyway
8.Hold That Thought
9.Away When You Were Here
10.Thank You For Breaking My Heart

発売は2012/9/26の予定です。






こちらがベン・フォールズ・ファイヴのデビュー作にして忘れられない名盤です!










いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2012/09/22 09:00 ] Animal Collective Ben Folds Five | TB(0) | CM(0)

Ben Folds(ベン・フォールズ)- Best Imitation of Myself: Retrospective 1991-2011(ベスト・イミテーション・オブ・マイセルフ:レトロスペクティブ) [ロック 名盤]

 もう活動15周年を迎えるのですね。ベン・フォールズがベン・フォールズ・ファイブでデビューして、音楽雑誌の話題を独占していたのが、それほど前のこととは思えません。生きが良くて、メロディアスな楽曲の数々に、若かった私も跳ね回っていました。

 そして、ベン・フォールズ名義になってからも、本当に捻った素晴らしいポップを何曲もリリースしてくれて、毎作楽しみにしています。そんな彼のキャリアを、ベン・フォールズのみならず、ベン・フォールズ・ファイブまで遡って網羅してくれるというのはめちゃくちゃ嬉しいですね!とにかく名曲が多いので、誰でも、何度でも楽しめるアイテムになることは間違いありません!

 それでは解説文を。

 今年で音楽活動15周年目を迎えるBen Folds。

 今年の5月に行われた2年ぶりの来日公演では、Ben Folds Five時代の楽曲からソロ楽曲まで披露し大盛況を収めたばかりですが、今回リリースされるベスト盤もBen Folds Five~ソロ名義まですべてのキャリアを総括する作品となっており、3枚組と通常の1枚組の2形態で発売されます。

 収録内容は、今までのヒット・シングルを集めたベスト・アルバム+未発表ライヴ音源+レア音源を3枚のCDに収め、さらに、なんとBen Folds Five名義での新曲「House」&「Stumblin' Home Winter Blues」(3枚組のみ)も収録!

Ben Foldsマニアは是非手に入れたいコレクターズ・アイテムです!

トラックリスト(オフィシャル・サイトより引用)

※通常1枚組仕様はDisc 1のみ。

Disc 1 - The Best Imitation of Myself

01. Brick (Radio Mix) (with Ben Folds Five)
Taken from Brick single - 1998
02. Annie Waits
Taken from Rockin The Suburbs - 2001
03. Philosophy (with Ben Folds Five)
Taken from Ben Folds Five - 1995
04. Underground (with Ben Folds Five)
Taken from Ben Folds Five - 1995
05. Landed (Strings Version)
Taken from Landed (Digital Single) - 2005
06. One Angry Dwarf and 200 Solemn Faces (with Ben Folds Five)
Taken from Whatever and Ever Amen - 1997
07. Don't Change Your Plans (with Ben Folds Five)
Taken from The Unauthorized Biography of Reinhold Messner - 1999
08. The Luckiest
Taken from Rockin The Suburbs - 2001
09. Smoke (with the West Australian Symphony Orchestra)
Audio taken from Live in Perth - 2005
10. Rockin' the Suburbs
Taken from Rockin The Suburbs - 2001
11. Kate (with Ben Folds Five)
Taken from Whatever and Ever Amen - 1997
12. Gracie
Taken from Songs for Silverman - 2005
13. Still Fighting It (Extended Version)
Alternate Mix from Rockin The Suburbs - 2001
14. You Don't Know Me (featuring Regina Spektor)
Taken from Way To Normal-2008
15. There's Always Someone Cooler Than You
Taken from Supersunnyspeedgraphic, The LP - 2006
16. Still
Taken from Over The Hedge-Music From The Motion Picture- 2006
17. From Above (with lyrics by Nick Hornby)
Taken from Lonely Avenue - 2010
18. House (with Ben Folds Five)
New Track - 2011

Disc 2 - Live (1997 - 2011)

All tracks previously unreleased (except where noted)
01. Julianne (with Ben Folds Five)
02. Video (with Ben Folds Five)
Recorded at Studion in Stockholm, Sweden on March 12, 1997
03. Song for The Dumped (with Ben Folds Five)
Recorded for Hard Rock Café Live television program on June 12, 1998
Originally released June 20, 2000 on album The Best of Hard Rock Café Live (Sire 31069-2)
04. Missing the War (with Ben Folds Five)
05. Mess (with Ben Folds Five)
06. Magic (with Ben Folds Five)
Recorded at Royal Albert Hall in London, UK on December 14, 1999
07. Selfless, Cold and Composed
Recorded at Bowery Ballroom in New York, NY on December 9 2001
08. Zak and Sara
09. Girl
Recorded at Roseland Ballroom in New York, NY on June 13, 2002
10. Just Pretend (with the Bens)
Recorded at Palais Theatre in Melbourne, Australia on March 24, 2003
11. Fred Jones Part 2 (with the West Australian Symphony Orchestra)
Recorded at Kings Park in Perth, Australia on March 12 & 13 2005
Originally released December 6, 2005 on the Epic DVD Live in Perth (EVD 58494)
12. Careless Whisper (featuring Rufus Wainwright)
Recorded at Mountain Winery in Saratoga, CA on August 24, 2005
13. All U Can Eat
Recorded at Ben's Studio in Nashville, TN on October 24, 2006
Originally released February 27, 2007 on the DVD Live at My Space (EVD 704151)
14. Long Tall Texan
Recorded at the Warehouse in Houston, TX on October 24, 2008
15. Army (with Ben Folds Five)
16. Battle of Who Could Care Less (with Ben Folds Five)
Recorded at UNC Memorial Hall, Chapel Hill on September 18, 2008 for the MySpace "Front to Back" series
17. Kylie from Connecticut
Recorded at the State Theatre, Detroit, MI on October 9, 2008
Originally released on April 7, 2009 on the iTunes release The Sound of Last Night ... This Morning
18. Effington
Recorded at Ax Hall, Seoul, South Korea on June 9, 2011
19. Picture Window
Recorded at HMV Hammersmith Apollo in London, UK on February 20, 2011
20. Sentimental Guy
Recorded at Diamond Hall in Nagoya, Japan on June 7, 2011
21. Not the Same
Recorded at A.E.C. Theatre in Adelaide, Australia on May 22, 2011
Disc 3 - Rarities (1991 - 2011)

All tracks previously unreleased (except where noted)
01. Unrelated
Unfinished Song Demo - 1996
02. Best Imitation of Myself
Demo - 1991
03. Rocky
4 Track Home Demo – 1993
04. Boxing
Demo - 1993
05. Julianne (with Ben Folds Five)
Unreleased 1st Album - 1994
06. Evaporated (with Ben Folds Five)
Unreleased 1st Album - 1994
07. Alice Childress
Originally released on Rare on Air 3: KCRW Performances - 1997
08. Barrytown (with Ben Folds Five)
Originally released on Me, Myself and Irene Soundtrack - 2000
09. Amelia Bright (with Ben Folds Five)
Mitch Easter Sessions - 2000
10. Tell Me What I Did (with Ben Folds Five)
New Track - 2011
11. Rock Star
Demo - 2000
12. Losing Lisa
Demo - 2000
13. Break Up at Food Court
Demo - 2000
14. Wandering
Demo - 2000
15. Hiro's Song
Demo - 2000
16. The Secret Life of Morgan Davis
Alternate Mix - 2001
17. Such Great Heights
Alternate Mix from MySpace sessions - 2006
18. Bitches Aint Shit
Originally released as b-side of Landed 7" vinyl single (34 071845)
19. Time
Alternate Version - 2004
20. Sleazy
Originally released on Download to Donate's Tsunami Relief - 2011
21. Because the Origami (with 8in8 - Ben Folds, Amanda Palmer, Neil Gaiman and Damian Kulash)
Originally released on Nighty Night - 2011
22. Stumblin' Home Winter Blues (with Ben Folds Five)
New Track - 2011


しかも、現在のアマゾンでの価格は、3枚組で驚異の¥1,761、1枚では信じられない¥767です!これを買わないのはもったいな過ぎる!発売は2011/10/11です。














いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2011/08/30 10:00 ] Animal Collective Ben Folds Five | TB(0) | CM(0)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。