FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

O.C. & APOLLO BROWN (O.C.&アポロ・ブラウン) - TROPHIES (トロフィーズ) [ヒップ・ホップ 名盤]

ヘッズの信頼も厚いO.C.のニュー・アルバムが登場!





 1994年に、『Word…Life』という、今なお語り継がれる名盤をリリースしたO.C.が遂に新作をリリースします。多作という訳ではありませんが、コンスタントに作品をリリースし、そのたびに巧みなマイクさばきでヘッズを虜にしてきたO.C.。そのスキルに疑問の余地は全くありません。

 そして、今回タッグを組むのが、Apollo Brown!Apollo Brownは、重心の重いビートと、メロウなサウンドで急速に評価を上げているプロデューサーです。正直、ここ何作かはO.C.のMCに、ビートが負けている印象があったので、Apollo Brownがサウンドを受け持ってくれるというニュースは、かなりテンションを上げてくれます。

 先行公開された『Prove Me Wrong』は、Apollo Brownの最良の部分が表れたトラックになっています。90年代を彷彿とさせるメロウなドラム・ビート。ずっと聴いていたいと思わせるこの気持ちよさ!90年代のヒップ・ホップ黄金期には、こんな素晴らしいサウンドが溢れていたんですよね。このビートと、O.C.の絡みはハンパないです。もうこの曲はクラシック間違いなしですし、アルバムの他の曲もめちゃくちゃ気になります。

 『Prove Me Wrong』を聴いた感じでは、アルバムは『Word…Life』に匹敵するものになるのではないでしょうか。

 それでは解説文を。

 D.I.T.C.を背負って立つ無敵のソロ・マイカー・O.C.!迎え撃つプロデューサーは、デトロイト発の鬼ドープなトラックメイカー・APOLLO BROWN!!帯ライナー付国内盤仕様

 御大Lord Finesseをフロントマンに、90年代以降のN.Y.アンダーグラウンドを牽引してきた最強クルー・D.I.T.C.。Diamond DやShow & A.G.、Buckwild、そして故Big Lなど強者揃いのメンバーの中、現在もなお一際輝きを放つ技巧派ラッパー・O.C.がブランニュー・アルバムを放つ! A.G.とタッグした前作『Oasis』(‘09年)と同様、本作もダブルネームでのリリースとなり、今回の相棒は、極太&ヘビーウェイトなビート・メイキングでヘッズを魅了する鬼ドープ・プロデューサー・Apollo Brown!同郷デトロイトのBlack Milkとは一味違ったストイックな仕事ぶりで定評のある彼。O.C.が放った衝撃のデビュー作にしてクラシック・アルバム『Word…Life』(’94年)で見せた、プロデューサー・Buck Wildとの絶妙なマッチングを想起させる、これ以上ない程にハマったコラボレーションだ。先行フリー・ダウンロードのシングルTr.03は、DJ Premierも自身のブログ・ラジオ「Live From HeadQCourterz」でプレイ!

発売は2012/5/16です。









いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト
[ 2012/04/22 09:00 ] Missy Elliott O.C. & APOLLO BROWN | TB(1) | CM(0)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。