FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

この人の音楽はリスナーを強烈に惹き付ける魔力を持つ!ロバート・ワイアットのキャリアを総括する2枚組ベスト『Different Every Time』が登場!

この人の音楽はリスナーを強烈に惹き付ける魔力を持つ!ロバート・ワイアットのキャリアを総括する2枚組ベスト『Different Every Time』が登場!




“ロバート・ワイアット”、この名前を聞いて胸が高鳴る方も多いのではないでしょうか。ロバート・ワイアットは質の高い音楽を探し求めるリスナーを虜にする圧倒的なソングライティング能力と声を持つ大ベテランです。

もともとのキャリアはワイルド・フラワーズというバンドで始まり、その後ソフト・マシーンにヴォーカリスト兼ドラマーという形で参加したことで一気に知名度が高まりました。しかし、71年に音楽性の違いからソフト・マシーンを脱退し、その後酒に酔い5階から転落したことで半身不随となりドラマーとしてのキャリアを断たれることとなってしまいました。

しかし、多くの仲間のサポートを受け74年にソロ・アルバム『ロック・ボトム』で復活。その後はコンスタントに作品をリリースし、耳の肥えたリスナーから圧倒的な支持を得ます。

今回発売されるベスト盤は“ディスク1はソフト・マシーンから現在に至るまでの彼の全キャリアの中から、それぞれの時代を 代表する名曲を収録。そしてディスク2は、彼が関わってきたコラボレーション作品の中から生え抜きのものを集めた“裏”ベストとなっている。まさにロバー ト・ワイアットのキャリアを総括し、様々な角度から光を当てるファン必携の一枚!”ということで非常に楽しみな内容になっています。これまでにリリースされた作品が多いので、こういった編集盤は有り難いですね。

個人的に最も好きなロバート・ワイアットの作品はブライアン・イーノ、ポール・ウェラー、フィル・マンザネラといったゲストを迎え、彼のキャリアで最もカラフルな作品となった97年の『Shleep』です。それまでも高い評価を受けていたロバート・ワイアットですが、この作品でより広い層に受け入れられ、彼の人気が決定的なものになりました。

まずはベスト盤からスタートするのが良いと思いますが、この機会にそれぞれ違った趣きを持つオリジナル・アルバムにも挑戦して欲しいと思います。アルバムの発売は2014/11/26です!






いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト
[ 2014/10/15 09:00 ] The Raspberries Robert Wyatt | TB(0) | CM(0)

Robert Wyatt(ロバート・ワイアット)- End of An Ear(エンド・オブ・アン・イア) [ロック 名盤]

毎作ファンを満足させてくれる、ロバート・ワイアットの新作が登場です!





 ロバート・ワイアットは1960年代後半に、プログレッシブ・ロック・バンドの『ソフト・マシーン』のオリジナル・メンバーとしてデビューしました。1971年にソフト・マシーンを脱退してからは、先日再発された『マッチング・モール』を結成し、その後はソロでコンスタントにアルバムをリリースしています。

 ロバート・ワイアットは通好みのアーティストだと思います。若い人でロバート・ワイアットが好きだという人はほとんど聞いたことがありませんし、逆に『DIG』や『Music Life』といった少し年齢層の高い読者を持つ雑誌では、ロバート・ワイアットの作品は、必ず年間ベスト10の上位に入っています。

 私はロバート・ワイアットの音楽が大好きなのですが、それは彼の音楽には少し捻くれた、意地悪のようなウィットがあり、それと同時に人生に対する諦めのような、悲しい悟りのような優しさが感じられるからです。これは、ロバート・ワイアットが事故によって下半身不随となり、ドラマーとしてのキャリアを諦めなければならなかったという事実が関係しているかもしれませんが、やはり彼の温かく、そして既知に富んだ人柄が、自然とそういった音楽を生み出しているのだと思います。

 近年もほぼ2年に1枚はアルバムをリリースするという、ベテランにしてはかなりのハイペースで作品を仕上げていますが、それも彼の創作意欲が充実しているからでしょう。もちろん、ロバート・ワイアットの作品は、ただ彼の人柄から感じられるものだけではなく、メロディも彼以外には書けない、独特の、素晴らしいものですし、長年音楽を作り続けてきた経験から生まれる様々な仕掛けも聴いていて非常に楽しいです。

 私がロバート・ワイアットというアーティストを好きになったのはやはり30歳を過ぎてからでしたが、これほど素晴らしい音楽が若い人に聴かれないのはもったいなさ過ぎる!この機会に一人でも多くの方に聴いていただきたいと思います。

発売は2012/5/29です。









いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ 2012/05/01 09:00 ] The Raspberries Robert Wyatt | TB(1) | CM(0)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。