FX業者機能









スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Al Jarreau(アル・ジャロウ)- Breakin’ Away(ブレイキン・アウェイ)紙ジャケ、SHM-CD [ロック 名盤]

ただのフュージョンでは済まない、アル・ジャロウのオリジナル・アルバムが最新リマスター、SHM-CDで再発!





 幅広い層に支持を受けるアル・ジャロウのオリジナル・アルバムが、高音質になって再発です!アル・ジャロウと聞くと、“フュージョンのあの人ね”という、ちょっと冷めた反応をする方もみえるかもしれませんが、アル・ジャロウの音楽は確かにフュージョンに括られるものですが、多くの去勢されたなんの刺激もないフュージョンとは違い、アル・ジャロウの音楽はスリリングな輝きに満ちています。

 今回再発されるアルバムのなかから、1981年リリースの『ブレイキン・アウェイ』を紹介させていただきます。大ヒットした前作『ジス・タイム』同様、ジェイ・グレイドンをプロデューサーに迎えた今作は、これまたとんでもない作品に仕上がっています。

 まずオープニングを飾るのが『Closer to Your Love』。アル・ジャロウは卓越したヴォーカル・スキルを持つアーティストですが、歌いだしてすぐにそれが分かっていただけると思います。それほど力を込めて歌っている訳ではないのですが、抜群の安定感と、シルキーでどこまでもすっと伸びていく声質が素晴らしい!サビのキャッチーで爽やかなメロディと、アル・ジャロウの声の相性は抜群ですね。すっきりとした演奏がまさにジャズ/フュージョンといった感じですが、ライトで洗練されていて、良質のフュージョン・サウンドですね。

 少し暗めなメロディから、サビでの上がり方がすごい『Easy』。この曲はキーボードを中心に組み立てられています。サビではヴォーカルに続いて印象的なメロディを奏でるのですが、これはいかにも80年代という音で、正直これはちょっと時代を感じさせます。まあそれはご愛嬌として、この曲は前述したサビでの開放感と、アル・ジャロウの最大の武器であるスキャットが楽しめるナンバーです。まず、曲の冒頭、そしてそれぞれのサビが終わった後に短いですがスキャットが登場します。さすがにアル・ジャロウの看板だけあって、スキャットの格好良さは抜群です!

 年配層には『Our Love』はやはり好まれるのでしょうか?ジャズ・シンガーとしてのアル・ジャロウの魅力が堪能できる、ゆったりとしたバラードです。サビで歌い上げるところではアル・ジャロウの歌唱力を楽しめますし、安定したメロディもいいですね。しかし、私にはちょっと王道のフュージョン・サウンド過ぎて刺激が少なく、まあまあの曲といった感じです。

 『Roof Garden』はベースとドラムのシンプルな演奏にのって、アル・ジャロウがキレの良いリズムで歌を口ずさむ部分が一つの核になっており、そのパートが繰り返し現れます。その間には耳馴染みのよいメロディが挿まれるのですが、後半ではアル・ジャロウのアドリブ全開のヴォーカルとなり、これがスリリングで最高にかっこいいです!この曲を聴くと、とてもこのアルバムを単なるフュージョンで片付けることはできないと思うのです。卓越したスキャットのスキルを持つ、アル・ジャロウというアーティストの個性がそうさせている部分もあるでしょうが、それ以上にアル・ジャロウという人が、音楽に対して攻めの姿勢を持っている結果なのでしょう。こういう部分があるので、私はアル・ジャロウの作品が大好きなのです。

 そして、アルバム中最強に攻めている曲が、『Blue Rondo a la Turk』です。スタートから高速で展開していくヴォーカルとピアノ。複雑に絡み合い、疾走していくその様は一歩間違えたら転落する、綱渡りのようなスリリングさです。続いて少し落ち着いたメロディが出てきたと思うと、また曲調は変わり再びヴォーカルは予測不可能な展開を見せ始めます。しかし、ただ闇雲にアドリブを繰り出しているのではなく、しっかりと曲の展開を把握した上で、それに合わせて瞬時に判断をしてアドリブを繰り出す。しかもそれが予定調和一切なし!ジャズでギターや、サックス、トランペットがアドリブをするのと全く同じですね。コード進行を瞬時に察知し、それに合わせて予測もつかないアドリブを生み出す。声を楽器のように扱うといわれるアル・ジャロウですが、この曲ではまさにそれが体験できます。もの凄い才能です。この曲は始めから終わりまで、息つく間もない展開で、アーティスト“アル・ジャロウ”の渾身のパフォーマンスに触れることができます。

 アルバム全体の印象としては、“質の高いフュージョン”ですが、やはりアル・ジャロウという才能が、ただそれだけで終わらせることはありません。随所にスリリングな仕掛けがあり、また数曲では彼のポテンシャルを極限まで突き詰めた素晴らしいパフォーマンスを見せています。落ち着いた年配向けのアルバムを侮る事なかれ!

発売は2012/5/23です。




いつも読んで下さってありがとうございます。こちらをクリックしていただくとさらにロックヒップ・ホップのブログをご覧いただけます。また、トラックバックは基本的にご自由にしていただいて結構ですので、よろしくお願いします。

ランキングに参加していますので、下のバーナーをクリックしてランクアップにご協力いただけたら有り難いです!

blogram投票ボタン ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト
[ 2012/05/05 09:00 ] The 1975 Al Jarreau | TB(0) | CM(0)







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。